焚き火で焼肉を楽しもう!おすすめのスキレットや鉄板もチェック!

お気に入りに追加

キャンプで行う焚き火を使っ焼き肉について解説します。焚き火で焼肉をするときのポイントやデメリットなどもチェック!焚火で焼肉をするときにおすすめのスキレットや鉄板も紹介します。焚き火で焼き肉をするときに気になる疑問点もまとめました。

焚き火で焼肉を楽しもう!おすすめのスキレットや鉄板もチェック!

目次

  1. 焚き火で焼肉を楽しむ方法を紹介!
  2. 焚き火でする焼肉のポイント
  3. 焚き火での焼肉におすすめのスキレットや鉄板
  4. 焚き火で焼肉Q&A
  5. 焚き火でも焼肉を楽しもう!

焚き火で焼肉を楽しむ方法を紹介!

焼き肉用塊肉
tomwieden

キャンプの楽しみの一つは美味しいキャンプ料理です。そこで、キャンプの焚き火を使って焼肉を楽しんでみてはいかがでしょうか。大自然を感じながら、野外で食べる食事は格別で、充実した時間を送ることができるでしょう。

焚き火を見ながら、ジューシーな焼肉があれば、キャンプが盛り上がること間違いなし!おすすめの焚き火で焼肉を楽しむ方法を紹介します。

焚き火でする焼肉のポイント

焚き火を使って美味しい焼肉をするために、押さえておきたいポイントを紹介します。

焚き火でする焼肉のよい点や、難しい点、実践するときのポイントを踏まえて楽しく美味しいキャンプ料理を叶えましょう。

網より簡単で美味しい

焚火1
Pexels

キャンプで焼肉をするときは炭火に網を使って行うケースが一般的です。炭の上に網を焼き、炭の遠赤外線効果でじっくり肉に火を通すグリルもたくさん発売されています。

この方法だと美味しい焼肉はできますが、薪と炭の両方を準備するので、準備に時間がかかってしまうでしょう。

まるで調理台を二つ準備するような手間がかかってしまい、面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。焚き火で焼肉をすれば、炭や肉用のグリルも不要です

焚き火で肉を焼くと見た目にも豪快で食欲もうんとそそられ、キャンプ気分も盛り上がること間違いなしです。

焚き火焼肉の難点

網で焼き肉
takedahrs

焚き火での網焼きは、直火で直接肉に火があたることになります。これでは火加減が難しく、焼きムラが出きてやすいでしょう。 さらに、焚き火で直接調理をすると肉に煤がつきやすくなります

肉に火が通る前に周囲が煤で真っ黒になってしまいます。また、肉から落ちる脂が焚き火にあたると火が大きく燃え上がるリスクも増えてしまいます。もちろん、使っている網も煤で真っ黒になるので後片付けも大変です。

焚き火で焼肉をするならスキレットや鉄板がおすすめ

スキレット
TAKA@P.P.R.S

焚き火で網を使って焼肉をすると、使った網も煤で黒くなり後片付けが大変です。そこでおすすめしたいのがスキレットや鉄板です。直火対応のスキレットや鉄板は、焚き火の調理にも向ています。

調理中に煤がつくこともなく、焼きムラも起きにくくなるでしょうもちろん、後片付けも楽で、調理時もを短縮できます。鉄板やスキレットと焚き火の距離を調節することで、火加減も調整しやすくなります。

焚き火での焼肉におすすめのスキレットや鉄板

①LODGE LOGIC 8インチスキレット

出典: 楽天市場
LODGE LOGIC(ロッジロジック)
スキレット8インチ
2,354円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

人気のアウトドア用品メーカー、ロッジのスキレットです。適度に深さがあり、焼肉以外に煮込み料理や炒め物、グリル料理など、さまざまな調理にも活用できるでしょう。汎用性が高く、いろいろなメニューに役立ちます

取っ手がついているので火加減の調整も楽チンです。焚き火の火が強いときは、焚き火台から少しスキレットを上に持ち上げるだけで、弱火にすることもできるでしょう。さらに、こちらのスキレットはデザイン性も魅力です。料理を盛るだけで、食材が映えてとってもおいしそうになります。写真映えもよく、キャンプの思い出を残したい人にもピッタリのアイテムです。

ただし、ロッジのスキレットはやや重いのが難点です。力が弱い人には扱いにくさを感じてしまう場合があるので注意しましょう。

30代 女性
30代 女性

使い勝手がいい

評価:

もうひとつ小さいサイズと迷いましたが、2人家族なのでこちらのサイズでよかったと思います。手入れがめんどくさくないので使い勝手がいいです。しかもかわいい!料理やダッチベイビーなどで活躍しています。買ってよかった。

②キャプテンスタッグ ステンレスフライパン

出典: 楽天市場
キャプテンスタッグ
3層鋼フライパン17cm
2,195円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

キャプテンスタッグのステンレス製のフライパンもおすすめです。キャプテンスタッグはモノづくりで知られる新潟県燕三条のメーカーです。ステンレス加工に強く、質の良いステンレスで作る焼肉は味わいも格別になるでしょう。

取っ手付きで扱いやすく、焚き火台との距離を調節しやすいので、火の加減も簡単にできます。さらに、取っては取り外し可能で、フライパン中に収納可能です。持ち運びしやすいのでキャンプに向いています。

軽量で持ちやすいところも魅力です。女性でも扱いやすく、キャンプに持っていくときも重さを気にせず荷物に入れられるでしょう。ステンレスは汚れが落としやすいので後片付けも楽にできます。使う前のシーズニングも不要で、お手入れも簡単ですが、脂に慣れた鉄板と比較するとやや焦げやすい点が難点です。

70代〜/男性
70代〜/男性

コンパクトソロキャンプには最高

評価:

good! 牛ステーキを焼いて食しました。 調味料は岩塩とブラックペッパーのみでしたがとても美味でした。 スキレットや溶岩プレートには適いませんが、コンパクトソロキャンプには最高だと思います

③冒険用品 ヨコザワテパン

出典: 楽天市場
冒険用品
ヨコザワテッパン A5サイズ
4,194円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

焚き火で焼肉をするときはヨコザワテッパンが便利です。焚き火台に網をのせ、鉄板を置くだけで簡単に肉を焼くグリルスペースが作れます。A5サイズはコンパクトで持ち運びもしやすいでしょう。

小さいので、一つの焚き火台でスペースを分けてお湯を沸かしたり鍋を使ったりしたいときにも便利です。ソロキャンプにちょうどよいサイズと言えるでしょう。平らな鉄板なので脂が横から流れ落ちてしまうので、とってもヘルシーです。

厚みがあるので、冷めにくく、じっくり肉に火が通り美味しく焼けるでしょう。錆を防止する油紙がついているので保管中の錆も心配いりません。

ただし横沢てパンは取っ手がなく、扱うときはやっとこで挟んで使います。普段からフライパンなど取っ手付きの調理器具になれている人には使いにくさも感じられるでしょう。いかにも豪快な鉄板焼肉が楽しめるので、キャンプ気分を盛り上げるのにも最適です。

20代 男性
20代 男性

面倒臭がりな人におすすめ

評価:

初回使用時から焦げ付きも少なく、手入れもラク。フルフラットな為、使用後の清掃がとにかく楽。面倒臭がりな人にはオススメです

焚き火で焼肉Q&A

薪を使って調理をするとどうなる?

 炭ではなく、薪を使うと桜やヒッコリなど、薪の種類によってより香ばしい香りがつきます。火加減が難しく、焦げやすくなりますが、スキレットや鉄板調理で工夫すれば、こうした問題点も解消できるでしょう。  

鉄板やスキレットがないときは網で調理してもいい?

 網で行うと脂が落ちてより焦げやすくなるので、アルミホイルを敷くなどの工夫をすれば焼きやすくなります。また、薪が燃えた後の熾火で調理をすれば、輻射熱でじっくり火を通すことができ、美味しく焼けます。ただし、熾火で調理するときは時間がかかるので注意しましょう。 

どの場所でも焚き火で焼肉してもいい?

 焚き火を行うときは、焚き火ができる場所かどうか、しっかり確認をする必要があります。基本的に、キャンプサイト焚き火ができるところがほとんどです。

しかし河原や公園などの場所では、炭によるバーベキューは可能でも、焚き火は禁止されている場合があります。焚き火台を準備していればOKの場合が多いので、気になる人は事前にその場所で焚き火をしてもよいか確認するとよいでしょう。

焚き火でも焼肉を楽しもう!

焚火3
Pexels

キャンプでゆったり焚き火を見ながら過ごすのはとても充実した時間です。同じ焚き火で焼肉ができれば一石二鳥で、キャンプ気分も盛り上がるでしょう。焚き火で焼肉をするときは、直火調理ができる鉄板やスキレットが便利です。

これらの器具があれば、グリルを準備することなく手軽に焚き火で焼肉が叶います。焚き火の調理はいかにもワイルドな演出で、美味しいキャンプ料理の思い出が作れるでしょう。

aicoberry

この記事のライター

aicoberry

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

キャンプで串揚げ・串カツを楽しもう!おすすめの具材や下ごしらえは?

キャンプ料理・レシピ

キャンプで串揚げ・串カツを楽しもう!おすすめの具材や下ごしらえは?

キャンプにおすすめの串揚げ・串カツを紹介します!変わり種の具材を中心に、具材別の下ごしらえや準備の方法をまとめました。また、キャンプで串揚げ・串カツを作る際におすすめの道具の商品4選も紹介するので、併せてチェックしてみてください。

キャンプ飯にライスオランジェはいかが?簡単に作れるレシピ紹介

キャンプ料理・レシピ

キャンプ飯にライスオランジェはいかが?簡単に作れるレシピ紹介

「ライスオランジェ」というキャンプで作れる料理を紹介します。ライスオランジェの基本のレシピだけでなく、キャンプでも作れるアレンジを加えたレシピも解説。アウトドアご飯のバリエーションを増やしたいという方にもおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

ダッチオーブンでグラタンを作ろう!キャンプにおすすめの簡単レシピは?

キャンプ料理・レシピ

ダッチオーブンでグラタンを作ろう!キャンプにおすすめの簡単レシピは?

ダッチオーブンで作るグラタンレシピを紹介します。おすすめのダッチオーブンやダッチオーブンでできるグラタン以外のレシピもまとめているので、ダッチオーブンの魅力を知ることができます。キャンプでできる簡単なレシピを知りたい方は、参考にしてみてください。

秋バーベキューにおすすめの料理3選!持っていた方が良いアイテム紹介も!

キャンプ料理・レシピ

秋バーベキューにおすすめの料理3選!持っていた方が良いアイテム紹介も!

秋バーベキューにおすすめのレシピを紹介しています。珍しい食材や難しい工程のないレシピばかりなので、初心者でも簡単に作ることができます。食材や調理工程も詳しく説明しています。秋にバーベキューをする際に是非参考にしてください。

メスティンで美味しいパエリアを作ろう!缶詰を使った簡単レシピも

キャンプ料理・レシピ

メスティンで美味しいパエリアを作ろう!缶詰を使った簡単レシピも

メスティン作るパエリアについて、詳しく解説します。メスティンを使って作る本格的なパエリアのレシピや、調理の際のコツをまとめました。また、おすすめのパエリアのメニューの作り方もいくつか紹介していますので、ぜひチェックしてください。

関連するキーワード

キャンプ料理・レシピの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード