droproofの弾水コーティングの威力が凄い!防水スプレーとの違いは?

お気に入りに追加

droproofの弾水コーティングの威力について解説します!撥水性の高い弾水コーティングは長期にわたって効果を発揮しますが、どれだけの威力が感じられるのかを説明!弾水コーティングと防水スプレーの違いはどこにあるのか?についてもまとめたので、参考にしてください。

droproofの弾水コーティングの威力が凄い!防水スプレーとの違いは?

目次

  1. droproofの弾水コーティングの威力を調査!
  2. droproofの弾水コーティングの威力とは?
  3. droproofの弾水コーティングの料金・申し込みの流れ
  4. droproofの弾水コーティングに関するQ&A
  5. droproofの弾水コーティングの威力まとめ

droproofの弾水コーティングの威力を調査!

レインコートを着た子ども
RamonCliff

株式会社そらのしたが行っている「droproof弾水コーティング」について紹介します。専門の撥水加工技術を使うことによって、通常の防水スプレー以上の効果が期待できるのです。

弾水コーティングを行うことで、新品のときのような撥水性を取り戻してくれます。お気に入りのキャンプギアを、新品のときのような状態にしましょう。droproofの弾水コーティングの威力をチェックしてください。

droproofの弾水コーティングの威力とは?

弾水コーティングの威力①撥水性の持続力

droproofの弾水コーティングは、撥水性の持続力があります。高い撥水性を持っていても、すぐに効力が失われるようであれば意味がありません。

弾水コーティングは高い撥水性を長く維持できる構造となっており、安心して使うことができます。新品のような効果を継続して発揮できるのは、注目のポイントです。

弾水コーティングの威力②水のはじき具合

撥水性は抜群です。水をかけると、水滴が球体になるほどの撥水性をもっています。この球体になるほどの撥水能力のおかげで、すぐに水を弾いて、転がり落ちていってくれるのです。

弾水コーティングの威力③透湿性を損なわない

防水スプレーなどの中には、高い撥水性と引き換えに透湿性が失われるものがあります。droproofの弾水コーティングは、透湿性を損なわない処理が行われるのです。

冬登山などにおいて、汗などがうまく外に逃げせる構造となっています。droproofはゴアテックスなどに透湿性を損なわない処理が使われているのが魅力です。

droproofの弾水コーティングの料金・申し込みの流れ

スマホを操作する女性

【申し込み方】

  1. そらのしたの公式サイトから注文
  2. 施工希望品を発送、または直接店舗に持ち込む
  3. 預かり品をチェックされて料金が確定
  4. 料金に同意後、支払いを行う
  5. 施工後に発送されて、手元に届く

注文方法は難しくありません。そらのしたの公式サイトから、droproof弾水コーティングを申し込むだけです。

公式サイトに発送先などは記載されており、支払い方法はクレジットカード、銀行振込かのどちらとなっています。

たとえば、レインウェア・ハードシェルのジャケットとパンツをセットで行ってもらう場合は、価格が6,000円です。バックパックは50L以上で6,000円、ダウンジャケットは5,000円となっています。

droproofの弾水コーティングに関するQ&A

普通の防水スプレーと弾水コーティングは何が違うのですか?

防水スプレーに比べて、弾水コーティングは撥水性が持続します。高い撥水性は雨や雪山などに最適です。防水スプレーは洗濯をすると取れてしまうものが多いですが、弾水コーティングは30回を超える洗濯に耐えられます。ゴアテックスなどの素材に弾水コーティングを使用するのがおすすめです。また、防水スプレーに比べて、ムラがうまれにくいのも評価されているポイントといえるでしょう。

取り扱い不可のものはありますか?

ビンテージ品などはコーティングを断られる可能性があります。また、定価が10万円以上の商品は、高額商品取扱料として、3000円(税別)が必要です。

droproofの弾水コーティングの威力まとめ

レインコート
mintchipdesigns

そらのしたが行っているdroproofの弾水コーティングについて紹介しました。ゴアテックスなどの素材にも利用できるコーティングで、防水スプレーと違い、撥水性が長期間に渡って継続します。

夏場の突然の雨や雪山などに、弾水コーティングはとてもおすすめです。今まで防水スプレーを何度もするのが面倒だと感じていた人は、弾水コーティングを利用してみましょう!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード