インナーシュラフのおすすめ10選!選び方や活用法も合わせて紹介!

お気に入りに追加

インナーシュラフについてまとめました。インナーシュラフの素材や形の違いで、どのような差がでるのか徹底調査の結果を紹介します。また、季節に応じたインナーシュラフで快適な睡眠を得られるように、おすすめ商品についてもまとめてます。

インナーシュラフのおすすめ10選!選び方や活用法も合わせて紹介!

目次

  1. インナーシュラフのおすすめを紹介!
  2. インナーシュラフの選び方
  3. インナーシュラフのおすすめ【夏用】
  4. インナーシュラフのおすすめ【春秋冬用】
  5. インナーシュラフのおすすめまとめ

インナーシュラフのおすすめを紹介!

キャンプのときでも快適な睡眠をしたいですよね。季節に応じたシュラフがありますが、それだけだと真夏の夜や冬場だと耐えられないときがあります。

インナーシュラフはシュラフの中で使う寝具で、温度調整を行い快適な睡眠に導くことが出来るのです。インナーシーツ、トラベルシーツとも言われています。

しかし、種類が多く、モンベ・ロゴス・ナンガといった有名ブランドからも多数出品されています。どれがいいのか迷っている方は、それぞれの特徴や季節ごとの選び方を紹介しますので参考にしてみてください。

インナーシュラフの選び方

ロゴスといった有名ブランドからでも、様々なインナーシュラフがでていますが、選ぶ際は4つ選ぶポイントがあります。本項ではその選び方について、詳しく解説していきます。 

選び方①素材で選ぶ

シュラフ内の保温性を高めたいなら、体感温度を約7度も向上させるメリウールが優れています。または、肌さわりもよいフリースもおすすめです。

さらに、ロゴスからでているプレミアムインナーシュラフは、フランネル素材を採用しているので最強の肌触りと保温性が特徴です。

逆に夏場などの気温が高いときには、吸湿速乾性が高いシルクが適しています。最近だと家での寝具でも使われている、クールマックス素材もおすすめです。

 

選び方②形で選ぶ

インナーシュラフの主な形は、「封筒型」と「マミー型」に分かれます。シュラフに合わせた形を選ぶことで、インナーシュラフの性能を確実に引き出すことができます。

マミー型は頭まで被ることができるので、冬場などの寒い季節に適しています。マミー型にインナーシーツを入れると最強の防寒対策となります。

ロゴスなどからでている封筒型は、ブランケットの代用としても使えます。夏場にはインナーシュラフ単体を寝具として使用することも可能。

選び方③収納性で選ぶ

冬場などは荷物も多くなりがちなので、インナーシュラフも軽量で収納性が良いものが便利です。コンパクトであれば、とりあえず持っていくということもできます。使用しないときは、枕として代用することが可能です。

また、ツーリングキャンプや登山などの場合は、荷物が限られるでしょう。軽量でコンパクトに収納できるものがおすすめです。

選び方④洗濯できるものを選ぶ

インナーシュラフやインナーシーツは、シュラフの代わりに睡眠時の汗を吸収してくれる役割もあるので、洗濯できるものがおすすめです。

冬や夏を関係なく、睡眠時はコップ1杯ほどの汗をかくといわれています。洗濯可能なものを選び、衛生的に清潔な睡眠をとれるようにしましょう。

インナーシュラフのおすすめ【夏用】

コクーン トラベルシーツ シルク

出典: 楽天市場
コクーン
トラベルシーツ シルク ウルトラマリンブルー
14,050円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

この商品はシルク素材100%となってます。 通気性・吸湿性ともに最強で、汗をかいてもなめらかな肌触りで、夏にぴったりなインナーシーツです。

またシルクはコンパクトにまとまるため、軽量で簡単に持ち運びできて旅行用にもおすすめです。

注意点としてシルクは、洗濯機で普段通りとはいかない場合が多いので、洗濯表示をよく読んで洗濯してください。

サイズ 220×90cm(収納時13×19×2cm)
素材 シルク100%
重量 180g
男性
男性

軽くてコンパクト

評価:

山小屋での使用でしたが、軽くてコンパクトなので荷物の邪魔にもならず快適に眠ることができました。

シートゥーサミット クールマックスアダプター

出典: 楽天市場
シートゥーサミット
クールマックスアダプター
6,050円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

クルーマックス素材によって、夏はさわやかな睡眠をとることができます。冬はインナーシュラフとしても暖かくオールシーズン使えます。

洗濯も可能なので、衛生的に使うことができます。

サイズ トラベラー(縦225cmx巾92cm)
重量 328g
女性
女性

肌触りがよかったです

評価:

ひんやりとした感覚で、夏でも快適に眠れました。冬でもインナーシュラフとして使用してみようと思います。

ロゴス シルキーインナーシュラフ

ロゴス
シルキーインナーシュラフ
2,750円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

シルキーモイスクロス素材で、シルクのような肌触りと、吸湿拡散効果があるので、夏の夜でもさらさらな状態で寝ることができます。

手ごろな価格で洗濯も洗濯機でも丸洗い可能なので、初めてのインナーシュラフとしてもおすすめです。

サイズ (約)幅84×長さ210cm
素材 シルキーモイスクロス
重量 (約)280g
男性
男性

値段もお手頃

評価:

名前の通りシルクのような肌触りで、夏場のブランケットとして大活躍しました。シルクより洗濯も気を使わないでいいので、ありがたいです。

イスカ シルクシーツ レクタ

出典: 楽天市場
イスカ
シルクシーツ レクタ ネイビーブルー
8,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

シルク100%なので、 吸湿速乾性が高く汗をかきやすい夏でも、快適に睡眠することができるインナーシュラフ。

また、シルクはコンパクトに収納することができて軽量なので、荷物としてもかさばりません。

サイズ 85(肩幅)×185(全長)cm
収納サイズ 直径7×14cm
素材 シルク100%
重量 130g
男性
男性

シュラフのインナーとしてGood

評価:

予想以上にコンパクトです。出張時や旅行の持ち運び用として最強です。

MYCARBON トラベルシーツ

出典: 楽天市場
MYCARBON
トラベルシーツ
3,140円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

丸洗い可能で、コスパに優れたシンナーシーツです。夏場にはブランケットの代用として使用し、オールシーズン対応なので初めてのインナーシーツとしておすすめです。

ポリエステル100%なので、素材に気にせず洗濯することができるのもおすすめなポイントです

サイズ 220cm × 90cm
素材 ポリエステル100%
重量 468g
女性
女性

コンパクトになるので便利

評価:

絶妙なサイズ感で、大き過ぎず、小さ過ぎないのがおすすめです。
綿100%のため、肌触りが良く快適に寝ることができました。
旅行用だけではなく、常用可能な品だと思いました。

インナーシュラフのおすすめ【春秋冬用】

ナンガ ウォームアップライナー

出典: 楽天市場
ナンガ
ウォームアップライナー
4,730円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

日本のシュラフメーカー、ナンガからでているインナーシーツです。内側がフリース素材となっているで、保温性能が高く冬キャンプで重宝すること間違いなしです。

洗濯も可能なので、いつでも清潔に使うことができます。

サイズ 78(肩幅)×205(全長)cm
素材 ポリエステル100%起毛素材
重量 350g
男性
男性

さすがのナンガ

評価:

ナンガのシュラフと形がピッタリでした。冬のキャンプで使用しましたが、朝まで暖かく寝ることができました。
内側のフリース起毛が肌触りよく気持ちいいので、家でも使用しています!

ロゴス フリースシュラフ ターコイズナバホ

出典: 楽天市場
ロゴス
フリースシュラフ ターコイズナバホ
4,290円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ロゴスのフリース素材のシュラフは、インナーシュラフとしても暖かく使うことができます。

冬には封筒型シュラフの中に入れて、暖かくフリースの気持ちいい肌触りで快適な睡眠を実現します。また、洗濯機での丸洗いも可能です。

サイズ (約)幅80×奥行190cm
素材 ポリエステルフリース
重量 770g
女性
女性

オールシーズン使えます

評価:

夏はブランケットとして、冬はインナーシュラフとして使えます。
フリース素材なので、冬でも暖かく最強のインナーシュラフです。洗濯可能なのもおすすめのポイントです。

イスカ ライナー サイドジッパースーパーライト

出典: 楽天市場
イスカ
ライナーサイドジッパー スーパーライト
5,730円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

マミー型のインナーシュラフとして使用することで、内側のフリース素材が暖かく冬でも快適な睡眠を実現してくれます。

価格と軽量コンパクトに優れ、冬から夏までオールシーズン使えるので、おすすめの一品です。

サイズ 幅78cm 高さ205cm
素材 ポリエステル起毛地
重量 320g
男性
男性

暖かさが全然ちがいました。

評価:

イスカのシュラフと合わせて使用していますが、汚れ防止程度の目的で購入しました。しかしインナーシュラフとして使うと寝ているときの温度がとても暖かくなりました。

ノルディスク フリースライナーマミー

出典: 楽天市場
ノルディスク
フリースライナーマミー
14,866円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ノルディスクのシロクマのロゴがプリントされた、フリース素材のインナーシーツです。

サイドにジッパーがついているので、開くと1枚のブランケットとしても代用できます。

梱包サイズ 34 x 16.2 x 16.2 cm
素材 フリース素材
重量 790 g
男性
男性

冬キャンプの必須のアイテム

評価:

夏でも、冬でも、年中いつでも使用できる最強のアイテムです。収納もコンパクトに小さなパックサイズで、袋に収まります。フリース素材が柔らかく、シュラフ内を暖かく保つことができました。

Bears Rock インナーフリースくるむん

出典: 楽天市場
Bears Rock
インナーフリース くるむん
1,680円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

値段が安くコストパフォーマンスに優れた一品です。保温力の高いフリース素材と、ジッパーで開くと毛布としても代用できるおすすめのインナーシュラフです。

また、インナーシュラフの方の部分が、紐でしぼることができるようになっているので、空気を遮断し暖かく寝ることができるます。

サイズ 180×75cm
素材 フリース素材
重量 655g
男性
男性

冬キャンプ用に購入

評価:

暖かくて肌触りも良いです。ですがもう少しコンパクトに収納できれば、さらに良いです。
値段が安いので劣化したら、また購入しようと思います。

インナーシュラフのおすすめまとめ

旅行や山小屋で常設されている布団を、使用する際に抵抗があることがありますよね。そんなときはインナーシュラフ1枚あれば、衛生的な快眠をとることができます。

コンパクトで軽量なものが多いので、鞄に1つ入れておけば、出張や急な宿泊のときでも衛生的な睡眠をとることができるのでおすすめです。

また、冬のキャンプでは、インナーシュラフとして使用すれば圧倒的に暖かく寝ることができます。これまで夜寒くて目が覚めていたことがあるような方は、是非最強のインナーシュラフを手に入れて快適な冬キャンプを過ごしてみてください。

aoasa

この記事のライター

aoasa

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・枕

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・シュラフのマミー型と封筒型の特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説!マミー型と封筒型の寝袋・シュラフのおすすめ商品もそれぞれ5選ずつ紹介します。マミー型と封筒型のどちらの寝袋・シュラフを購入しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

寝袋・枕

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

おすすめの最強冬用シュラフを16選紹介します!冬キャンプを快適に過ごせる人気商品や、コンパクトさに特化した商品を掘り下げています。また、冬用シュラフの選び方や防寒アイテムについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

寝袋・枕

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

タイベックのシュラフカバーについて徹底調査しました!タイベック素材のシュラフカバーの特徴や、おすすめのメーカー商品を詳しく解説します。タイベックを使ったシュラフカバーの自作方法もまとめました。さらに初心者にも分かりやすく、Q&Aも合わせて紹介します。

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

寝袋・枕

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

快適な寝袋(シュラフ)の使い方についての特集です。各種素材や形状を比較しながら、寝袋の適した使い方について解説します。また、冬のキャンプや登山・テント内で活躍するための正しい使い方や、上手な洗濯方法についても併せて紹介していきます。

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

寝袋・枕

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

DODから販売されている「ジャケシュラ」を紹介します。ジャケシュラの魅力や、ファスナー・ポケットなどの機能をレビューと共に解説!DODのジャケシュラを使用する際の注意すべきポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてください。

寝袋・枕の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード