武井バーナー501Aの魅力に迫る!人気商品の使い方や入手方法は?

お気に入りに追加

武井バーナー501Aの魅力や使い方を紹介します!武井バーナー501Aの人気のポイントとなっている、火力の強さやコンパクトサイズについて解説。また、武井バーナー501Aのの使い方はもちろん、人気商品のためどんな方法で入手すれば良いか、アドバイスします!

武井バーナー501Aの魅力に迫る!人気商品の使い方や入手方法は?

目次

  1. 武井バーナー501Aの魅力や使い方を紹介!
  2. 武井バーナー501Aとは?
  3. 武井バーナー501Aの魅力
  4. 武井バーナー501Aの使い方
  5. 武井バーナー501Aのメンテナンス方法
  6. 武井バーナー501Aの入手方法は?
  7. 武井バーナー501Aの魅力や使い方まとめ

武井バーナー501Aの魅力や使い方を紹介!

アウトドア用ストーブとしておすすめな「武井バーナー501A」の、魅力や使い方を紹介します。夏の夜や寒い冬場に、武井バーナー501Aはとても火力が強くておすすめです。

いままでアウトドアは寒さを我慢するものと考えていた人も、武井バーナー501Aがあれば暖かく過ごせます。武井バーナー501Aの価格や使い方、購入方法、そして他のストーブとの比較も参考にしてください。

武井バーナー501Aとは?

老舗メーカーこだわりの携帯ストーブ

武井バーナーを販売している武井バーナー製造が設立されたのは、1928年のことでした。当初は小型船舶などに使われていた、焼玉エンジン用のトーチランプをメインに製造していたのです。

トーチランプとは、ハンディタイプのバーナーのことです。その後は、コテ焼き用のバーナーなどを製造するようになりました。

そして、キャンプ用の灯油バーナーとしてパープル・ストーブが誕生し、現在は武井バーナーが主力商品となっています。このように長い歴史を持つ老舗メーカーだけに、気になって入手する人が多くいます。

301Aセット・他メーカー類似品と仕様を比較

商品名

武井バーナー501Aセット

武井バーナー301Aセット

オムニストーブSI-57

マナスル121

画像

武井バーナー501A 武井バーナー301A オムニ SI-57 マナスル121

標準小売価格

78,000円

56,000円

52,580円

26,400円

重量

2.5kg

1.8kg

10kg

840g

燃料タンク

2.8L

1.2L

5L

0.4L

サイズ

190×370

160×330

360×380

190×190

連続燃焼時間

約8時間

約4時間

11~20時間

約2.5時間

商品リンク

楽天市場(85,800円) 楽天市場(61,600円) 楽天市場(33,880円) 楽天市場(27,499円)

武井バーナー501Aの魅力

バーナーにもヒーターにもなる

武井バーナー501Aの魅力を紹介します。同じ武井バーナーの301Aとの違いなども合わせて、その魅力を確認してください。

この製品はバーナーとしても、ヒーターとしても使えます。2つの使い方があることで、キャンプギアをコンパクトに揃えることができます。

キャンプ飯を作るためのバーナーとして、五徳とともに調理するのもいいですし、寒いときのヒーターにもなります。五徳に容器を乗せて、お湯を沸かしてコーヒーを飲むというのも良いでしょう。

燃料に灯油を使用

アウトドア用のバーナーには、ガソリン燃料系とガスカートリッジ式があります。その中で、武井バーナー501Aは灯油式です。2021年現在、灯油式のバーナーは非常に少なくなっています。

灯油を使うメリットとして、ホワイトガゾリンやガスよりも安全性が高いのです。また、燃料代が安いため、使えば使うほどお得です。こういった理由から、武井バーナー501Aを入手するユーザーが多くいます。

加圧計つきで安心

同じ武井バーナーの中で、武井バーナー501Aセットと武井バーナー301Aセットでは、付属品が異なります。

武井バーナー501Aセットには加圧計(圧力計)が付いていますが、武井バーナー301Aには付いていません。代わりにケースが付属している、という違いがあります。

加圧計は非常に便利な装置です。予備準備としてポンピングという操作が必要で、加圧計はその目安になってくれます。また、使っている最中に圧が下がってきた際の判断にもなるので、非常に重要です。

火力が強い

様々な使い方のできる武井バーナー501Aですが、火力が強いのが魅力です。アウトドアで暖を取るときに、火力が強いと身体がすぐに暖まります。

また、五徳を乗せて使うときに火力が強く、火が安定してくれるのです。ちょっとした調理を行う時に、安定した火力はスムーズな作業に繋がるでしょう。

五徳を乗せて、キャンプ飯を作るのはとてもおすすめです。火力も安定しているので失敗しづらく、すぐに調理できて、美味しい食事を堪能できます。

連続燃焼時間が長い

バーナーの燃料は灯油なので、燃焼時間が長く、価格も安いです。同じ灯油を使うキャンプギアと燃料を共有できるのも魅力です。コンパクトサイズなのに、非常に火力が安定して、長時間使用できます。

コンパクトサイズ

アウトドアで色々と道具を入手すると、どんどん荷物が嵩張ってしまいます。武井バーナー501Aはコンパクトサイズで、バーナーとストーブの両方の使い方ができます。

少しでも荷物を減らしたいソロキャンプにおすすめで、コンパクトサイズなので置き場所に困りません。場所を取らないサイズなので、邪魔にならないのは嬉しい点です。

武井バーナー501Aの使い方

武井バーナー501Aの使い方①事前準備

武井バーナー501Aの使い方を解説していきます。事前準備をしっかりとしておくことが大切なので、必ず忘れないようにしましょう。

まずは、武井バーナーのタンクに漏斗を使って、8~9分目ぐらいまで灯油を入れましょう。また、使う時に必ず内ホヤと外ホヤを、フレームプレートに装着しておくのを忘れないでください。

武井バーナー501Aの使い方②予熱

ここからが少しコツが必要になる行程です。武井バーナーを予熱するために、加圧計の目盛りを見ながら1.5kgほどになるまで、加圧を行いましょう。

この作業は「ポンピング」と言われるもので、加圧計がないと加減が分からなくて難しいです。501Aの場合は加圧計が付いているので、それを確認しながら加圧すれば問題ありません。

その後に予熱器のハンドルを開いて、燃料を出しましょう。このときに燃料は霧状に吹き出します。そして火を付けると予熱が始まるので、夏場は約3分、冬は5分ほど温めてください。

武井バーナー501Aの使い方③点火と消化

予熱が終わったら、調整ハンドルを開いて点火しましょう。自分が必要とする火力に調整してください。点火後はすぐに予熱器のハンドルを閉めるのを、忘れないようにしましょう。

点火させるときに、調整ハンドルを開きすぎると火が消えてしまいます。度か点火の練習をしているとコツが掴めるので、安心してください。

使っているときに圧力が下がってきたら、同じようにポンピングをしてください。頻繁にポンピングする必要はないので、火力が弱まってきたな、と思ってきたら加圧しましょう。

武井バーナー501Aのメンテナンス方法

武井バーナー501Aのメンテナンス①灯油の噴出口の清掃

バーナーを長く使えるようにするためには、メンテナンスが大切です。武井バーナーのメンテナンス方法を確認していきましょう。

灯油を使って火が着きますが、その際に噴出口がススなどで汚れていきます。武井バーナー501Aには、清掃用のニードルが本体に付属しています。

ハンドルを火力全開の位置からさらに左に回すと、ニードルが出てきます。このニードルは、灯油の噴出口を清掃するために付けられているパーツです。

バーナーを使っているときにこのニードルを出してしまうと、火が消えてしまうので気をつけましょう。あくまで、清掃のために付いているニードルなので、ハンドルの回しすぎに要注意です。

このニードルを何度か出し入れしてあげるだけで、噴出口の清掃はできます。使う前や使ったあとのメンテナンス方法として、忘れないようにしましょう。

武井バーナー501Aのメンテナンス②真鍮磨き

新品のような見た目を維持するために、真鍮磨きも行いましょう。ピカールなどの金属磨きを入手して使う方法がおすすめです。

金属磨きの使い方は簡単で、柔らかい布にピカールを適量取り、磨いてあげましょう。磨いているとバーナーの汚れが布側に移ります。最後はきれいな布で拭いて仕上げれば、完成です。

武井バーナー501Aのメンテナンス③赤火原因のチェック

バーナーをセットして点火した際に、青ではなく赤い炎で燃焼している場合は、何らかの不具合が起きています。

これは赤火と言われる炎で、ポンピングがうまくいっていないとき、燃料が足りていないときに起きます。また、内ホヤと外ホヤがズレているときにも発生します。火力が安定していないまま使うのは危険なので、原因をチェックしましょう。

まずは、バーナー本体のボルトなどにゆるみがないかチェックしてください。特にハンドルの付け根にあるボルトのゆるみが原因になりやすいです。

他にはフレームプレートと呼ばれる、トップ部分にあるお皿の歪みも原因です。五徳の上に重すぎるものを乗せると、歪むことがあります。フレームプレートが歪むような使い方をしないことが大切です。五徳をセットして使う人は、重いやかんなどを乗せないようにしてください。

メーカー修理・メンテナンスも活用しよう

フレームプレートが歪んだ場合、自分で直すのは困難です。その場合は、メーカー修理・メンテナンスを活用してください。

非常にアフターサービスがしっかりとしているメーカーなので、諦めずに相談することをおすすめします。費用もそれほど高価ではなく、期間も状態によりますが、2~3週間程度で返送されます。

武井バーナー501Aの入手方法は?

人気商品のため入手困難

おすすめキャンプギアである武井バーナー501Aですが、人気商品のため入手困難です。多くのサイトで在庫切れとなっており、購入するのも運が絡んでくる状況なのです。

特に五徳が付いていセットタイプがなかなか販売されておらず、単品のものが時々ネットで出回る程度という状況です。また、見つかっても価格が釣り上げられていたり、メンテナンスが不十分な中古品のこともあるため注意してください。

武井バーナー501Aの入手方法①実店舗

バーナーを購入するためには、いくつかの入手方法があります。まず、実店舗で探す方法です。キャンプギアを扱っているお店に訪れて、武井バーナー501Aが置いているか探しましょう。

入荷に関するお知らせをSNSで配信している店舗も多いので、定期的に検索をかけることをおすすめします。冬場は売り切れることが多いので、その他のシーズンに狙うと購入できるでしょう。

武井バーナー501Aの入手方法②Amazon・楽天など

ネットショッピングで販売されていないか、確認してください。Amazonや楽天など、在庫が補充される場合があります。

Amazonや楽天は、在庫が補充された段階でお知らせメールを送ってもらえるように設定できます。そのため、入荷されてもすぐに売り切れてしまうのです。

サイズ違いの301Aも同様に入手困難となっており、ネットでもレア商品といえるでしょう。また、価格を異常に高く設定するような個人出品もあるので、気をつけましょう。

武井バーナー501Aの入手方法③リサイクルショップ

時々、リサイクルショップでバーナーが見つかることがあります。五徳セットではない、単品のみの品も見つかっています。

五徳が不要な場合や、すでにバーナーを持っていて、単品で買い直したい人はそういったものを購入するのもありでしょう。五徳を他のもので代用するという方法もあるため、単品で価格が安ければリサイクルショップで買うのも選択肢の一つです。

リサイクルショップで購入する場合は、できるだけ状態を確認させてもらいましょう。価格が安すぎるものはジャンク品の可能性もあるため、要注意です。

武井バーナー501Aの入手方法④オークション・フリマサイト

最終的な入手方法として、オークションやフリマサイトで探す、というものがあります。リサイクルショップに売るよりも、直接売買するほうがお得な場合があり、オークションに出品する人が多いのです。

価格のバラツキが多く、実際に届いたものが思っていたよりも使い込まれていることもあります。安い価格に吊られて不良品になる場合もあり、トラブルも多いといわれています。

オークションやフリマサイトが必ずしも悪いわけではありませんが、買うときは適正価格のものを選ぶようにしましょう。また、不安な場合は出品者に質問しましょう。

武井バーナー501Aの魅力や使い方まとめ

武井バーナー501Aの魅力や使い方について、紹介しました。コンパクトなサイズで火力が強く、バーナーとしてもストーブとしてもおすすめです。

持ち運びやすいサイズなので、ソロキャンプにも使いやすいです。おしゃれなデザインで、耐久性も安心です。寒い冬を暖かく過ごせるバーナーなので、ぜひゲットして快適なアウトドアを楽しみましょう!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

ストーブ

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

人気のニッセンのストーブについて紹介します。ストーブの魅力のポイントとスペック、そして、特徴とQ&Aについても触れています。さらに、ニッセンのストーブの購入方法と、注意点についても解説します。これから購入する際の参考にしてください。

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

ストーブ

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

エスビットのポケットストーブの魅力について、触れています。エスビットのポケットストーブを使った、焚き火のやり方を徹底解説。さらに、キャンプに最適な活用方法を説明しています。また、焚き火をするときの注意点も詳しくまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

ストーブ

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

買って損はしない、G-stoveを紹介!G-stoveの魅力やオーブンの使い方、収納の便利さについて掘り下げていきましょう。テントを暖められたり、ピザを焼けることについても触れています。G-stoveが気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ストーブ

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ジュニアヒーターの代わりになる商品を紹介!また、生産が終了し、入手困難となっているジュニアヒーターの特徴や、入手方法についても詳しく解説しています。ジュニアヒーターや代用品を手に入れて、冬キャンをより快適に楽しむための参考にしてみてください。

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

ストーブ

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

Signstekのウッドストーブの使い方について解説します。Signstekのウッドストーブで、二次燃焼の炎を満喫するための方法を紹介!ウッドストーブの二次燃焼がさらに効率良く行われるための、改良方法についてもまとめたので参考にしてください。

関連するキーワード

ストーブの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード