ブッシュクラフトの焚き火フライパンがおすすめ!ワイルドでかっこいい

お気に入りに追加

ブッシュクラフトの焚き火フライパンについて解説します。軽さだけではない!普段使いにもおすすめの理由、気になる商品の評判についても紹介。ブッシュクラフトの焚き火フライパンの取っ手の付け方は?キャンプでのフライパン選びに迷っている方は、ぜひ読んでください。

ブッシュクラフトの焚き火フライパンがおすすめ!ワイルドでかっこいい

目次

  1. ブッシュクラフトの焚き火フライパンの魅力を紹介!
  2. ブッシュクラフトの焚き火フライパンがおすすめの理由
  3. ブッシュクラフトの焚き火フライパンの商品情報
  4. ブッシュクラフトの焚き火フライパンの取っ手の付け方
  5. ブッシュクラフトの焚き火フライパンをキャンプで使おう!

ブッシュクラフトの焚き火フライパンの魅力を紹介!

メスティンなどのギアを使って調理するキャンパー
chulmin1700

ブッシュクラフトの焚き火フライパンを知っていますか?キャンプシーンはもちろん、自宅でも使える魅力たっぷりのおすすめ鉄製フライパンです。

この記事では、ブッシュクラフトの焚き火フライパンの魅力を、気になるレビューも合わせて解説します。また、深さの違う2種類の商品についても合わせて紹介していきます。

ブッシュクラフトの焚き火フライパンがおすすめの理由

理由①取っ手づくりを楽しめる

ブッシュクラフトの焚き火フライパンは、フライパンに取っ手がついていないのが最大の特徴です。取っ手は現地で枝を拾って作るもよし、あらかじめ準備していくのもよし。世界に1つしかないオリジナルのフライパンを、手軽に作ることができます。

おすすめはキャンプごとに柄を現地調達すること。毎回違う見た目のフライパンができるので、飽きずに長く楽しむことができます。

理由②用途に合わせ取っ手の長さを変えられる

焚き火フライパンは取っ手を自作できるため、長さ調節の自由度が高いのも魅力です。軽い炒めものや、弱火でじっくり焼きたい料理は取っ手を短くしましょう。

反対に強い火力で豪快に焼きたい料理には、長い取っ手を付けてやけどを防止。用途に合わせて自在に取っ手を変えられるのは嬉しいですね。

理由③コンパクトに収納できる

帽子とリュックと登山靴の山登り道具

収納性の高さも魅力の1つです。フライパンに柄がついていないため、ザックの中で柄が引っかかることなく簡単に収納が可能。厚みも薄く作られており、出し入れのストレス無く使用できます。

また、ブッシュクラフトの焚き火フライパンには、見た目がおしゃれな収納用の麻袋がついています。おしゃれさとコンパクトさを両立した収納ができます。

理由④焼き入れが不要

吊りさげられたいくつものフライパン
Ernest_Roy

鉄製のフライパンを初めて使う際、通常であれば『焼き入れ』という油を引いてならす作業が必要になります。焼き入れをしないと料理が焦げついてしまったり、フライパンにくっついてしまうためです。

ブッシュクラフトの焚き火フライパンは、最初から焼き入れが済んでいるのが魅力。購入後に焼き入れの手間なく、すぐ使えるのはありがたいですね。

理由⑤ガスコンロ・IHでも使用可能

そして、ガスコンロとIHにも対応している焚き火フライパン。鉄製のフライパンは熱伝導性が高く、短時間で美味しく調理ができるというメリットがあります。そんな鉄製フライパンを家庭でも使えるのは嬉しいですね。

また、鉄製のフライパンは傷に強いです。タワシを使って汚れや焦げをゴシゴシとこすり洗いすることも可能で、手入れもしやすいです。洗剤もいらないためお財布・環境の両方に優しい点も高評価。

理由⑥軽量で持ち運びに便利

ブッシュクラフトの焚き火フライパンは、厚み約1.4mmと薄く作られています。厚みの軽減により、持ち運びに便利な軽さを実現。車の使えないキャンプにおいて装備の軽さは最重要項目の1つです。

フライパンが重くて装備に加えるのを泣く泣く断念…という悲しい事態も避けられますし、何より長時間の使用でも疲れず調理ができます。

ブッシュクラフトの焚き火フライパンの商品情報

ブッシュクラフト「たき火フライパン」

出典: 楽天市場
Bush Craft(ブッシュクラフト)
たき火フライパン
4,620円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
手軽に本格ブッシュクラフトが楽しめる一品

Bush Craft(ブッシュクラフト) の薄型鉄製フライパンです。自然にある枝をナイフで削って自分だけの柄にカスタマイズ…本格的なブッシュクラフトを手軽に楽しめる一品。工場出荷時に焼き入れ済み&留めネジ付属で、購入後すぐに使用可能です。厚み1.4mmの薄さで、505gの軽さを実現した安心の純国産品。

『100均のすりこぎ棒の先端を削って使用しています』との声もあり、取っ手づくりの自由さも魅力です。

直径 約225mm
深さ 約18mm
取っ手差し込み径 約24mm
重量 505g
男性
男性

スキレットより便利です

評価:

厚みが薄くスキレットより軽量。柄もないのでキャンプの荷造りが楽になりました。毎回木の枝を探してくるのは大変ですが、売っている薪でも作れるし、それも楽しみの1つです。キャンプがより楽しくなりました。

ブッシュクラフト「たき火フライパン深め」

出典: 楽天市場
Bush Craft(ブッシュクラフト)
焚き火フライパン深め
5,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
キャンプ料理のレパートリー充実の深めフライパン

焼くだけじゃない!本格焚き火フライパンの深めバージョン。深さがあるので煮もの、汁もの、揚げもの、チャーハン…様々なレパートリーのキャンプ料理が楽しめるフライパンです。

通常タイプと同様、おしゃれなリボン付き麻袋とアンティーク調の留めネジが付属しており、プレゼントにもぴったり。使うごとに味が出るため、育てる楽しみがあるのも魅力です。

直径 約240mm
深さ 約55mm
取っ手差し込み径 約24mm
重量 705g
男性
男性

焼くだけじゃない

評価:

深さがあるため、野菜とシーフードに白ワインをドバっとかけるという煮立てる系の料理もできます。冬のキャンプで暖まり汁ものを食べるのは最高ですよ。

ブッシュクラフトの焚き火フライパンの取っ手の付け方

用意するもの

ナイフ
  • フライパン本体
  • ナイフ
  • ヒートンねじ(購入時の付属品)
  • 適当なサイズの生木

ナイフは枝の先端を削るのに使用します。ヒートンネジは本体に2つ付属していますが、このネジを別のものと差し替えるのも自分専用感が出ておすすめです。 

取っ手の付け方手順

キャンプ 調理
clemono Unsplash
  1. 適当なサイズの生木を見つける
  2. ナイフを使い、生木の先端をフライパンの挿入部より少し細く削る
  3. 先を削った生木をフライパンに挿入する
  4. 付属のヒートンねじでを固定する

フライパンの挿入部はテーパー状になっており、ナイフで微調整がしやすい形です。ヒートンネジが無いときは、木釘(クサビ)を自作する方法もあります。

木釘が差し込めるよう生木の先端に割れ目を入れ、小枝をフライパンの穴に差し込んで固定します。初心者には少しむずかしい方法ですが、いざというときに知っておくと損はありません。

ブッシュクラフトの焚き火フライパンをキャンプで使おう!

焚き火と煙
Artem_Apukhtin

ブッシュクラフトの焚き火フライパンの紹介をしました!本格的なブッシュクラフトを手軽に楽しめるだけでなく、自宅でも美味しい料理が作れるのも焚き火フライパンの魅力。

あなたもブッシュクラフトの焚き火フライパンを手に入れて、自分だけのオリジナルのギアを作りませんか?

寺田 翔

この記事のライター

寺田 翔

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

キャンプにおすすめの鍋18選!おしゃれな道具で美味しい料理を作ろう

食器・調理器具

キャンプにおすすめの鍋18選!おしゃれな道具で美味しい料理を作ろう

直火で使えるキャンプにおすすめの鍋を18選紹介!クッカーやダッチオーブンについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。また、キャンプで作れる簡単鍋レシピの詳細も掘り下げているため、料理好きのキャンパーも必見です。

クッカーおすすめ8選!炊飯はもちろんアウトドア料理にも使えて便利

食器・調理器具

クッカーおすすめ8選!炊飯はもちろんアウトドア料理にも使えて便利

おすすめのクッカーを8選紹介します。キャンプやアウトドアで、炊飯などのアウトドア料理を作るために、必要なクッカーをまとめました。また、購入時に失敗しないように、クッカーの選び方も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ユニセラ熱燗あぶり台の魅力は?基本スペックと活用アイデアも!

食器・調理器具

ユニセラ熱燗あぶり台の魅力は?基本スペックと活用アイデアも!

ユニセラ熱燗あぶり台の魅力について紹介します。熱燗あぶり台のスペックや使い方から、熱燗あぶり台と炉ばた焼器炙りやとの相性についても解説。さらに、ユニセラ熱燗あぶり台の活用アイデアから、キャンプの楽しみ方をまとめましたので、ぜひ購入の際の参考にして下さい。

 ゴートレンジのチタン製マグカップが優秀!キャンプや登山におすすめ

食器・調理器具

ゴートレンジのチタン製マグカップが優秀!キャンプや登山におすすめ

ゴートレンジのチタン製マグカップについて解説します。マグカップのスペックや評判についてもaわせて紹介。また、ゴートレンジのマグカップについてのよくある質問はQ&A形式で回答しているので、ぜひ参考にしてください。

燻製器おすすめ18選!キャンプ・自宅で使える便利なアイテム紹介

食器・調理器具

燻製器おすすめ18選!キャンプ・自宅で使える便利なアイテム紹介

燻製器のおすすめ製品を紹介します。キャンプだけでなく自宅でも使える製品を含めてまとめました。初心者でも挑戦しやすいスモーク方法も解説。燻製器の素材や形状による違いなど、選び方も説明しています。コールマンやSOTOなど人気メーカーのアイテムも要チェックです。

関連するキーワード

食器・調理器具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード