冬キャンプにおすすめの電気毛布10選!寝袋と併用すれば暖かさ倍増!

お気に入りに追加

冬キャンプに外せない、電気毛布を紹介します。折りたためて電気カーペットよりも軽く、冬キャンプの必需品として注目される電気毛布の選び方も解説します。この記事では、後悔しない選び方とおすすめの電気毛布を厳選して紹介します。

冬キャンプにおすすめの電気毛布10選!寝袋と併用すれば暖かさ倍増!

目次

  1. キャンプで使える電気毛布を紹介!
  2. キャンプで使う電気毛布の選び方
  3. キャンプにおすすめの電気毛布10選
  4. キャンプにおすすめの電気毛布10選の比較表
  5. キャンプにおすすめの電気毛布Q&A
  6. 電気毛布があれば冬キャンプも快適!

キャンプで使える電気毛布を紹介!

テントの中の毛布

折りたたんで持ち運びができる電気毛布は、少しでも大きな荷物を減らしたいキャンプにピッタリのアイテムです。冬キャンプをする人にとって、なくてはならないアイテムの1つでしょう。この記事では、キャンプにおすすめの電気毛布の選び方や商品を紹介します。

キャンプで使う電気毛布の選び方

まずは、どのような電気毛布をキャンプに持っていくといいか、選び方から解説します。

電気毛布の選び方①サイズ

折りたたまれた電気毛布

選ぶときに最も大切なのは、サイズです。 寝袋やシュラフと一緒に使うのか、コットやテントに敷いてカーペットのように使うのか、用途によって選ぶサイズは変わってきます

寝るときに使うなら、寝袋やシュラフの中に入れて使えるサイズを選びましょう。体をすっぽりと包めるくらいの大判サイズがベストです。しかし、小さい寝袋やシュラフを使っている場合は、大きすぎないアイテムを選ぶ必要があります。

寝袋やシュラフと一緒に使うなら、180cm×130cm程度のサイズがいいといわれています。キャンプやアウトドアで使える毛布も、ニトリやネットで購入できます。同じ商品でも大きさの幅があるので、自分の目で確認してみましょう。

電気毛布の選び方②温度調節

3段階で温度調節できる電気毛布

キャンプやアウトドア用の毛布でも、安いアイテムの中には温度調節できないものがあるため注意しましょう。冬キャンプに持っていくなら、最低でも強・中・弱の3段階で温度調節できるものがおすすめです。ニトリなどには、もっと細かく温度調節できるアイテムがあります。

さらに高機能な商品は、室温センサーが付いています。温度を設定しておいても室温が下がれば自動で温度が上がり、室温が上がれば自動で下げてくれます。寝袋やシュラフと一緒に使うなら、温まりすぎて汗をかかないように、細かく温度調節できるものを選びましょう。

3段階で温度調節できるものは、メーカーや商品によって設定温度が違います。最高温度が50度のものもあれば、40度の毛布もあります。冬キャンプに持っていくなら、最高温度50度以上のほうが安心です。

温度調節できる範囲と、最高温度がどれくらいなのかは購入前に調べておくべきです。どれくらい温度に差があるのか、ニトリなどでチェックしてみるのもいいでしょう。 

電気毛布の選び方③生地

ブランケットタイプの電気毛布

普通の毛布でも、肌触りや重量が商品によって異なります。キャンプテントやコットに敷いてカーペットのように使いたいときも、寝袋やシュラフと一緒に使いたいときも、生地選びは大切です。

冬キャンプであれば、温かさが逃げにくいフランネルやコットンがおすすめです。うるおいがあってしっとりと肌になじむフランネル素材が、ニトリやネットでも人気があります。値段を下げたいのであれば、ポリエステルやアクリルの生地を選ぶのもいいでしょう。

値段が安くても、肌触りがいいものはあります。購入する前に自分の肌に合うかどうか確認したいのであれば、ニトリやキャンプグッズ専門店で手に取って購入するのもおすすめです。

電気毛布の選び方④洗濯のしやすさ

洗濯機のアップ
出典: www.photo-ac.com

キャンプやアウトドアで使ったものは、できれば丸洗いしたいもの。洗濯のしやすさで毛布を選ぶことも大切です。キャンプ地の泥や油などは、汚れが落ちにくいケースもあります。洗剤を使っての洗濯が大丈夫なのかも、購入前にチェックしておきましょう。

丸洗いができると表記されている毛布でも、カバーだけが丸洗いできるものや、洗濯機は不可というアイテムがあります。ヒーター部分を取り外せば、洗濯機で洗濯できるものもあります。

ニトリなどで安く購入しても、キャンプのたびにクリーニングに出さなければいけない毛布は、維持費がかかります。家で洗濯できる、丸洗い可能なものを選ぶといいでしょう。

キャンプにおすすめの電気毛布10選

冬キャンプに持っていける、おすすめの電気毛布を厳選して紹介します。充電式なのか、モバイルバッテリーで使えるUSB電源かなど、電源についてもチェックしていきましょう。

キャンプにおすすめの電気毛布①YAMAZEN

出典: 楽天市場
YAMAZEN
ミックスフランネル電気毛布
9,990円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ふわっふわで触っていたくなる肌触りが好評!

丸洗いが可能で肌触りが抜群の、ミックスフランネル素材の電気毛布です。大判サイズで、カーペットとして利用できます。保温性が高く、冬キャンプには持っていきたいアイテムの1つです。室温センサーが付いているので、温度が下がったら自動で温度を上げて調整してくれます。

サイズ 188cm×130cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント
30代/女性
30代/女性

キャンプ必需品に

評価:

ニトリで買おうかなと思ったけど、ネットで購入。家でも使うほどお気に入りのアイテムになりました。

キャンプにおすすめの電気毛布②SUGIYAMA

出典: 楽天市場
SUGIYAMA
電気ひざ掛けワイド
5,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

こちらは電気ひざ掛けですが、体をすっぽり包み込める大判サイズです。寝袋やシュラフの中で使う毛布や、コットやテント内に敷いてカーペットのように使えると好評。

SUGIYAMAの電気毛布は、薄手なのにしっかり温かくなり、使いやすいと口コミでも人気があります。3段階の温度調整が可能で、自動OFFタイマー付きです。

サイズ 160cm×120cm
生地 ポリエステル70%、アクリル30%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント(ポータブル電源が必要)
20代/男性
20代/男性

ちょうどいいサイズ!

評価:

とにかく大きいサイズが欲しくてネットで購入。思ったより小さかったけど、コットにピッタリだった。

キャンプにおすすめの電気毛布③LIFEJOY

出典: 楽天市場
LIFEJOY
フランネル電気掛け敷き毛布
7,280円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
温かさが体を包み込む!カーペットにもおすすめです

優しい肌触りのフランネル素材の毛布です。寝袋やシュラフと一緒に使える毛布としても、キャンプテントのカーペットとしても利用できます。

保温効果が高いので、冬キャンプにピッタリのアイテムでしょう。シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションで、男性にも女性にも人気があります。

サイズ 160cm×120cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント
40代/男性
40代/男性

温かくておすすめ

評価:

カーペットとして利用。足が温かくなる。ニトリにも同じようなの売ってたかも。

キャンプにおすすめの電気毛布④KOIZUMI

出典: 楽天市場
KOIZUMI
うるおい電気掛敷毛布
10,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
保湿性がアップしたうるおい毛布!寝心地がいいと好評

しっとりとした肌触りで人気の、うるおい電気掛敷毛布です。テント内に敷くカーペットやコットやシュラフで使える、大判サイズが人気です。また、キャンプでも家でも使えるひざ掛けサイズや、足元だけ温まる小さいサイズもあります。シンプルなデザインが好評室温センサー付きで、冬キャンプにおすすめです。

サイズ 188cm×130cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ 水洗い可能(手洗い)
電源 コンセント
30代/女性
30代/女性

ピンク色で可愛い!

評価:

ニトリで買おうと思っていたけど、ピンクが欲しくて一目惚れで購入。買って良かったです!

キャンプにおすすめの電気毛布⑤IRIS OHYAMA

出典: 楽天市場
IRIS OHYAMA
電気敷き毛布
4,378円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
サイズが豊富!最高温度50度で冬キャンプにもおすすめ

ニトリと同様、家電も扱っているIRIS OHYAMAの電気毛布です。安くて高機能だと、キャンパーに人気があります。ひざ掛けサイズもありますが、シュラフやコットで使うなら大判サイズを選ぶといいでしょう。USB電源ではないのでモバイルバッテリーでは使えませんが、その分パワフルです。室温センサー付きで、夜から朝まで温度を保ってくれます

サイズ 188cm×130cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント
20代/男性
20代/男性

電気毛布でこの値段は安い!

評価:

色々な電気毛布を見たけど、安い。安いから心配だったけど、使いやすいです。

キャンプにおすすめの電気毛布⑥Panasonic

出典: 楽天市場
Panasonic
電気かけしき毛布
8,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
室温センサーで温度自動調整が可能!抗菌防臭もできる電気毛布

室温センサーが付きで、37度から51度まで温度調節が可能です。大判サイズでカーペットとしてもコットで使うキャンプ毛布としてもおすすめ。天然由来のキトサンが使われているので、抗菌防臭効果があります

サイズ 188cm×137cm
生地 ポリエステル65%、アクリル35%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント
30代/男性
30代/男性

さすがPanasonic!

評価:

本当は充電式がよかったけど、Panasonicだし購入。キャンプでも温まります。

キャンプにおすすめの電気毛布⑦どこでもブランケット

出典: 楽天市場
スリーアップ株式会社
充電式どこでもブランケット
9,680円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コードレスでどこでも使える!USB電源の充電式毛布

USB電源の毛布で、キャンプ場に手軽に持っていけるモバイルバッテリーで利用できます。また、充電式で「強」なら2時間、「弱」なら6時間の使用が可能です。コードレス充電式なので、ケーブルが届かないキャンプ場でも使えます

サイズ 80cm×140cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ カバーは洗濯可能
電源 USB・充電式
20代/男性
20代/男性

USB・充電式で購入!

評価:

USB電源でモバイルバッテリーで使えるうえに、充電式ときいて購入。温かいけど色が可愛すぎるかも…。もうちょっと渋い色もあるといいな。

キャンプにおすすめの電気毛布⑧ON-LIFE

出典: 楽天市場
ON-LIFE
電気ひざ掛け
7,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
使い方自由自在!ポンチョ風にもなる電気毛布

キャンプでカーペットとして利用したり、寝袋やコットに敷いて毛布できます。寒いキャンプ場ではスカートのように腰に巻いて、防寒対策できるでしょう。また、ファスナーを開けて腕を通せば、ポンチョ風にもなります

サイズ 160cm×93cm
生地 ポリエステル50%、アクリル50%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント
20代/男性
20代/男性

男性でもピッタリサイズ!

評価:

ちょっと小さいかなと思ったけど、使いやすい。

キャンプにおすすめの電気毛布⑨KODEN

出典: 楽天市場
KODEN
電気毛布
14,080円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ニオイがさっと消える?消臭機能がついた電気掛敷毛布!

デオテックスという消臭機能がついた、電気掛敷毛布です。糸偏暖房器具で国内シェア上位といわれるKODENの電気毛布は、使いやすくて種類も豊富だと好評です。消費電力が少なく、キャンプにもピッタリのアイテムです。

サイズ 188cm×180cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 コンセント
30代/女性
30代/女性

寝心地が最高!

評価:

KODENがいいと聞いて購入しました。ふわふわの生地で寝心地が最高です!

出典: 楽天市場
HOMEFIT
電気ひざ掛け
4,910円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
モバイルバッテリーで温まる!コンパクトサイズの電気ひざ掛け

USB電源で、ポータブル充電器やパソコンに繋げば使える電気ひざ掛けです。充電式ではありませんが、小さなモバイルバッテリーはポケットに入れて使えます。コードレス毛布のようになると、キャンプ場でも人気です。最高温度は40度程度なので、春夏のキャンプに寝袋やコットと一緒に使うといいでしょう。

サイズ 94cm×94cm
生地 ポリエステル100%
洗濯のしやすさ 丸洗い可能
電源 USB
30代/女性
30代/女性

USBで使えます

評価:

USB電源ということで充電式かと思って購入しましたが、充電式ではありません。でも、小さなポケットがついていて、モバイルバッテリーを入れられるので便利。モバイルバッテリーを2個充電しておけば、24時間使えそう。

キャンプにおすすめの電気毛布10選の比較表

 ブランド名

YAMAZEN

SUGIYAMA

LIFEJOY

KOIZUMI

IRIS OHYAMA

Panasonic

スリーアップ株式会社 

ON-LIFE

KODEN

HOMEFIT

 画像

ミックスフランネル電気毛布 電気ひざ掛けワイド フランネル電気掛け敷き毛布 うるおい電気掛敷毛布 電気敷き毛布 電気かけしき毛布 どこでもブランケット 電気ひざ掛け 電気毛布 電気ひざ掛け

 製品名

ミックスフランネル電気毛布 

電気ひざ掛けワイド 

フランネル電気掛け敷き毛布 

うるおい電気掛敷毛布 

電気敷き毛布 

電気かけしき毛布 

どこでもブランケット

電気ひざ掛け

電気毛布 

電気ひざ掛け 

 特徴

・丸洗い可能

ミックスフランネル素材

・室温センサー付き

・S・M・Lサイズあり

・大判サイズ

・可愛いチェック柄

最高温度は約48度

・室温センサー付き

・カラーバリエーションが豊富

・フランネル素材

・細かく温度調節できる

足元が冷えやすい方におすすめ 

保湿性がある

・細かく温度調節できる

・静電気を軽減

・室内センサー付き

・大判サイズ

・室温センサー付き

・丸洗い可能

安くて初心者にもおすすめ

天然由来キトサンで抗菌防臭

・細かく温度調節できる

・最高温度は約51度

・室温センサー付き

・USB電源

充電して使える

・3段階温度調節

・巾着袋付き 

マルチな電気ひざ掛け

・スナップボタン付き

・細かく温度調節できる

・室温センサー付き

・大判サイズ

消臭機能デオテックス

・丸洗い可能

・細かく温度調節できる

・USB電源 

・温まるスピードが速い

ポケット付き

・毛玉が付きづらい

 商品リンク

楽天市場(9,990円) 楽天市場(5,980円) 楽天市場(7,280円) 楽天市場(10,800円) 楽天市場(4,378円) 楽天市場(8,800円) 楽天市場(9,680円) 楽天市場(7,980円) 楽天市場(14,080円) 楽天市場(4,910円)

キャンプにおすすめの電気毛布Q&A

キャンプ地で電気毛布の電源はどこからとるの?

充電タイプの電気毛布を使うか、 ポータブル電源をキャンプに持っていくといいでしょう。コンセントが付いているものは、アウトドア用のポータブル電源があると安心です。車から電源がとれる、USB電源の電気毛布もあります。車から電源をとるつもりなら、充電できる電気毛布を選びましょう。

車中泊用の電気毛布はあるの?

車中泊をするのであれば、シガーソケットから電源が取れる電気毛布を選ぶといいでしょう。 電源がDC12Vとなっているものが、シガーソケット用の電源です。車にUSBケーブルが繋げるなら、USB電源の電気毛布もおすすめです。

電気毛布があれば冬キャンプも快適!

折りたたまれた電気毛布

冬キャンプには、1枚電気毛布があると安心です。断熱をしていても、テント内は冷えていきます。体調を崩さないように、寝袋やコットに合わせて電気毛布も持ち物に加えましょう。購入する電気毛布で悩んだときは、おすすめ10選を参考にしてください。

鈴子.blue

この記事のライター

鈴子.blue

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード