Amazonベーシックテントをキャンプで使おう!使い勝手や評判は?

お気に入りに追加

Amazonベーシックテントについて紹介します。Amazonベーシックテントの仕様や評判、使用に際して注意すべき点などを分かりやすくまとめました。Amazonベーシックテントの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonベーシックテントをキャンプで使おう!使い勝手や評判は?

目次

  1. Amazonベーシックテントが気になる!
  2. Amazonベーシックテントとは?
  3. Amazonベーシックテントの評判は?
  4. Amazonベーシックテントでキャンプをしよう!

Amazonベーシックテントが気になる!

Amazonベーシックテントは初心者でも簡単に設営ができる為、初めてキャンプに行くという方にはうってつけ。まずは一通り最低限のアイテムを揃えたいと思ったらベーシックテントは買って損はないですね。

まだキャンプ初心者の方や、とりあえずキャンパーを体験してみたいという人に人気なのは、こういった理由です。

Amazonベーシックテントとは?

アウトドアやキャンプ好きな人の間でひそかに興味を持っている人がいると言われるAmazonのベーシックテント。形はドーム型です。テントで検索しているとちらほらヒットするキーワードです。一体どんなテントなのでしょうか。

Amazonのプライベートブランドから発売されたテント

ドームテント
bhossfeld

Amazonベーシックから発売された注目のテントです。某有名アウトドアメーカーのテントと変わらぬ機能でありながら、価格がとってもお安いのが人気の理由です。

とりあえずキャンプを体験してみたい方だと、いきなり本格的なテントを買うには躊躇してしまうでしょう。そんな時にAmazonベーシックテントは、「とりあえず買ってもいいかな」と思えるアイテムです。

仕様と価格

キャンプ
Free-Photos

サイズ

価格

4人用

2.7×2.1m

6,056円

8人用

4.6×2.7m

9,328円

 Amazonベーシックテントには、4人用と8人用サイズがあります。それぞれ大きさと価格は、このようになっています。 

家族4人だからと4人用ではなく、8人用を選ぶ方良さそうです。8人用とはなっていますが、実際8人が寝泊まりするには少し狭すぎるサイズです。荷物を置いたり、小さなお子様がいる方だと、広い方が使い勝手も良さそうです。

価格の方も他のアウトドアブラントの6人用のテントの場合、10万を軽く超える事があります。その点、Amazonベーシックテントが非常に安いという事が、分かるのではないでしょうか。

アウトドアには興味があるけど、まだ本格的な道具を揃える勇気がないという方には本当にぴったりの商品です。

ラインナップと特徴

テント
FabricioMacedoPhotos
  • 換気のための後部窓とメッシュパネル
  • 日差しと雨から守るレインフライシート
  • 組み立て説明書と収納バック付き
  • 極端な天候の変化は除いて3シーズン使用可
  • 耐水性のある生地を使用
  • Amazonベーシックの1年限定の保障付き

Amazonベーシックテントは通気性をよくするために後部に窓があり、フロントのドアはメッシュ仕様になっています。また一続きのポールスリーブなので、ポールを通すのも簡単にできます。

組み立て説明書を見ながら、テントのセットアップが短時間でできるのが魅力ですキャリーバック付きなので、付属品もまとめて保管できて持ち運びも便利になっています。

Amazonベーシックテントの評判は?

コールマンに似たデザインでコスパ抜群

キャンプと言えばコールマンと言われるぐらい有名なブラントです。Amazonベーシックテントは、このコールマンのドーム型テントに見た目も仕様も似ています。夏場や行楽に持っていくなら、Amazonのベーシックテントで十分活躍しそうです。

雨や湿気には弱い

テント 雨
JerzyGorecki

価格や見た目などではかなり評判がいいドーム型テントなのですが、口コミの中には注意すべき点もありました

30代 男性
30代 男性

悪天候には弱い

評価:

フライシートが小さいため、横から打つような雨には弱いです。メッシュ部分から雨がテント内に侵入してきます。

そのような悪天候の日は他のテントを使うか、大人しくおうちキャンプにするのがいいですね。

30代 女性
30代 女性

広いし通気性がいいけどしかし

評価:

夜になり風が吹き荒れてきて天井のフライ面積が中途半端でフックで掛けるだけのため外れて暴れ出しテントがゆがんでつぶれそうになりました。

Amazonベーシックテントでキャンプをしよう!

車中泊
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

総合的にみると、Amazonベーシックテントの評判は上々でした。ただし、冬の寒い時期や悪天候の日には向いていないようです。

キャンプは大抵は気候のいい天候も事前にチェックしてから出発することの方が多いので、このAmazonベーシックテントでも十分対応できそうですね。キャンプ以外にもテントがあれば、色々な用途があるので購入してみてもいいでしょう。

ttyhkoo1063

この記事のライター

ttyhkoo1063

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

テント

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

ハイランダーのTCテント、アルネスを紹介します。人気のキャンプアイテムメーカーハイランダーのアルネスの特徴やスペックなどについて、口コミも交えて解説します。また、設営方法などについても説明しているので、テント購入を考えているならぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード