DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

お気に入りに追加

DODから販売されている「ジャケシュラ」を紹介します。ジャケシュラの魅力や、ファスナー・ポケットなどの機能をレビューと共に解説!DODのジャケシュラを使用する際の注意すべきポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてください。

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

目次

  1. 大人気DODのジャケシュラを紹介!
  2. DODジャケシュラのスペックと詳細機能
  3. DODジャケシュラの魅力
  4. DODジャケシュラの注意点
  5. DODのジャケシュラは冬キャンプにおすすめ!

大人気DODのジャケシュラを紹介!

DODから発売されているジャケシュラのコンセプトは、ジャケットから寝袋に変形して使える2WAY寝袋です。車中泊やキャンプ、アウトドアの防寒着としてはもちろん、焚き火用のジャケットにもジャケシュラはおすすめです。

ジャケットとしても寝袋としても使用できるDODの「ジャケシュラ」の魅力や、スペックを口コミ・レビューと共に詳しく解説していきます。

DODジャケシュラのスペックと詳細機能

ジャケシュラは、ジャケットとしても寝袋としても使用可能です。気になるサイズやスペック、ファスナーなどの機能を詳しく解説していきます。

DODジャケシュラのスペック

S

M

L

推定身長

〜150cm

〜175cm

〜200cm

ウエスト

〜70cm

〜85cm

〜100cm

重量

約2kg

約2.7kg

約3.5kg

収納サイズ

W50×D20×H20cm

W60×D25×H25cm

W74×D26.5×H26.5cm

ジャケシュラは、S・M・Lの3サイズがあり、カラーはカーキのみです。シンプルなデザインで、ゆとりのあるシルエットなので、ユニセックスで使用できます。

詳細機能①ファスナー

ジャケシュラは、お腹の部分のファスナーを使用して、ジャケット部分と脚部分を取り外し可能です。一方向のみに開閉するので、左脇の縫い目部分から接続し、前から後ろに向かって閉じます。

ファスナーの動きはスムーズですので、着用したままでできたという口コミもあります。

詳細機能②マジックテープやポケット

両手首にマジックテープが付いており、袖の調整・袖部分からの冷気を防ぐことができます。また、ジャケットの腰部分には、スナップボタン付きのポケットがあります。手が入るほどの大きさですので、貴重品の持ち歩きも可能です。

DODジャケシュラの魅力

DODから発売されている「ジャケシュラ」ですが、売り切れが続出しています。キャンプだけでなく、家で着ているという口コミやレビューもある、ジャケシュラの魅力を詳しく解説します。

魅力①ジャケットとして使用できる

家での就寝前や、アウトドアやキャンプなどの防寒着としておすすめです。焚き火用のジャケットにしている、という口コミもあります。ジャケシュラはゆとりのあるシルエットなので、ポリエステルなどのアウターの上から着用できます。

女性
女性

追加購入

評価:

暖かいし、思ったより軽かった。とても気に入ったので、家の中でも着てます。さらに、家族分を追加購入しました。

男性
男性

Lは大きいです。

評価:

11月中旬のキャンプ(最低気温8℃)に使用しました。焚き火でもジャケットとして着用し、両腕も動かせ快適でした。着たままトイレもいけました。

魅力②シュラフとしても使用できる

ジャケットとしても使用できるジャケシュラですが、脚部分のパーツをファスナーで繋ぐことで、就寝時にはシュラフとしても使用できます。

中綿は糸の中に空気を閉じ込める中空構造で、軽量で暖かい化学繊維のホローファイバーを使用しています。湿気による保温力低下が起こりにくいので、就寝時にもおすすめです。

男性
男性

使えます!

評価:

とても暖かい!暖かすぎるくらいです!!ジャケットとシュラフを一緒に使えるというアイディアが素晴らしいと思います!

魅力③ポンシュラと組み合わせることができる

ポンシュラとは、DODから発売されているポンチョとしても使用できるシュラフです。気温が低いときに、ジャケシュラとポンシュラを合わせることで冬のキャンプも快適に過ごすことができたというレビューもあります。

ポンシュラも表地はコットンを使用しているので、ジャケシュラの上からポンシュラを合わせて焚き火も楽しめます。

魅力④キャリーバッグが付いている

ホローファイバーを使用しているので、ダウンよりもかさばり、サイズが大きくなります。キャリーバックはテントの収納袋のように横型で、開口部は大きく開くので圧縮しなくても簡単にしまえます。

収納サイズは若干大きめですが、縦長の形で車に乗せやすいというレビューもあります。

魅力⑤丸洗いができる

ジャケシュラは水温30度を限度に、洗濯機で優しく洗濯できます。ネットに入れておしゃれ着洗い、または手洗いで洗濯ができます。

汚れても自宅で洗濯できるので、いつでも清潔に使うことができ、気兼ねなくキャンプやアウトドアなど外での使用できます。

魅力⑥火に強い

ジャケシュラは、表地に燃えにくいコットン100%の素材を使用しているので、火の粉ですぐに穴が開くことはありません。しかし、長時間火の粉に当たっていると穴があく可能性があるので、気をつけましょう。

ジャケシュラは、ゆとりがあるのでナイロンやポリエステルのアウターを着ていても、上から着用できます。焚き火用ジャケットとして、ナイロンなどのアウターを火の粉から守れるのでおすすめです。

DODジャケシュラの注意点

防寒にも優れ、自宅での洗濯・火にも強く高機能なジャケシュラ。しかし、使用する際の注意点がいくつかあるので、解説します。

注意点①手先が冷える

キャンプ
Free-Photos

ジャケシュラの袖は、ジャケットとして使用した時に丁度良い長さです。しかし、寝る時は手首から先が常に出た状態になり、手先が冷えるというレビューが多数あります。手先の防寒は別途行いましょう。

注意点②足先部分が袋状になっている

家に寝袋を広げている様子

ジャケシュラの足先は、シュラフのように完全に袋状になっています。就寝時には暖かくていいけど、トイレに行く際はファスナーを外さないと歩けない、トイレに行くときは焦るという口コミもあります。

注意点③キャリーバッグは洗濯ができない

ジャケシュラのキャリーバッグは、ジャケットと同じコットン素材ですが、洗濯はできないようです。ジャケシュラを取り出したら汚れないように片付けておくなど、汚れないように気をつけましょう。

DODのジャケシュラは冬キャンプにおすすめ!

DODのジャケシュラは燃えにくい素材のため、バーベキューやキャンプでの焚き火におすすめのジャケットです。

焚き火用のジャケットだけでなく、寝袋としても使用できるジャケシュラがあれば、キャンプが捗ります。冬のキャンプをより楽しむアイテムとして、ぜひ手に入れましょう。

彩海

この記事のライター

彩海

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・枕

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・シュラフのマミー型と封筒型の特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説!マミー型と封筒型の寝袋・シュラフのおすすめ商品もそれぞれ5選ずつ紹介します。マミー型と封筒型のどちらの寝袋・シュラフを購入しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

寝袋・枕

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

おすすめの最強冬用シュラフを16選紹介します!冬キャンプを快適に過ごせる人気商品や、コンパクトさに特化した商品を掘り下げています。また、冬用シュラフの選び方や防寒アイテムについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

寝袋・枕

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

タイベックのシュラフカバーについて徹底調査しました!タイベック素材のシュラフカバーの特徴や、おすすめのメーカー商品を詳しく解説します。タイベックを使ったシュラフカバーの自作方法もまとめました。さらに初心者にも分かりやすく、Q&Aも合わせて紹介します。

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

寝袋・枕

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

快適な寝袋(シュラフ)の使い方についての特集です。各種素材や形状を比較しながら、寝袋の適した使い方について解説します。また、冬のキャンプや登山・テント内で活躍するための正しい使い方や、上手な洗濯方法についても併せて紹介していきます。

ナンガのダウンシュラフおすすめ10選!サイズや選び方もチェック

寝袋・枕

ナンガのダウンシュラフおすすめ10選!サイズや選び方もチェック

寝袋メーカー「ナンガ」のダウンシュラフに、どのような種類やサイズがあるか調査しました。また、ナンガ製のダウンシュラフを選ぶ際に知っておきたい選び方や、おすすめダウンシュラフ10選を紹介します。比較表も記載しているので参考にして下さい。

関連するキーワード

寝袋・枕の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード