イエティのバケツの使い方やサイズは?クーラーやゴミ箱としても活用できる

お気に入りに追加

イエティのバケツの使い方やサイズについて解説します!イエティのバケツは、キャンプや釣り、家庭など様々な使い方ができるので、その活用法を紹介しています。オプション品を購入すれば、さらに用途が広がるので、イエティのバケツを最大限に活用したい人は参考にしてください。

イエティのバケツの使い方やサイズは?クーラーやゴミ箱としても活用できる

目次

  1. イエティのバケツが万能だと話題!
  2. イエティのバケツ「ロードアウト5ガロンバケツ」の特徴
  3. イエティのバケツ「ロードアウト5ガロンバケツ」の使い方
  4. イエティのバケツをキャンプで活用しよう!

イエティのバケツが万能だと話題!

アウトドアで使えるタフなイエティのバケツを紹介します。バケツといっても、どれも同じということはありません。アウトドアでタフに使える万能なイエティはとても重宝します。

イエティはバケツとしてだけでなく、保冷効果でクーラーボックスとしての役割や、ゴミ箱としても活用できるのです。万能バケツの使い方やサイズ、種類を参考にしてください。

イエティのバケツ「ロードアウト5ガロンバケツ」の特徴

イエティ「ロードアウト5ガロンバケツ」の商品紹介

出典: 楽天市場
YETI COOLERS
ロードアウト 5ガロンバケツ
7,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
万能バケツはアウトドアの味方

アウトドアに耐えられる耐久性を持ち、バケツとしての運搬だけでなく、クーラーボックスとしても利用できます。キャンプだけでなく、家庭でガレージに使うのも良いでしょう。キャンプのときに、簡易テーブルとしても使えます。

サイズ 40.3×32.7×26.0cm
重量 2.6kg
材質 ポリエチレン
男性
男性

サイズがちょうど良い

評価:

とにかく丈夫でデザインがかっこいいところが気に入っています。簡易の保冷クーラーボックスとしても使えますし、家ではゴミ箱代わりにも。タフなのでアウトドアでサイドテーブルや椅子がわりにすることもあります。豊富な使いみちでおすすめです。

有名なクーラーボックス同様タフなツール

ロードアウト5ガロンバケツを販売しているイエティは、2006年に設立された、アメリカのブランドです。

もともとは、クーラーボックスやタンブラーをメインに扱っていました。非常に頑丈で保冷力も高い製品を扱っていたことで注目を集め、その技術をアウトドアバケツにも活かすことになったのです。

クーラーボックスなどの保冷力や耐久性に信頼があったことから、アウトドアバケツもすぐに人気となりました。通常のバケツとは異なる、様々な使い方に耐えられるのが一番の魅力といえるかもしれません。

おしゃれなデザイン

バケツと聞くと、少しチープなイメージを浮かべるかもしれません。ところが、イエティのバケツは非常におしゃれなデザインとなっており、見た目の人気も高いのです。

カラーリングも豊富なので、豊富な用途だけでなく、インテリアとしてもおすすめです。釣りなどに持っていっても、周囲の目を惹くおしゃれなデザインといえるでしょう。

魅力的なオプション①リッド

ロードアウト5ガロンバケツの魅力として、豊富なオプションに注目してください。オプションによるカスタムで、より使いみちの幅を広げられるのです。

オプションの1つである「リッド」は、頑丈でおしゃれなデザインの蓋になります。椅子として座れるようになるのですが、重さに耐えられるようにハニカム構造となっているのがポイントといえます。

ハニカム構造は見た目は蜂の巣のようになっており、軽量で強度を生み出すことができるのです。装着しやすく、取り外ししやす構造になっているのも、嬉しいポイントになります。

見た目のおしゃれさだけでなく、頑丈な蓋であり、人気のカスタムになります。イエティを購入する際に、このオプションをセットにする人も多くいるのです。

魅力的なオプション②ギアベルト

「ギアベルト」はバケツの周囲に取り付けるカスタム品です。たくさんのポケットがついたベルトで、釣りのときなどに小物を入れておくことができます。

自作もおすすめですが、オフィシャルなオプションはサイズもぴったりで、耐久性があります。せっかくイエティのバケツを購入したなら、オプションでより快適に使えるようにするのが良いでしょう。

魅力的なオプション③キャディ

バケツをより快適に使うなら、「キャディ」というカスタム品を購入しましょう。簡単にいうと中を仕切るアイテムのことです。

このように3つのカスタム品を購入することで、様々なアウトドアでバケツが活躍するようになります。

デフォルトの状態で使うのも良いですが、クーラーボックスやゴミ箱、魚釣りにテーブルなど、多用途に使うならオプションのアイテムを購入しましょう。

イエティのバケツ「ロードアウト5ガロンバケツ」の使い方

使い方①水を汲む

ロードアウト5ガロンバケツの使い方や使いみちを紹介します。まずは、バケツの一般的な使い方である、水を汲むためです。5ガロンは約18Lなので、十分すぎるぐらいに水を汲むことができるでしょう。

使い方②ジャグと組み合わせる

蛇口から流れる水
Skitterphoto

イエティとジャグを組み合わせるのも便利です。ジャグというのは、蛇口の付いた水を入れておく容器のことです。

蛇口をひねると中に入れておいたものが出てくるので、給水や沸かすためのお水が出てきます。バケツを蛇口の先に置いて受け皿にしたり、上に載せて台がわりにすると便利でしょう。

使い方③テーブルや椅子・踏み台として

非常に耐久性のあるイエティのバケツは、テーブルや椅子、そして踏み台として利用できます。メーカー自身が踏み台としての使用用途を解説しており、最大で約136kgに耐えられるそうです。

さきほど紹介した、カスタム用の蓋を購入すれば、テーブルや椅子としても使えるでしょう。できる限り荷物を減らしたい、ソロキャンパーにおすすめといえるかもしれません。

使い方④ゴミ箱として

緑のゴミ箱
Alexas_Fotos

アウトドアはもちろんですが、普段は家でゴミ箱に使うという方法も。洗う手間を減らしたい場合は、ビニール袋をセットして使うのがおすすめです。

キャンプ飯を楽しんでいるときに、イエティをゴミ箱として使う人も多くいます。おしゃれなデザインなので、自宅でゴミ箱として使っても、かっこいいです。

使い方⑤薪入れとして

薪
hide10

キャンプで薪やフェザースティックを使って、火起こしをする人も多いでしょう。薪は地面の水分や結露などで濡れてしまうと、なかなか着火しにくくなります。

火起こしをするまでの間に、バケツを薪入れとしても使いましょう。ただし、バケツ自体の耐火性は高くないので火の近くには置かないようにしてください。

使い方⑥フードコンテナ・小物入れとして

食べ物の入ったカゴ
Free-Photos

荷物入れとしてバケツを使うのも良いでしょう。アウトドアで使う食料や小物を入れて、現地まで持っていくと便利です。

オプションの蓋をしておけば、虫が入ったり、野生動物に食べられたりする可能性も減ります。まとめて小物をイエティに入れておけば、探す手間も省けるでしょう。

中にはキャンプ飯を作る際に、料理の下準備として使う人もいるのだとか。食材を中に漬ける、という方法を編み出している人もいました。大きなサイズの鶏をまるごと入れておくこともできるので、大人数の料理を用意するときに最適です。

使い方⑦釣り道具・魚を入れる

釣り
K_Malik

キャンプだけでなく、釣りにもこのバケツは有効です。ギアベルトを購入して、ルアーなどの道具を入れておけば、とても便利といえます。

また、魚が釣れたら、そのままバケツに入れることもできるのです。頑丈で安定感があるので、海釣りにも最適でしょう。

使い方⑧氷水を張って簡易クーラーとして

さきほどの釣りのときにもおすすめの使い方ですが、イエティに氷や氷水を張っておけば、簡易クーラーボックスとして使用できます。

キャンプのときは、飲料を入れておけば、冷たい飲み物を楽しめます。夏場は食材が腐ることを防ぐことになるので、簡易クーラーボックスは非常に重要です。安心安全のためにも、イエティのバケツは人気といえます。

保冷機能が欲しい場合は「タンク45」がおすすめ

出典: 楽天市場
YETI COOLERS
タンク45バケツクーラー
48,037円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
パーティー現場でも大活躍

パーマフロスト断熱構造となっており、保冷機能がアップしたバケツです。350mlのドリンクが56本入るサイズなので、パーティー現場で大活躍するでしょう。また、結露が起きにくい素材になっており、底面は滑り止め加工されています。

サイズ 53.3x53.3x41.3
容量 350mlが56本入る
女性
女性

友人たちとの集まりで使っています

評価:

サイズが大きいので、運ぶときは2人必要ですが、容量が多くて便利です。夏場に仲間たちとアウトドアをするときに重宝しており、飲み物が最後まで冷えているのが嬉しいです。保冷効果はばっちりでした。5ガロンバケツと合わせて使うのもおすすめ!

イエティのバケツをキャンプで活用しよう!

イエティのロードアウト5ガロンバケツについて紹介しました。イエティのバケツはキャンプはもちろん、家庭や魚釣りなどでも大活躍です。

頑丈で耐久性もあり、オプションを使ったカスタムでさらに使い方が広がります。ソロキャンプにもグループキャンプにも最適なので、イエティのバケツを活用してみてください!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード