ダイソーのオイルポットは火消し壺としても代用できる!キャンプにも便利

お気に入りに追加

ダイソーのオイルポットを火消し壺として使う方法を紹介します!ダイソーのオイルポットのメリットである安さだけでなく、七輪ユーザーにピッタリな点も説明。キャンプやバーベキューで活躍する便利な点や、そもそも火消し壺とは何なのか?について解説しています。

ダイソーのオイルポットは火消し壺としても代用できる!キャンプにも便利

目次

  1. ダイソーのオイルポットが火消し壺の代用品になる?
  2. 火消し壺とは?
  3. ダイソーのオイルポットが火消し壺として使える理由
  4. オイルポットの火消し壺代用に関するQ&A
  5. ダイソーのオイルポットは火消し壺におすすめ

ダイソーのオイルポットが火消し壺の代用品になる?

オイルポット
Hans

キャンプやバーベキューなど、アウトドアで調理をした際には、使用済の炭を処理しないといけません。炭は消えているように見えても、まだ燻ってることがあります。きちんと消火せずに放置してしまうと、火災や火傷の原因になってしまいます。

キャンプをマナーを守って楽しむために、事前に火消し用の入れ物を準備しておきたいものです。市販品はどれも大型で価格も高いものが多いですが、ソロキャンプや容量が少ない物を探している方におすすめなのが、ダイソーのオイルポットです。

ダイソーのオイルポットについて、100均だからこその安さや、火消し壺として代用する際の便利な点について詳しく解説していきます。

火消し壺とは?

火消し壺とは、使用した炭を入れるためのアウトドア用品です。物が燃えるには酸素が必要ですよね。

その酸素を遮断することにより、火がついたままの炭を消火し、そのまま持ち帰ることが可能なアイテムです。ダイソーのオイルポットは火消し壺の代用品として、ピッタリなのです。

炭が再利用できる

水を使わずに、完全に冷ました炭は消し炭として再利用ができます。火が付いたまま火消し壺であるオイルポットに入れておくだけで、消し炭になります。

消し炭は着火が早いので次回すぐに焼きたいと思ったときに、すぐに利用ができ便利です。有用な消し炭を捨ててしまうのはもったいないので、ぜひ活用してみてください。

炭の後始末が楽

使用した炭や灰を使用した場所に放置しては不法投棄になってしまいます。灰捨て場がないキャンプ場や、あっても遠い場所にある時に、火消し壺があれば溢さずに安全に運ぶことができます

炭は消えたように見えてまだ火が残っていたり、冷まさずに触ると熱くて火傷する場合もあるので注意が必要です。

ダイソーのオイルポットが火消し壺として使える理由

理由①安い

市販品の火消し壺を用意するとなると、1000円~3000円くらいします。ダイソーのオイルポットはキッチングッズコーナーに置かれていることが多いです。

値段は150円+税です。100均で買えて実用的なキャンプ道具はなかなかないでしょう。日本全国どこでも買えるのもポイントです。

理由②七輪にピッタリサイズ

七輪
Yuya Tamai

市販品では収納のことは考慮されていない物が多いです。ですが、ダイソーのオイルポットは、使わない時に七輪内部に収納することができます。かさばることもないですし、移動中も固定され動く心配がありません。七輪ユーザーにはぜひおすすめです。

理由③取っ手や蓋が便利

ダイソーのオイルポットには、取っ手がついています。側面の取っ手は折りたたみ式なので使わない時も、持ち運ぶ時も便利です

熱い炭を入れているときは動かしませんが、取っ手は上下に遊びがあるので、中身が入った状態で持ち上げる時は気をつけましょう。革の手袋があると多少安心です。

また、火消し壺の代用品として紹介されることの多いせんべい缶は、熱で変形してすぐに開閉がしづらくなります。ですが、オイルポットなら変形する心配がありません

オイルポットの火消し壺代用に関するQ&A

炭を投入してから冷めるまでどれくらいかかる?

概ね1時間程度です。炭の量などにもよりますが、火消し壺のオイルポットに投入後、速やかに蓋をして手で触れる程度まで下がります。余裕をみて撤収2時間前までには投入しましょう。穴が開いていたり、蓋に隙間があると温度が下がらないので注意してください。

買い替え時期は?

使用頻度にもよりますが、火消し壺は消耗品です。オイルポットも丁寧に使っていても、雨などで塗れることもあるでしょう。次第に錆びてくるので、そのうち穴が開きます。

穴が開いたり蓋に隙間ができては酸素を遮断できなくなるので交換のサインです。目安は年間50回程度の使用で3~4年程でしょう。

ダイソーのオイルポットは火消し壺におすすめ

ダイソーのオイルポットを火消し壺として使うときは、油こしのプレートは使いませんので、固形燃料置きなど、別の用途に使うこともできます。容量こそ0.7Lと小さいですが、100均のオイルポットが火消し壺の代用品になるのです。

ソロキャンプやちょっとしたバーベキューの際に、ダイソーのオイルポットをおすすめしますので、ぜひ一度活用してみてください。

結城ゆき

この記事のライター

結城ゆき

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード