スノーピーク「タクード」の魅力に迫る!フジカハイペットより人気?

お気に入りに追加

スノーピークのタクードの魅力やスペックについて、詳しく調査しました。スノーピークのタクードとフジカハイペット・トミトミレインボー・アラジンブルーフレームのスペックを徹底比較。使用方法から使用時の注意点まで解説しますので、参考にしてください。

スノーピーク「タクード」の魅力に迫る!フジカハイペットより人気?

目次

  1. スノーピークの大人気「タクード」を紹介!
  2. スノーピーク「タクード」の魅力
  3. スノーピークのタクードのスペックと他社比較
  4. スノーピークのタクードのタクードの使い方
  5. スノーピークのタクードの注意点
  6. スノーピークのタクードは魅力満載のストーブ!

スノーピークの大人気「タクード」を紹介!

燃えている炭を置いている画像
whitefield_d

キャンパーなら誰しもが知っているスノーピーク。そのブランドから発売されたタクードという商品は、キャンパー達の間で大人気になっている商品です。多くの人から指示されているタクードの魅力とは一体なんなのでしょうか?詳しく解説していきます。

スノーピーク「タクード」の魅力

コンパクトサイズ

コンパクトな道具が並べられている画像

石油コンロは大きくて運ぶのが大変・気軽に持ち運べないという、苦労しそうな印象をお持ちではないでしょうか?

タクードの大きさは380×380×340(h)mm・重さは約6キロです。そこまで重たいわけではないので、気軽に運べるコンパクトなサイズ感も人気の理由の1つです。

燃焼時間が長い

炭が燃えている画像

石油コンロ・ストーブの燃焼時間は商品を選ぶ上でかなり重要な要素になります。気になるスノーピークのタクードの燃焼時間はどれくらいなのでしょうか?

燃焼時間はおよそ18時間です。かなり長く、キャンプをやっている時間内であれば、ずっとつけている事ができるでしょう。

IGTシステムとドッキング可能

BBQでソーセージを焼いている画像
andrasgs

IGTシステムとは一体どのようなシステムなのでしょうか?「アイアングリルテーブル」の略称です。使いやすく自分の好みに合わせてカスタムする事ができるので、人気のシステムになっています。

タクードはドッキングして使う事が可能なので、キャンプで鍋・煮込み料理をする時に便利なシステムです。IGTシステムで家と同じ感覚で料理できると、より居心地の良いキャンプになります。

おしゃれなデザイン

オシャレな食器が並べられている画像

石油ストーブ・コンロでデザインは、おしゃれな物が少ないと思います。いわゆる家庭で使われていそうな、普通のストーブが多くを占めています。

このタクード一味違います。見た目がシンプルながら洗練されたデザインで、どんな人が使っても馴染むデザインになっています。

使用者を選ぶ事なく、おしゃれにキャンプを満喫できるのです。おしゃれなアイテムを使いながらのキャンプは、その場にいるだけでテンションが上がります。より楽しいキャンプを行う事ができる事間違いないです。

信頼できるメーカー

キャンプで飲み物を飲んでいる画像

買い物をする時に、ブランドを気にする人は多いと思います。信頼できるメーカーじゃないと、心配になって手を出すのに勇気がいります。タクードを発売しているスノーピークは、とても信頼できるメーカーです。簡単にスノーピークについて、説明していきます。

スノーピークは日本のアウトドアブランドで、商品の生産を自社で行っているため完全日本製の商品になります。機能性の高さはもちろんの事、デザインがオシャレな所が人気を博している理由です。トミトミレインボーのOEM商品を製造もしていて、技術に信頼があります

昨今SNSが普及し、写真を撮る人が増え、キャンプの商品もデザインが重要な要素になりました。完全日本性の商品なので、品質も高く長く使用することができます。

コンロとしても使える

暖をとっている画像
seatoboy

タクードはただの石油ストーブではありません。キャンプの時の料理にも活躍できるコンロでもあるのです。

冬のキャンプだと鍋・煮込み料理をやる人は多いかもしれませんが、保温時に使用できます。特にIGTと合わせて使用する人が多く、IGTと合わせる事で家のキッチンのように調理する事ができるのです。

風に強く燃料漏れしにくい

シェルター内でストーブを使用しているしている画像

石油ストーブ使用時の不安要素として、燃料漏れがあります。燃料漏れがあることにより、テントに着火して火事になる可能性も少なくありません。

タクードは安定感ある構造になっているので、風にさらされてもすぐには倒れませんし、燃料も漏れにくいです。ただ、燃料を入れたまま持ち運ぶと、漏れる可能性があるので注意しましょう。

スノーピークのタクードのスペックと他社比較

スノーピークのタクードのスペック

湯を沸かしている画像
StockSnap

スノーピークのタクードはトミトミレインボーのOEM商品です。OEM商品という言葉を知っていますか?OEM商品とは、他のメーカーの商品を作ることを言います。

アウトドアの世界だけではなく、ファッション業界でもOEM商品・企業は多いのです。OEMの製造を任されているとい事は、製造の技術に信頼があるという事でもあります。

タクードのタンク容量は3.1L 出力は2.15kWであり燃焼時間は最大18時間ほどになります。重さ約6kgとコンパクトです。

タンク容量はあまり多くない印象ですが、燃焼時間は18時間程と容量の割に長い時間燃えるので、冬のキャンプには持ってこいのアイテムです。他のフジカ等の商品と比較するとどうでしょうか?

スノーピーク タクード

他社比較①フジカハイペット

火をつけている画像
StockSnap

フジカハイペットのスペックはタンク容量3.6L・出力2.56kW・燃焼時間が最大12時間です。幅310×奥行き310×高さ432mmとなっています。重さは5.5kgです。

「タクード」に比べると高さは大きく、重さは少し軽い作りになっています。フジカハイペットの方が、タンク容量・出力・燃焼時間は上回っています。フジカハイペットがキャンパーたちに人気なのが頷けるスペックです。

他社比較②トミトミレインボー

キャンプ中に中に料理を作っている作っている画像
chulmin1700

スノーピークにOEM商品としての製造を依頼しているトミトミレインボーです。トミトミレインボーのスペックはタンク容量4.9・出力2.5kW・燃焼時間は最大20時間・サイズが幅38.8×奥行き38.8×高さ48.5cmとなっています。

タンク容量が圧倒的に大きく、ほぼ一日中燃えている程の燃焼時間を誇ります。

トミトミレインボー

他社比較③アラジンブルーフレーム

火をつけている画像
6946758

アラジンブルーフレームはしん式・自然通気系・自然体流系という種類のストーブです。スペックはタンク容量4.1L・出力2.68kW・燃焼時間は約15時間・サイズ幅388×奥行き405×高さ551・重さ8.5kgになっています。他の比較商品の中では1番重量がある商品です。

アラジンブルーフレーム

スノーピークのタクードのタクードの使い方

調理に使う

キャンプで料理を作っている画像

先ほど解説した用に、IGTにドッキングさせて使うのが主流です。IGTを使うと完成した料理の保温や加熱に使用することができ、タクードの五徳に鍋やフライパンを乗せても平な作りになっているの溢れる心配をする必要もありません

他のメーカーの五徳も合わせて買うと、料理の幅も広がることでしょう。五徳を七輪がわりにすると、焼肉を楽しめるかもしれません。

暖房器具として使う

炭で火を起こしている画像
Nowaja

冬のキャンプで重宝されるスノーピークのタクードですが、日常でも使えて家の中でも使用できるのもメリットです。

冬だと暖房代が高くつくので、タクードを家のストーブがわりにする事で暖房費を抑えをとる事ができるでしょう。様々なシーンで使用できるのは便利です。

スノーピークのタクードの注意点

使用できるシェルターが限られる

シェルターを広げている画像
Ben_Frieden

スノーピークのタクードはコンパクトなサイズ感で、とても使い勝手のいいアイテムです。それでもシェルター選びには、気をつけないといけません。タクードを使用できるシェルターは、スノーピーク製のシェルター・2ルームシェルターに限るのです。

もし他のシェルターで使用すると、火事・十分な酸素が行き渡らなくなり、不完全燃焼に繋がってしまいます。

ツマミで火力調整ができない

キャンプで火を強く燃やしている画像
mws740

スノーピークタクードはツマミがついていません。そのため、細かい火力調整が難しいのです。料理の場面だと火力調整ができないと焦げてしまったり、熱くなりすぎてしまう事も考えられます。火力調整の方法として、料理時は天板と敷物を利用しましょう。

敷物で鍋やフライパンと距離をとることにより、火力を調整する事ができます。火力を上げたい時は天板を外すことにより酸素がより行き渡るので、火力が上がりやすくなります。五徳を使用して、高さを出すのもいいかもしれません。

掃除がしにくい

オシャレなアイテムが並んでいる画像

掃除がしにくい所もネックです。調理で使用した時には、五徳が汚れがちです。五徳には調理時の焦げや汚れが付着しやすいです。

手入れの方法としては、重曹を溶かしたものを五徳につけ1時間程置いておきます。その後歯ブラシやたわしで擦ると、綺麗に落ちます。料理で活躍する五徳ですが、掃除もしっかりしておきましょう。

冬のシーズンが過ぎたら、手入れが必要です。芯手入れをして、余っている灯油を抜き取れましょう。きちんと手入れすることで、故障せずに力を発揮する事ができるのです。

各店舗の在庫数が少ない

薪で火をつけている画像

スノーピークのタクードはかなりの人気商品です。買いたい人の需要に品数が追いついていない状態であり、各店舗で売り切れが続出しています。

今欲しいと思っていても、店舗には置いていない可能性が高いです。買いに行く時には店舗に電話をする等、事前に確認してからいった方がいいかもしれません。

子供の火傷にも要注意

子供がキャンプ道具を触っている写真

スノーピークのタクードは、とてもコンパクトな形をしていてオシャレかつ可愛いです。重量的に子供が運ぶこともできるでしょう。冬のキャンプで小さい子供を連れていく時には、特に注意しましょう。タクードに近づいた時に火傷をする可能性があります。

子供がどうしてもタクードを運びたい・近づき過ぎてしまう時は、しっかりと注意して、怪我のない楽しいキャンプにしましょう。

スノーピークのタクードは魅力満載のストーブ!

キャンプをしている画像
StockSnap

スノーピークのタクードは、機能面・デザイン面をとっても魅力に溢れたアイテムです。フジカハイペット等の商品とも比較しましたが、それぞれ魅力に溢れる商品です。

キャンプ初心者からベテランの方、どんな人からしても使いやすいタクードで寒い冬のキャンプも楽しんでください

tmshi

この記事のライター

tmshi

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

ストーブ

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

人気のニッセンのストーブについて紹介します。ストーブの魅力のポイントとスペック、そして、特徴とQ&Aについても触れています。さらに、ニッセンのストーブの購入方法と、注意点についても解説します。これから購入する際の参考にしてください。

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

ストーブ

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

エスビットのポケットストーブの魅力について、触れています。エスビットのポケットストーブを使った、焚き火のやり方を徹底解説。さらに、キャンプに最適な活用方法を説明しています。また、焚き火をするときの注意点も詳しくまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

ストーブ

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

買って損はしない、G-stoveを紹介!G-stoveの魅力やオーブンの使い方、収納の便利さについて掘り下げていきましょう。テントを暖められたり、ピザを焼けることについても触れています。G-stoveが気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ストーブ

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ジュニアヒーターの代わりになる商品を紹介!また、生産が終了し、入手困難となっているジュニアヒーターの特徴や、入手方法についても詳しく解説しています。ジュニアヒーターや代用品を手に入れて、冬キャンをより快適に楽しむための参考にしてみてください。

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

ストーブ

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

Signstekのウッドストーブの使い方について解説します。Signstekのウッドストーブで、二次燃焼の炎を満喫するための方法を紹介!ウッドストーブの二次燃焼がさらに効率良く行われるための、改良方法についてもまとめたので参考にしてください。

関連するキーワード

ストーブの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード