おすすめのファイアグリルテーブル紹介!自作方法もチェック!

お気に入りに追加

おすすめのファイアグリルテーブルを紹介します。様々なメーカーから販売されていますが、それぞれの特徴や魅力について解説!購入するときの注目すべき点や自作でDIYする方法もまとめましたので、ファイアグリルテーブル購入の参考にしてください。

おすすめのファイアグリルテーブル紹介!自作方法もチェック!

目次

  1. ファイアグリルテーブルのおすすめ商品や自作方法を紹介!
  2. ファイアグリルテーブルの選び方
  3. ファイアグリルテーブルのおすすめ商品
  4. ファイアグリルテーブルの比較表
  5. ファイアグリルテーブルは自作できる!
  6. ファイアグリルテーブルのQ&A
  7. ファイアグリルテーブルでキャンプに団らんの場を!

ファイアグリルテーブルのおすすめ商品や自作方法を紹介!

安全に焚き火を楽しめるファイアグリルテーブルについて紹介します。ファイアグリルテーブルは別名「囲炉裏テーブル」とも呼ばれ、中央が開いた四角形のテーブルになっています。お皿や飲み物を置くための台として、焚き火に近づきすぎないための柵としても活躍します。

様々なメーカーがファイアグリルテーブルを販売しているので、その中のおすすめ商品をまとめています。また、DIYで自作する方法も解説しているので参考にしてください。

ファイアグリルテーブルの選び方

選び方①用途で選ぶ

ファイアグリルテーブルの選び方は、用途を決めることがおすすめです。キャンプなどでお皿や飲み物を置くための台として使うのか、焚き火を囲むために使うのか、そういった用途をはっきりとさせましょう。

選び方②素材で選ぶ

用途が決まったら、次は素材を選びましょう。たとえば焚き火をメインに考えているなら、火に強い材質がおすすめです。

持ち運びを楽にしたいなら、軽い素材を選ぶのも良いでしょう。木材と比較するとステンレスのほうが軽くなっています。

選び方③サイズで選ぶ

さらにサイズもしっかりと確認しましょう。集まる人数に合わせてサイズを選ぶのがおすすめです。

あまり大きすぎると運ぶのも大変ですし、どうしても重くなります。また、キャンプサイトのスペースを取ってしまうので、周りに迷惑をかけることもあるのです。

実際にサイズを確認したら、庭などで長さをテープなどを使って四角形にしてみましょう。ちょうど良いと感じるか、大きすぎると思うか、試しておいてください。

選び方④機能性で選ぶ

最後に機能性を確認してください。テーブルの形や台の高さも要チェックです。ローテブル系を求めているのか、立食がメインになるかを想像しましょう。

また、同じメーカー同士で、組み合わせることができるものもあります。オプションパーツを追加で購入すると、さらに快適なアウトドアが楽しめるのです。

拡張性などの機能性も、長く使う上では重要になってきます。お気に入りのブランドで探すのも良いですし、見た目重視など選択肢が豊富です。

ファイアグリルテーブルのおすすめ商品

コールマン ファイアープレイステーブル

出典: 楽天市場
コールマン
ファイアープレーステーブル
12,179円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ステンレス製で錆に強い

アウトドアメーカーとして人気のコールマン製ファイアグリルテーブルです。材質はステンレス製となっており、錆に強いのが魅力です。アウトドアで突然の雨で濡れても安心で、凍らした飲み物などで気にせず置けます。天板部分に無数の穴が開いており、それが軽量化にも繋がっています。

サイズ 約100×100×27(h)cm
重量 約6kg
材質 ステンレス
女性
女性

後片付けが簡単

評価:

コールマン製ということもあり、安心して購入できました。ステンレス製なので、後片付けするときは布で軽く拭くだけでOKです。家族で焚き火を囲んで食事を取れますし、使い方も難しくありませんでした。

LOGOS アイアンウッド囲炉裏テーブル

出典: 楽天市場
LOGOS
アイアンウッド囲炉裏テーブル
29,700円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
他のパーツと組み合わせるのもおすすめ

こちらもアウトドアメーカーとして人気のLOGOS製です。天板が木材になっており、和風な雰囲気が強くなっています。まるで、本当の囲炉裏のような見た目になっており、まったりとした時間を感じられるでしょう。別売りのピラミッドTAKIBIと組み合わせると、さらに本格的な囲炉裏が完成します。

サイズ 約93×93×27.5cm
銃利用 10.0kg
材質 フレーム:スチール 天板:木材
男性
男性

吊り鍋料理にチャレンジ

評価:

LOGOSの別売りのオプションパーツ「ピラミッドTAKIBI」を購入すると、吊り鍋料理を行えます。なかなか普段の生活では作れない料理だけに、アウトドア感がアップします。真ん中にBBQグリルを置いて使うのもおすすめです。

LOGOS アイアン囲炉裏テーブル

出典: 楽天市場
LOGOS
アイアン囲炉裏テーブル
18,700円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
軽量でしっかりとした作り

同じLOGOSのスチールタイプのファイアグリルです。基本的な部分は同じ仕様ですが、スチールのため、非常に軽量となっています。中央部分に焚き火を設置し、のんびりとアウトドアを堪能できるのです。

サイズ 約92.5×92.5×27.5cm
重量 約6.3kg
材質 スチール
女性
女性

組み立てわずか1分

評価:

すぐに組み立てられる点が気に入っています。スチールなので軽量です。設置するのもボルトを閉めるだけでOKなので、慣れていれば1分ほどで組み立てられるほど簡単な仕組みになっています。

スノーピーク ジカロテーブル

出典: 楽天市場
スノーピーク
ジカロテーブル
32,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
組み合わせ自由なファイアグリルテーブル

スノーピークのファイアグリルテーブルは、組み合わせが自由なのが魅力です。囲炉裏型に組むのはもちろん、L字型に組むなど使い方は様々です。また、スノーピークの他のギアとのセットも魅力的といえます。ジョイントパーツとして、マルチファンクションテーブル竹と合わせて、さらにスペースを広げることができます。

サイズ 1120×1120×400mm
重量 10.5kg
材質 ステンレス
男性
男性

オプションパーツで拡張性が高い

評価:

パズルのように、オプションパーツでどんどん拡張できるのが魅力です。真ん中の囲炉裏部分に焼き肉を焼く用のアイテム、1ユニットブリッジを付けるのがお気に入りです。下から炭による熱で焼くので、非常に本格的な焼き肉が楽しめます。その他にも様々なオプションパーツがあり、ついつい購入しています。

尾上製作所 マルチファイヤーテーブル2

出典: 楽天市場
尾上製作所
マルチファイアテーブル2
10,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コスパ良しな囲炉裏テーブル

尾上製作所の囲炉裏テーブルは、コスパが良いのが特徴となっています。LOGOSなどの有名ブランドにこだわらないのであれば、気軽に買える点が魅力です。安価でも製品の品質は悪くないので、とにかく安いものが欲しい人におすすめとなっています。

サイズ 1000×1000×270mm
重量 9.0kg
材質 スチール
女性
女性

コスパ良しだけどちょっと重い?

評価:

他のファイアグリルテーブルと比較して、コスパの良さで選びました。品質などに問題はなく、ストッパーでしっかりと連結させることができます。ただし、重量はイメージよりも重く感じました。持ち運びは少し不満がありますが、囲炉裏型としての不満はありません。

キャプテンスタッグ ファイアグリルテーブルM-6420

出典: 楽天市場
キャプテンスタッグ
ファイアグリル テーブル M-6420
6,027円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
シンプルで最軽量

とにかく軽さ優先ならキャプテンスタッグのファイアグリルテーブルです。非常にシンプルな形状になっているので組み立ても迷いません。3~4人程度で使うタイプを探している人に良いでしょう。

サイズ 910×650×260mm
重量 4.8kg
材質 スチール
男性
男性

仲間内で使うなら十分

評価:

ひとまず焚き火用のテーブルが欲しくて購入しました。あまり頻繁に集まってキャンプをするわけではないので、安価なものを選んだ感じです。普段はソロが多いのでこういったものは使いませんが、たまに仲間内で集まるぐらいなら十分です。安定感はあるので、コスパ重視なら気にいると思います。

ネイチャートーンズ オクタゴンファイアテーブル

出典: 楽天市場
ネイチャートーンズ
オクタゴンファイアテーブル
25,620円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトにまとまる

シンプルな構造で設営がスムーズに行えます。しっかりとした耐熱性で、網目模様の天板が特徴です。おすすめの使い方は、この網目模様を利用してハンガーやフックをかけることです。コップなどをフックで引っ掛けておけるので、スペースを広く使えます。

サイズ 630×160×150mm
重量 5.3kg
材質 スチール
男性
男性

収納を含めたトータルバランスが良い

評価:

安定感や耐熱性もあって、さらに収納もしやすいものを探していました。オクタゴンファイアテーブルは、筒状にコンパクトに折り畳めるのが嬉しいです。設置するときも、そのまま開くだけで、そこに天板をセットするという形になっています。ソロからファミキャンにまで対応していると思います。

ファイアグリルテーブルの比較表

商品名

ファイアープレーステーブル

アイアンウッド囲炉裏テーブル

アイアン囲炉裏テーブル

ジカロテーブル

マルチファイヤーテーブル2

ファイアグリルテーブルM-6420

オクタゴンファイアテーブル

画像

ファイアープレーステーブル アイアンウッド囲炉裏テーブル アイアン囲炉裏テーブル ジカロテーブル マルチファイヤーテーブル ファイアグリルテーブルM-6420 オクタゴンファイアテーブル

サイズ

約100×100×27(h)cm

約93×93×27.5cm

約92.5×92.5×27.5cm

1120×1120×400mm

1000×1000×270mm

910×650×260mm

630×160×150mm

重量

約6kg

10.0kg

約6.3kg

10.5kg

9.0kg

4.8kg

5.3kg

特徴

・ステンレス製

錆に強い

・木製

オプションパーツが豊富

・スチール製

軽量タイプ

・ステンレス製

組み方が自由

・ジョイントパーツが豊富

・スチール製

コスパ良し

・スチール製

価格が安い

・軽量

・スチール製

・コンパクトサイズ

網目模様が便利

商品リンク

楽天市場(12,179円) 楽天市場(29,700円) 楽天市場(18,700円) 楽天市場(32,780円) 楽天市場(10,800円) 楽天市場(6,027円) 楽天市場(25,600円)

ファイアグリルテーブルは自作できる!

DIY好き・コストを抑えたい人に人気

ファイアグリルテーブルは自作することもできます。DIY好きな人は自分の理想のファイアグリルの台を作ってみましょう。

DIYする利点として、サイズや高さを自由に決められる点です。ローテブルタイプを作るもよし、コンパクトなサイズにするのもおすすめといえます。キャンプ場で自作のファイアグリルはオリジナリティがあって目立ちます。

材料・必要な道具

  • ヒノキなどの木材×15枚
  • ウエスタンレッドシダー×4本
  • オニメナット×4
  • ジョイント×4
  • 木ネジ必要数
  • 電動ドライバーorインパクトドライバー

材料となる木材は、ホームセンターで安売りしている木材でOKです。また、自分が作る寸法に合わせてホームセンターでカットしてもらいましょう。

工具としては電動ドライバーがあればベストです。ホームセンターで穴を開けてもらえるか相談するのも選択肢になります。

作り方

  1. 木材を用意し、ウエスタンレッドシダーは必要な足の高さにカットする
  2. 2本のヒノキ板の裏に、カットしたヒノキ板を木ネジで止める(長辺パーツになる)
  3. その板に脚を止めるためのボルト穴をあけましょう
  4. 長辺パーツの長さに対して、半分ほどの長さのヒノキ板を同様にネジ止めする(短辺パーツ)
  5. 脚となる木材にオニメナットをつける
  6. 長辺パーツと短辺パーツを重ねてボルト止めする
  7. 脚を付ける
  8. 必要であれば塗装をしても良いでしょう

形状が囲炉裏型なので作るイメージは難しくありません。裏側の補強をしっかりとして、脚をつければ問題なく使用できます。

使い捨て前提ならば、無理に塗装せず、何度か使って処分してください。自作は安く仕上がる分、木材で作ると重くなりやすいです。このあたりは自作にするか、メーカー品のステンレス製などを購入するか迷うところになります。

自作する際の注意点

自作でDIYするのは自由に作れて楽しいです。工具さえあれば簡単ですし、木材のカットはホームセンターで購入するときに行ってもらいましょう。

DIYするときの注意点として、木材の重さに気をつけましょう。1つ1つの板は軽くても、セットすると意外と重くなります。キャンプ場に持っていく時に大変になるかもしれません。

自作する際は、焚き火のときに火が燃え移らないサイズにしましょう。ファイアグリルとして、少し中心から木材まで余裕がある作りがおすすめです。

また、DIYしたものは耐久性をしっかりと確認しましょう。自作すればそれほど費用がかからないので、キャンプで使うものはある程度で使い捨てするような使い方も選択肢となっています。

いきなりとても良いものを仕上げようと思うよりは、お試しで自作するぐらいの感覚のほうが作りやすいです。自分でオプションパーツをいろいろと装着するのも、DIYならではの楽しみ方です。

ファイアグリルテーブルのQ&A

購入する時の注意点はありますか?

大事なことは中央に置く焚き火台のサイズです。あまりファイアグリルと近すぎると、熱の影響を受けてしまうからです。ユニフレームのラージサイズの焚き火台などを使う場合は、ファイアグリルの内寸とのサイズに注意しましょう。

素材の違いは気にするべきですか?

ファイアグリルの素材は重さだけでなく、汚れに対しての強さも関係します。エンボス加工されているものは熱や傷に強く、バーベキューなどをしたときの片付けにも影響します。材質が木材のものは、やや焦げたような見た目に変化することがあるかもしれません。木材自体が燃焼することはよほどで無い限りありません。また、ステンレス製などは肉抜き穴のようなものがるものは、軽いだけでなく、フックなどをかけることができて便利です。

どういう人におすすめですか?

ソロキャンよりも、友人やファミキャンが多い人におすすめです。特に子どもがいるキャンプでは、焚き火に対しての柵の効果もあります。中央は焚き火をしないときは、荷物を置いて一時的な防犯代わりにするのも良いでしょう。ソロキャンプだと、持て余してしまうことがあります。

ファイアグリルテーブルでキャンプに団らんの場を!

ファイアグリルテーブルについて紹介しました。仲間や家族と一緒にアウトドアを楽しみたい人にとてもおすすめです。

囲炉裏型以外の組み合わせもおすすめで、安定感もあるので食事が取りやすいでしょう。夜中に焚き火をしながら、のんびりとコーヒーを飲む、というロマンチックな過ごし方もできます。

メーカーによっては色々とオプションパーツも販売されていますし、DIYで自作するのもおすすめです。ファイアグリルを用意して、キャンプに団らんの場をセッティングしましょう!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード