ソロキャンプが楽しいってホント?過ごし方や楽しみ方をリサーチ!

お気に入りに追加

ソロキャンプの楽しみ方について紹介します。ソロキャンプ何が楽しいかについての説明や注意点、キャンプ場での楽しい過ごし方などを項目毎にまとめました。また、楽しい思い出が作れるおすすめのキャンプ場についても調べていますので、ぜひチェックしてみてください。

ソロキャンプが楽しいってホント?過ごし方や楽しみ方をリサーチ!

目次

  1. ソロキャンプの楽しい過ごし方や楽しみ方を紹介!
  2. ソロキャンプの何が楽しい?魅力やメリットとは?
  3. ソロキャンプのデメリット
  4. ソロキャンプおすすめの楽しみ方・過ごし方
  5. ソロキャンプにおすすめの楽しいアクティビティ
  6. ソロキャンプで楽しい時間を過ごすための注意点
  7. 女性のソロキャンパーが特に注意すること
  8. ソロキャンプが楽しく過ごせる全国のおすすめキャンプ場
  9. ソロキャンプは楽しい?のQ&A
  10. ソロキャンプでの楽しい過ごし方を見つけよう!

ソロキャンプの楽しい過ごし方や楽しみ方を紹介!

楽しい時間を過ごせるソロキャンプで焚き火をしている風景
pooch_eire

最近SNSなどのメディアで話題になっている、ソロキャンプの楽しみ方について説明します。ソロキャンプは気ままに過ごせる一方で、寂しいしつまらないのではと不安になっている人も多いです。

そこで、初心者が注意した方が良い点やソロキャンプの何が楽しいかなどを詳しくまとめました。寂しいしつまらないのでは?と思っているソロキャンプ初心者は必見です。

ソロキャンプの何が楽しい?魅力やメリットとは?

自由に行動ができる

ソロキャンプの何が楽しいかというと、自由に行動できるところにあります。キャンプをする場所も食事も自分のタイミングで自由に決められるところが、ソロキャンプの一番の魅力です

周りへの配慮さえできていれば、誰からも干渉されず自分の好きなように過ごすことができます。焚き火をしながら自然の中でのびのびと過ごす時間は、至福のひとときです。

落ち着いた時間を過ごせる

ソロキャンプの何が楽しいかというと、落ち着いた時間を過ごせる点が挙げられます。夜に焚き火をしながら静かに過ごす時間は、社会の中で忙しく過ごしているとなかなか手に入らない貴重なものです。

普段、仕事や家事に追われて生活している私たちは、一人でゆっくりと寛ぐ時間をとることが難しいです

特に、実家で家族と暮らしていたり子供とと生活している人は、なおさらです。ソロキャンプの何が楽しいかというと、普段得られない穏やかな落ち着いた時間を手に入れることができる点にあります。

好きな料理を楽しめる

ソロキャンプの何が楽しいかというと、好きな料理を楽しめるという点も挙げられます。家族や友人でキャンプをする場合、食べ物の好みや食べるタイミングを合わせる必要があります。

しかし、ソロキャンプなら、焚き火をしながら好きなタイミングで自分の好きな料理を楽しむことができます。自分のためだけにする料理は、思いの外楽しいものです。

スケジュール調整が不要

ソロキャンプの何が楽しいかというと、思い立った時にすぐに行けるという点です。キャンプに同行する人とのスケジュール調整が必要ないので、行きたい場所に行きたい時に行くことができます。

また、キャンプ中も自分の思いつきで行動することができるので、スケジュールを組む必要がありません。ソロキャンプでは、その瞬間にやりたいことを存分に楽しむことができるのです。

非日常感が味わえる

ソロキャンプの何が楽しいかというと、普段生活していて味わえないような非日常感を体験できルところです。大自然の中で一人焚き火を見ていると、日常を忘れ寛いだ時間を過ごせます。

また、ソロキャンプの際に味わう山の中の澄んだ空気や星が瞬く夜空は格別です。自然の中で時間に追われることなく過ごす時間は、日々忙しく過ごす私たちにとって格別なひとときとなるでしょう。

ソロキャンプのデメリット

慣れていない人は寂しい・つまらない

普段大人数でキャンプしている人にとっては、一人でキャンプをするのは寂しいしつまらないかと感じる場合が多いです。

設営している時や明るい時間帯は大丈夫でも、夜暗くなると寂しい気持ちがこみ上げ何が楽しいのかと思ってしまうソロキャンプ初心者も多くいます。そんな時は、通信環境が整ったキャンプ場を選んでおくと安心です。

SNSやメールなどで友人や家族と連絡を取ることで、夜の寂しい気持ちやつまらないなどといった感情が和らぎソロキャンプを楽しめる可能性も高いです。ソロキャンプの何が楽しいかわからなくなった時は、我慢せずに友人や家族に連絡するようにしましょう。

トラブル時に頼る人がいない

ソロキャンプのデメリットとして、トラブル時に頼る人がいないという点もあります。忘れ物や道具が壊れるなどのトラブルに、全て一人で対処しなければならないのです。特に、初心者の場合何かトラブルがあると途端に寂しい気持ちになってしまいます。

ソロキャンプの際は、いつも以上に事前準備をしっかり行うことが重要です。また、ソロキャンプ初心者は、道具の貸し出しを行なっている高規格のキャンプ場を選ぶのがおすすめです。

中には管理人やスタッフが常駐しているキャンプ場もあるので、トラブルの際は相談してみましょう。

荷物が全て自分持ち

ソロキャンプをする場合、荷物は全て自分で持っていかなければなりません。車で行く場合は、アウトドアキャリーなどを使うと荷物の運び入れが楽です。

徒歩や交通機関などを使いソロキャンプをする際は、なるべくバックパックに収まるように荷物を軽量化するようにしてください。また、ソロキャンプの場合、忘れ物は命取りです。とりわけ初心者は、事前に必要な荷物をしっかりと確認するようにしましょう

ソロキャンプおすすめの楽しみ方・過ごし方

ソロキャンプの楽しみ方①初心者はキャンプ場内で過ごす

ソロキャンプ初心者は、キャンプ場内で焚き火をしながらゆっくりと過ごすのがおすすめです。ソロキャンプでは一人で設営や調理などをするので、初心者は慣れず時間がかかってしまうことが多いです。

キャンプ場内で過ごすことでゆっくりとした時間が過ごせ、初心者でもソロキャンプの醍醐味を味わうことができます。

最近では、キャンプ場内に温泉や釣り堀などの設備があることも多くあります。寂しい、つまらないと感じた時は、キャンプ場内のアクティビティをする過ごし方もおすすめです。

ソロキャンプの楽しみ方②上級者はブッシュクラフト

ブッシュクラフトとは、自然の中で生活していく行為そのものをいいます。ブッシュクラフトの楽しみ方はキャンプに必要最低限の荷物で行き、必要なものは現地で調達するか作ることです

ブッシュクラフトの何が楽しいかというと、すべて手作りの秘密基地を作れる点にあります。調理をする際もガスコンロなどの調理器具は使わずに、自分で火を起こし焚き火で料理します。椅子や机、箸やお皿などの必要な道具もナイフを使って作ります。

ブッシュクラフトは制作に非常に時間がかかるので、寂しいつまらないなどと思う暇がありません。ソロキャンプを何度か経験したら、ぜひこの過ごし方にチャレンジしてみてください。

ソロキャンプの楽しみ方③コーヒーの焙煎

自然の中で飲むコーヒーは格別に美味しいものです。最近、ソロキャンプの楽しみ方としてコーヒーの焙煎をする人が増えてきています。焙煎とはコーヒーの生豆を炒ることをいいます。焙煎の何が楽しいかというと、自分好みの味に仕上げることができる点です。

焙煎の仕方は生豆を手網に入れ、焚き火から20cmほど離した距離で網を振り続けるだけなので、初心者でも簡単にできます。振り続けていくと豆が色づき始め、香りが出てきます。どれくらい豆を炒るかによって、コーヒーの味わいが変わるのです。

焚き火を前にしゆっくりと焙煎をする楽しみ方は、ソロキャンプならではの贅沢な時間です。新たなソロキャンプ の過ごし方として、ぜひチャレンジしてみてください。

ソロキャンプの楽しみ方④燻製料理

ソロキャンプの時は、ゆっくり燻製料理を作る過ごし方もおすすめです。実は専用の燻製器がなくても、鍋や蒸し網、スモークチップを使って気軽に燻製を楽しむことができます。

材料はゆで卵やチーズ、ソーセージなど様々なものを使ってできるので、ぜひ好みの食材で試してみてください。焚き火と燻製の香りを楽しみながら飲むお酒は、格別です。

ソロキャンプの楽しみ方⑤インドアキャンプ

ソロキャンプの際は、思い切りインドアな過ごし方をしてみるのも良いものです。仲間とキャンプに行くのも賑やかで楽しいですが、ソロキャンプの際は自分だけの趣味の時間に費やすのもおすすめです。

ゲームや読書、音楽など普段ゆっくりできないことを、自然の中で思う存分してみてください。一人で寂しい、つまらないと思う暇もなく、ひたすら自分の世界に没頭できるはずです。

ソロキャンプにおすすめの楽しいアクティビティ

釣り堀

ソロキャンプ中の楽しみ方としておすすめなのが、釣り堀です。最近は釣り堀を併設しているキャンプ場も多く、中には自分で釣った新鮮な魚を持ち帰り食べることができる施設もあります。

道具も貸してくれることが多いため、荷物を減らしたいソロキャンパーにおすすめの過ごし方です。渓流釣りも良いですが、気軽にできる釣り堀も楽しいと人気があります。

SUP

最近ソロキャンプの際に人気の過ごし方がSUPです。SUPはスタンドアップパドルボードの略で、サーフィンのようにボードの上に立ちながらパドルと呼ばれる櫂で漕ぐスポーツです。

SUPは川、海、湖などどこでもできますが、初心者には波が少ない湖がおすすめです。富士五湖をはじめ、湖の近くにあるキャンプ場は多くあります。

SUPの体験教室を開いている場所もあるので、ソロキャンプが寂しいしつまらないと感じたらぜひ一度体験してみてください。

カヤック

カヤックは、湖畔や河川近くのキャンプ場でよくみられるアクティビティです。カヤックはの何が楽しいかというと、水の上でゆっくりとした過ごし方ができると人気となっています。特に、朝は静かで人が少ないので、寛いだ時間を過ごせおすすめです。

カヤックに乗り大自然の中にいると、新たな発見があります。キャンプ場によっては、カヤックの貸し出しをしているところもあります。ソロキャンプが寂しいしつまらないと感じたら、ぜひ体験していてください。

ソロキャンプで楽しい時間を過ごすための注意点

周りに迷惑をかけない

ソロキャンプだけでなくキャンプ全般に言えることですが、周りに迷惑をかけないというのは楽しい時間を過ごすためには重要なことです。大きな音を立てないというのはもちろんですが、夜間の照明など細かい点にも注意が必要です。

他にもキャンプ場ごとに地面での焚き火禁止などの細かな注意事項があるので、しっかりと把握しておくようにしましょう。必要以上に羽目を外すとつまらないトラブルを起こしてしまう可能性もあるので、注意してください。

季節ごとに防寒・避暑対策をしっかりと!

ソロキャンプの際は、防寒や避暑対策をしっかり行うようにしてください。キャンプ場は標高の高い場所にあることが多いので、日中は大丈夫でも夜は思いの外冷えることが多いです。

事前にキャンプ場の気温を調べ、必要な衣服や持ち物を準備しておきましょう。夜冷える場合は、焚き火などで暖を取るのがおすすめです。

使った場所は元通りにして帰る

使った場所は元通りにして帰るのも、楽しい時間を過ごすためには大切です。撤収の際はゴミなどが落ちてないか、しっかりと確認してください。掃除はつまらないと感じるかもしれませんが、次に使う人が気持ちよく過ごすために徹底しましょう。

害虫対策

ソロキャンプの際は、害虫対策もしっかり行うようにしましょう。大自然の中では、普段目にしないような虫が多く出没します。特に、夏は蚊やブヨ、アブなどの虫が多くなるので、注意が必要です。対策としては、夏でも長袖長ズボンを履くのがおすすめです

また、肌には虫除けスプレーをしっかりし、テントの周りに蚊取り線香を焚くと効果的です。さらに、ポイズンリムーバーなどを持参しておくと、蜂などの毒のある虫に刺されたときに便利です。

常備薬を持参する

キャンプに常備薬を持って行くと、突然体調不良になったときでも安心です。ソロキャンプの場合は周りに頼れる人がいないので、しっかりと準備しておくようにしましょう。特に、持病がある人はいつも飲んでいる薬を必ず持参するようにしてください。

万が一体調に異変がある場合は、管理人に相談したり病院に連絡してください。また、体調に不安がある人は、夜間でも管理人やスタッフが常駐しているキャンプ場を選ぶと安心です。

防犯対策

ソロキャンプでの防犯対策は重要です。キャンプ場で盗難被害にあったという話も少なくありません。特にソロキャンパーは、トイレやシャワーに出かけるとテントが無人になってしまいます。夜間の暗い時は、特に注意が必要です。

そのような時は、貴重品などの大切なものをテントに入れ、ダイヤルロックをかけるなどの防犯対策をすることが重要です。

また、夜間でも外に道具を置きっ放しにせずに、ランタンをつけておくなど工夫をすると盗難を防ぐことができます。車がある場合は、車内に貴重品を入れておくのもおすすめです。

荷物の軽量化とパッキングの工夫

ソロキャンプで楽しい時間を過ごすためには、荷物を軽量化することも重要です。キャンプ場でせっかく楽しい時間を過ごしても、荷物が重く行き帰りにクタクタになってしまうことも少なくありません。

そんな時は、道具の見直しをしてみてください。最近では、ソロキャンプ用のテントや焚き火台など軽量化されたものが多く発売されています。

また、パッキングを工夫することで、バックパックに多くの道具を入れることもできます。ソロキャンプ初心者は事前に荷物の詰め込み方を練習しておくと、スムーズです。

女性のソロキャンパーが特に注意すること

管理人が夜も常駐しているキャンプ場を選ぶ

女性のソロキャンパーが、盗難や盗撮などのトラブルに巻き込まれるケースは少なくありません。寂しい、つまらないと感じた場合でも、むやみに声をかけるのは避けるようにしてください。

また、何かあったときにすぐに助けを呼べるよう、管理人やスタッフが常駐しているキャンプ場を選ぶのが重要です。出来るだけ管理棟の近くのサイトを選ぶと、夜でも安心して過ごすことができます。

ファミリーが多い賑やかなキャンプ場を選ぶ

ソロキャンプでも安心な賑やかなキャンプ場
SanDraP

ファミリーが多い賑やかなキャンプ場を選ぶと、人の目がある分女性ソロキャンパーの危険を軽減できる可能性が高いです。人気のないところの方がゆっくりできると感じる人も多いですが、人が少ないほど盗難などのトラブルの危険性も高くなります

女性のソロキャンパーはひっそりと静かなキャンプ場よりも、施設の充実した賑やかなキャンプ場を選ぶ方が良いでしょう。

電波が繋がるエリアを選ぶ

必ず電波があるエリアでキャンプをするようにしてください。何かトラブルがあった時に、電話連絡がとれるようにしておくと安心です。同じキャンプ場内でも電波の繋がりにくいエリアがある場合もあるので、予約の際に確認しておきましょう。

フリーサイトより区画サイトを選ぶ

女性のソロキャンパーは、フリーサイトよりも区画のあるサイトを選ぶようにしてください。区画のあるエリアの方が、プライバシーを守ることができます。

また、フリーサイトのようなオープンなエリアはその分侵入され易くなるので、トラブルに遭う確率が高まります。特に、辺りが暗くなった夜は十分気をつけるようにしましょう。夜にテントを離れる際は、防犯ベルを持っておくと安心です。

ソロキャンプが楽しく過ごせる全国のおすすめキャンプ場

①北軽井沢スウィートグラス

北軽井沢スウィートグラスは、ソロキャンプ専用サイトもある高規格キャンプ場です。群馬県と長野県の境にある浅間山の北麓に位置しています。

ソロサイトの他にも、犬とノーリードで過ごせるサイトや、子供連れに嬉しい広々サイトなど様々なスタイルのサイトがあります。

また、ピザ作りのワークショップなど季節に合わせた楽しいイベントが用意されているので、アクティブな過ごし方ができます。キャンプ場スタッフが常駐しているので、女性ソロキャンパーも安心して利用できるのも魅力の一つです。

公式HP

氷川キャンプ場

氷川キャンプ場は、都心から2時間半の奥多摩の自然を満喫できるキャンプ場です。敷地内には多摩川が流れており、壮大な自然が楽しめます。また、JR奥多摩駅から徒歩2分の立地にあるので、車を持ってないソロキャンパーにもおすすめです。

さらに、調理器具などの備品のレンタルも行なっているので、忘れ物があった場合も安心です。テント泊なら1泊1000円とリーズナブルなので、初心者にもおすすめのキャンプ場となっています。

公式HP

ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ

日本一静かなオートキャンプ場といわれている、ACN信州伊那やキャンパーズヴィレッジもソロキャンプ初心者におすすめです。街から離れた標高900mの山の中に立地しているため、手付かずの自然を楽しめます。

ソロサイトもあるので、ソロキャンパーが非常に居心地よく過ごせると人気です。また、キャンプサイトは棚田を利用しているためプライベート性が高く、人の目を気にせずのんびりと過ごすことができます

温泉やシャワーもあるので、場内でゆっくりと寛ぐことが可能です。高規格キャンプ場では物足りないソロキャンパーは、ぜひ一度訪れてみてください。

公式HP

ソロキャンプは楽しい?のQ&A

ソロキャンプを楽しむための最低限必要な道具は?
  • ソロキャンプをする際に最低限必要な道具はテント、寝袋、水や食料、調理器具、ランタン、防寒着、バックパックです。徒歩で訪れる人はなるべくバックパック1つに収まるように荷物を軽減することが大切です。

  • ただし、ソロキャンプ初心者はライターやマッチをはじめ、使い慣れた道具を持参した方が安心です。キャンプ場によっては道具を貸してくれるところもあるので、事前に確認してみてください。

  • また、車で行く場合はマットや焚き火台、椅子などを持っていくのもおすすめです。ソロキャンプに慣れてきたら、ブッシュクラフトなど自分自身で道具を製作するのも楽しいです。
クーラーボックスは必要?

クーラーボックスは嵩張るので、使い終わったら畳めるソフトタイプのものを使うのがおすすめですまた、缶詰を焚き火で温めながら上手に利用することで、クーラーボックスなしでもキャンプを行うことができます。

最低限の食材で行けるよう、事前にレシピを考えておくようにしましょう。ソロキャンプでは、自分のタイミングで好きなメニューを食べられるのが楽しいといわれます。ぜひ、自然の中でゆっくりと食事を満喫してください。

ソロキャンプでの楽しい過ごし方を見つけよう!

楽しい時間が過ごせるソロキャンプにぴったりな黄色いテント
bhossfeld

ソロキャンプでの楽しい過ごし方について紹介しました。ソロキャンプは寂しいしつまらないというイメージがありますが実際は自由にゆっくり過ごせるので、非常に楽しいものです。

この記事で紹介した防犯対策など参考にして、ソロキャンプを思い切り満喫してください。

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

あわせて読みたい

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

ソロキャンプの楽しすぎる魅力や、おすすめのソロキャンプスポットを詳しく紹介します。また、ソロキャンプを行う上での注意点や女子向けの防犯対策もまとめました。一人で大自然を堪能できる、ソロキャンプの楽しすぎる魅力をチェックしましょう!

女子ソロキャンプの防犯対策!おすすめの道具や場所の選び方も!

あわせて読みたい

女子ソロキャンプの防犯対策!おすすめの道具や場所の選び方も!

女子ソロキャンプを始める人が増えたことから、トラブルに巻き込まれるキャンパーも増えています。ソロキャンプで危険な目に合わないよう、必要な防犯対策について紹介!また、女子ソロキャンプならではの防犯対策や、おすすめの道具、防犯対策にもなる場所の選び方も解説します。

冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

あわせて読みたい

冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

冬のソロキャンプに必要なアイテムはどのようなものがあるのか、商品紹介も交えて紹介していきます。冬のソロキャンプで注意する点も合わせて解説!冬のソロキャンプを目いっぱい楽しむ方法もまとめているので、参考にしてみてください。

関谷涼子

この記事のライター

関谷涼子

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

ゆるキャンの聖地カリブーのモデルとなったSWENをリサーチ!

キャンプ知識

ゆるキャンの聖地カリブーのモデルとなったSWENをリサーチ!

ゆるキャンに出てくるアウトドアショップカリブーのモデルとなったSWENを解説します。SWENの場所など、店の詳細をまとめました。SWENで扱っている、ゆるキャンの作中でも紹介されたカリブーのアウトドアグッズも紹介します。

キャンプ本で予習しよう!初心者向けのおすすめブック25選!

キャンプ知識

キャンプ本で予習しよう!初心者向けのおすすめブック25選!

キャンプ初心者におすすめの本をまとめました。初心者でもわかりやすいキャンプ本の入門書を、ソロキャンプやキャンプ飯などさまざまなジャンルからピックアップ!キャンプ本の上手な選び方も説明しているので、ぜひ参考にしてください。

「買うトドア」はアウトドア用品・釣具買取店!口コミや評判は?

キャンプ知識

「買うトドア」はアウトドア用品・釣具買取店!口コミや評判は?

「買うトドア」の利用方法について、詳しく解説します。アウトドア用品や釣具の買取を行う、買うトドアで、良い査定額を出すための方法や、ポイントなどについて説明。また、利用者の口コミについてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

キャンプ時の風呂事情!自作方法や便利な簡易・ドラム缶アイテムも

キャンプ知識

キャンプ時の風呂事情!自作方法や便利な簡易・ドラム缶アイテムも

キャンプ時の風呂事情がどのようになっているのか調査しました。キャンプのときに、みんながどのように風呂に入っているかを解説!また、風呂に入らない場合の対処方法や、ドラム缶を使った簡易風呂についてもまとめているので参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード