DOD「ソトネノキワミ」は車中泊にもおすすめ!評判や寝心地は?

お気に入りに追加

DOD「ソトネノキワミ」はアウトドアや車中泊におすすめな理由を解説します。ソトネノキワミの魅力や特徴、寝心地に関して細かく説明!ソトネノキワミのサイズの比較や価格、収納の仕方、そして購入する上での注意点もあわせて紹介します。

DOD「ソトネノキワミ」は車中泊にもおすすめ!評判や寝心地は?

目次

  1. DOD「ソトネノキワミ」が人気!
  2. ソトネノキワミの魅力・評判
  3. ソトネノキワミの種類
  4. DODのソトネノキワミ以外のおすすめグッズ3選
  5. ソトネノキワミの注意点
  6. ソトネノキワミは車中泊に使えて寝心地も抜群!

DOD「ソトネノキワミ」が人気!

キャンプなどでのんびりと疲れを癒やしたい、という人はDODの「ソトネノキワミ」がおすすめです。

テントなどのアウトドア商品を扱っているDODのソトネノキワミは、ユニークな名前が印象的です。そんなユニークな名前に負けない寝心地の良さを解説していきます。

いままでアウトドアで気持ちよく寝れなかった人も、ソトネノキワミなら寝心地抜群で快適な朝を迎えられるでしょう。DODの人気商品であるソトネノキワミに注目しましょう。

ソトネノキワミの魅力・評判

ソトネノキワミの魅力・評判①極厚で寝心地抜群

ソトネノキワミは厚さ10センチの極厚ウレタンが評判です。また、表面は伸縮性のあるポリエステル素材となっており、寝心地や触り心地も抜群となっています。

しっかりとした厚みによって、身体の重みを受け止めてくれるのです。キャンプなどの堅い地面でも、寝心地の良さを得られます。

ソトネノキワミの魅力・評判②自動膨張式

DODは様々な技術をアウトドアギアに活かしています。ソトネノキワミの場合は「オートマチックエアバルブ」という技術が使われています。

これは、バルブを開けることで内部のウレタンが自動膨張する、というものです。バルブを開けておけば自然と膨らんでいくので、その間に他の準備ができます。

また、仕上げに付属のエアポンプ付き枕で空気を入れられます。枕は空気の入れ具合で高さ調節ができるので、自分にあった状態にできるのも魅力です。

ソトネノキワミの魅力・評判③エアバルブが付いている

逆に片付けるときは、エアバルブを排気モードにすることで、空気が抜けてコンパクトに片付けられます。出すときも収納するときも、ワンタッチなのは非常に嬉しいポイントです。

ソトネノキワミの魅力・評判④コットン素材のシーツ

マットのシーツ部分には肌に優しく、汗や湿気などにも耐性のあるコットンが使用されています。どうしても夏場などは湿度で生地とのベタベタ感が気になりますが、コットンはそういった問題を和らげてくれる素材です。

ソトネノキワミの魅力・評判⑤専用の収納キャリーバッグ付き

アウトドアでは荷物が多くなり、片付けが大変なこともあります。ソトネノキワミには、専用の収納キャリーバッグが付いています。

サイズもゆとりがあり、入れやすくコンプレッションベルトが付いているのでコンパクトに収納できます。肩から下げられるので持ち運びも簡単で、収納や撤収作業に時間がかかりません。

ソトネノキワミの魅力・評判⑥丸洗いが可能

夏の寝汗などで汚れたマットをそのまま使うのはイヤ、という人もいるでしょう。ソトネノキワミは、シーツが丸洗いできるので、いつでも清潔な状態で使用できます。

こういった特徴を持っていることから、ソトネノキワミはキャンプや車中泊など、様々なアウトドアで活躍します。撤収のしやすさも魅力で、女性も扱いやすいキャンプギアです。

ソトネノキワミの種類

ソトネノキワミ【Sサイズ】

サイズ

(約)W80×D208×H10cm

重量(付属品を含む)

(約)4.6kg

価格

17,800円

ソトネノキワミは3サイズ販売されています。その中で最もコンパクトなのがソトネノキワミSです。大人一人がちょうど眠るのに良いサイズとなっており、男性でも満足できます。

ソトネノキワミ【Mサイズ】

サイズ

(約)W115×D208×H10cm

重量(付属品を含む)

(約)6.3kg

価格

20,480円

ソトネノキワミMサイズになると、セミダブルサイズになります。大人1人でのんびりと転がるか、小柄な大人2人におすすめです。

また、大人1人と子ども1人が一緒に寝るのもよいでしょう。荷物にゆとりがある、1人でのんびりと余裕のあるサイズにしたい人は、こちらのソトネノキワミMが最適です。

ソトネノキワミ【Lサイズ】

サイズ

(約)W138×D208×H10cm

重量(付属品を含む)

(約)7.5kg

価格

23,800円

もっともサイズが大きいソトネノキワミLは、ダブルサイズに近い形となっています。このサイズなら大人2名でも十分なサイズです。

大きなサイズになっても基本的な機能は同じなので、テッシュもしやすく、収納しやすいキャリーバッグが効果を発揮します。

それぞれのサイズを参考に、自分のテントと大きさを照らし合わせるのが大切です。テントのサイズよりも大きいものは無理がありますし、車中泊でも片付けが大変になります。

DODのソトネノキワミ以外のおすすめグッズ3選

DODのおすすめグッズ①

出典: 楽天市場
DOD
ザ・ワンタッチテント(L)
40,789円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
組み立て簡単なテント

テントの組み立てが苦手という人にもおすすめなのが、DODのザ・ワンタッチテントです。一体型になっているので、紐を引っ張るだけでテントが組み立てられます。また、前室にポールを通すだけでOK!組み立ても撤収も楽ちんなので、アウトドア初心者に最適です。

サイズ(組立てサイズ) (約)W310×D510×H215cm
重量(付属品を含む) (約)11.5kg
女性
女性

専門的な知識は不要

評価:

テントを組み立てるのは難しいイメージがあったのですが、このワンタッチ式なら簡単です。グランドシート付きなので、小石や雨水からテントを守ってくれます。

DODのおすすめグッズ②

出典: 楽天市場
DOD
ソトネノサソイ M
9,787円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
よりコンパクトで手軽なマット

ソトネノキワミをよりシンプルにしたのが、ソトネノサソイです。オートマチックエアバルブなどの機能を備えており、連結システムで複数のマットを繋げることができます。よりコンパクトなマットで、車中泊などにも利用しやすいのが魅力です。

サイズ (約)W60×D192×H4.5cm
重量(付属品を含む) (約)24kg
男性
男性

サブとしておすすめ

評価:

他の寝袋やマットのサブとして、ソトネノサソイを購入してみました。ソトネノキワミも気になりましたが、よりコンパクトでソロ用として使いやすいと思います。片付けも簡単なので、気軽に使えて寝心地も良くて気に入っています。

DODのおすすめグッズ③

出典: 楽天市場
DOD
いつかのタープ
11,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
扱いやすいオープンタープ

他のDOD商品と同じく、コンパクトで撤収しやすい軽量な商品になっています。オープンタープは、自然を感じながら快適なキャンプができるアイテムです。自然の中に溶け込むカラーとなっており、金具もメイン用とサブ用が分かりやすい見た目に作られています。設営から撤収までが、とても簡潔になっているキャンプギアです。

サイズ (約)W420×D410cm×H230c
重量(付属品を含む) (約)5.4kg
男性
男性

ゆったりとした空間で満足

評価:

DODの他の商品も使用したことがありますが、軽量でコンパクトなものが多いです。撤収のことも考えた作りとなっており、扱いやすいと思います。オープンタープは開放感があって、自然を感じられるのでおすすめです。

ソトネノキワミの注意点

ソトネノキワミの注意点①値段が高い

ソトネノキワミの注意点やデメリットも確認しましょう。ソトネノキワミの評判の中には、魅力を感じるものの、値段が高いと感じる人も多くいました。

価格はSサイズが17,800円、Mサイズが22,000円、Lサイズは23,800円となっています。品質の評判はいいものの、価格的に他のキャンプギアを優先する人も多いのです。

まずは、テントやテーブル、バーナーやストーブなどを優先するのも選択肢のひとつです。特に他のサイズと組み合わせて購入すると、思っているよりも価格が高く感じる場合があります。

ソトネノキワミの注意点②片付けが大変

撤収するときは、ソトネノキワミの排気モードにすると空気が抜けて片付けられます。しかし、しっかりと空気抜きをするのに、少しコツがあります。

排気モードにするだけで完全に空気が抜けるわけではなく、丸めて潰しながら押し出していくような作業が必要になります。特にLサイズは他のサイズと比較しても、撤収作業に労力を感じるでしょう。

ソトネノキワミの注意点③重くて大きい

ソトネノキワミは少しでも軽量にするため、中を肉抜きしています。しかし、それでも重くて大きいと感じることがあります。

実際に他のキャンプギアと大きさを比較すると、テントと変わらないサイズになります。他の荷物と合わせて用意すると、意外と大きいと感じることもあります。

ソトネノキワミの注意点④穴が空くこともある

付属品の中に簡易補修用パッチがあります。この付属品があるように、ソトネノキワミはウレタンに穴が空いて、空気が漏れてしまうことがあるのです。

他のエアマットなどと比較すると生地が厚いため、穴が空くことは少ないといえます。それでも、穴が空いてしまっては空気がしっかりと入りません。

簡易補修用パッチが付属しているものの、接着剤は別売りとなっているので忘れがちなのもマイナスポイントといえます。

ソトネノキワミは車中泊に使えて寝心地も抜群!

DODのソトネノキワミについて紹介しました。キャンプや車中泊に使えて、寝心地の評判もとても良い商品です。

膨らますときはバルブをひねるだけなので簡単!今までアウトドアで快適な睡眠は二の次、と考えていた人におすすめです。ソトネノキワミで快適な朝を迎えましょう!

100均の銀マットはキャンプにおすすめ!テントはもちろん車中泊にも便利

あわせて読みたい

100均の銀マットはキャンプにおすすめ!テントはもちろん車中泊にも便利

キャンプにおすすめの、100均銀マットの魅力を解説します。100均の銀マットをキャンプに導入することで得られる、様々な利点やサイズを調査しました。また、いろいろな100均の商品の中から、おすすめ商品をいくつか紹介します。

キャプテンスタッグのキャンプマットが優秀!車中泊にもおすすめ!

あわせて読みたい

キャプテンスタッグのキャンプマットが優秀!車中泊にもおすすめ!

キャプテンスタッグのキャンプマットについて解説します。人気の秘密である価格や、1人用又は2人用のマットの種類も説明します。車中泊、キャンプ、防災に使用できる、キャプテンスタッグのキャンプマットを購入する際の参考にして下さい。

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

インフレーターマットの人気ランキングTOP20!キャンプや登山におすすめ

マット

インフレーターマットの人気ランキングTOP20!キャンプや登山におすすめ

インフレーターマットの人気ランキングTOP20を紹介します。キャンプや登山時の睡眠を快適にサポートしてくれる、人気のインフレーターマットランキングTOP20をまとめました!インフレーターマットの魅力や選び方についても解説していますので、参考にしてください。

キャプテンスタッグのキャンプマットが優秀!車中泊にもおすすめ!

マット

キャプテンスタッグのキャンプマットが優秀!車中泊にもおすすめ!

キャプテンスタッグのキャンプマットについて解説します。人気の秘密である価格や、1人用又は2人用のマットの種類も説明します。車中泊、キャンプ、防災に使用できる、キャプテンスタッグのキャンプマットを購入する際の参考にして下さい。

100均の銀マットはキャンプにおすすめ!テントはもちろん車中泊にも便利

マット

100均の銀マットはキャンプにおすすめ!テントはもちろん車中泊にも便利

キャンプにおすすめの、100均銀マットの魅力を解説します。100均の銀マットをキャンプに導入することで得られる、様々な利点やサイズを調査しました。また、いろいろな100均の商品の中から、おすすめ商品をいくつか紹介します。

関連するキーワード

マットの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード