ガイロープとは?長さや太さ・結び方やおすすめアイテムも紹介

お気に入りに追加

キャンプで必要なガイロープを徹底解説します。ガイロープの選び方を太さ・長さ・耐荷重などに分けて解説!おすすめガイロープも5商品紹介します!ガイロープの結び方・まとめ方も解説しています。この記事では初めてガイロープを使う人でも分かりやすく解説します。

ガイロープとは?長さや太さ・結び方やおすすめアイテムも紹介

目次

  1. ガイロープについて徹底解説!
  2. ガイロープの選び方
  3. ガイロープのおすすめ商品5選
  4. ガイロープの結び方・まとめ方
  5. ガイロープは使用用途に合ったものを選ぼう!

ガイロープについて徹底解説!

ソロキャンプを楽しんでいる様子
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

テントやタープの設営に不可欠なガイロープを徹底解説!ガイロープの選び方を太さ・長さ・耐荷重などに分けて紹介します。さらに、おすすめガイロープも5商品紹介!結び方やまとめ方についても詳しく解説します。

ガイロープの選び方

ガイロープは用途や目的によって長さや太さに違いがあります。ただし、種類が多すぎて初心者には選び方が難しいかもしれません。色や長さなどを含め、テントやタープに適したおすすめのガイロープを解説します。

ガイロープの選び方①太さ

キャンプをしている様子
Ben_Frieden

ガイロープの太さは強風や悪天候などを考慮しても、4mmで問題ないでしょう。簡単に切断できて結びやすく、最も使いやすいのがこのサイズです。ただし少し強度を強めたい場合は5mmもおすすめです。

太さが5mm以上になると結び難くなるので、購入する前にテントやタープの大きさをしっかり確認しましょう。

ガイロープの選び方②長さ

キャンプ
nidate

ガイロープはテントとタープで使う長さが異なります。テントで使う場合は、ポール1本に対し、約4mを目安にすると大体のテントは対応できます。また、タープに必要な長さはロープの長さを事前に計算する必要があります。

ポールに対して長さが約1.5m〜1.8mになるように計算すると、タープをしっかりと設営することができます。

ガイロープの選び方③耐荷重

ソロキャンプ

ガイロープの必要な耐荷重は、実際に使用するテントやタープのサイズやロープの本数や固定方法で変わります。例えば家族向けのテントでは、大体80kgfの荷重に耐えれば問題ありません。

ガイロープの劣化や結び目の強度の低下が心配ならば、耐荷重が大体120〜140kgfあると安心でしょう。

ガイロープの選び方④色・反射・蓄光タイプ

キャンプ場
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

色を選ぶ際は、視認性が抜群に良いオレンジ色や黄色、ピンクを選ぶといいでしょう。キャンプ場の芝や土の上でも目立ちます。一方、ミリタリー系やサンドカラー系は視認性が悪いので選ぶ際は注意しましょう。

反射タイプは、反射する糸がロープに編み込んであり、光が当たると反射する(リフレクティブ)のが特徴です。昼間は目立ちませんが、暗闇でロープが光るので夜間での視認性は抜群!暗闇でも安心に使える反射タイプはおすすめです。

蓄光タイプは、明るい時に蓄えた光を暗闇で放出するのが特徴です。ただし、通常は蓄光効果が15分程度のため、視認性の効果は少なめです。

ガイロープのおすすめ商品5選

キャンプ場でのテントやタープの設営時には絶対欠かせないのがガイロープです。ロープの長さや太さ、耐荷重を考慮しながらニーズに合わせて選びたいもの。豊富な商品の中から、おすすめのガイロープを紹介します。

ロゴス(LOGOS) ガイロープ 30m

出典: 楽天市場
ロゴス(LOGOS)
30m・ガイロープ (φ4mm×30m)
1,870円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ポリプロピレン製で耐久性に優れているのでテントやタープの設営にピッタリ。ビビッドなオレンジ色は視認性も高く、夜間も安全に使用することができます。テントの張り網以外にも、予備用のロープとして利用できておすすめです。

サイズ (約)直径 4mm x 30m
 40代男性
40代男性

使いやすい

評価:

自分の好きな長さにでき、キャンプでとても役立ちました。デザインや色も気に入っています。

コールマン(Coleman) ガイロープ 5m

出典: 楽天市場
Coleman(コールマン)
ガイロープ 5m
1,420円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ポリエステル素材でアルミ製の自在金具が付属されています。コールマンが販売しているドームテントなどに適した作りで、ロープをカットせずにそのまま使えます。テンションがしっかりとかけられ、耐久性にも優れています。

サイズ (約)5m × φ4mm
材質 ロープ/ポリエステル 自在具/アルミニウム
 40代男性
40代男性

しっかりしたロープで安心した

評価:

テントの設営には少し長すぎましたが、とても丈夫で安定感があります。購入には満足しています。

ノルディスク アウトドア用品 ハイテナシティ ポリエステル ガイロープ5mm

出典: 楽天市場
ノルディスク ハイテナシティ
ガイロープ5mm
3,300円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ポリエステル素材でシートベルトと同じ技術で製造されており、耐久性や柔軟性に優れています。また衝撃に強いので、テントやタープを安定して設営できます。

素材 ポリエステル
サイズ 5mm
 60代男性
60代男性

とても良い

評価:

パラコードよりも扱いやすく、アクセサリーコードやナイロンよりも使い勝手がよい。伸縮性もあり、しっかりとしていて太さにも丁度いい。大変満足しています。

テントロープ ガイロープ5mm×30m

出典: 楽天市場
ビジョンピークス
テントロープ ガイロープ5mm×30m
1,590円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ビビッドなカラーでとても目を引くのが特徴。好みの長さに切って使えるで便利でおすすめです。ロープの切り口は熱やテープで固定すると切り口の先端がほつれる事もなく使用できます。

サイズ 5mm x 30m
材質 ポリプロピレン
 30代男性
30代男性

使い勝手がいい

評価:

キャンプでタープ設営のために購入しまいした。色は想像より明るくはないですが、キャンプで使うには強度も十分で使いやすいロープです。質とコスパもいいのでおすすめ!

Umeikk 3M 反射材入 5mm 50M 5芯 耐荷重255kgガイロープ

出典: 楽天市場
Umeikk
3M 反射材入 5mm 50M 5芯 耐荷重255kgガイロープ
3,754円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

反射素材が入っているので夜間の視認にとても効果的。またロープの色も目立つため、テントやタープの張り綱時に未然に転倒などの事故を防ぎます。さらに、キャンプやアウトドアレジャー以外でも何かと使える多目的ロープです。

材質 ポリエステル
サイズ 長さ 50m±5m 直径 5mm
男性30代
男性30代

抜群の視認性

評価:

他の製品と比べて夜間の視認性はこっちの方が抜群にいい。ただし、夜光というわけではないのでライトで照らす必要はありますが、夜でも安全に使えると思いました。

ガイロープの結び方・まとめ方

ガイロープの準備は万端でも、使い方が分からない人も多いかもしれません。事前に取り扱い方法を知っておけばキャンプで慌てることもありません。ここではガイロープの結び方・まとめ方を詳しく解説します。

結び方・まとめ方①フィッシャーマンズノット(テグス結び)

フィッシャーマンズノット(デスク結び)とは、2本のロープの端と端を止め結びで結び止める方法です。通常は太さが同じロープを繋ぐときに使う結び方で、太いロープには適さないので注意しましょう。

結び方・まとめ方②プルージック

輪っか状のロープを、ロープや木などの対象物に対して結び付けるまとめ方をプルージック結びと呼びます。このまとめ方は、簡単に結び目の固定とスライドできるのが特徴です。

簡結び目を左右にスライドでき、輪っかに負担がかかると結び目が締まって動かないようになります。

結び方・まとめ方③ボーライン(もやい結び)

もやい結びとは、船をもやう時に使われます(英語ではBowlineと呼び、Bowとは船首のことを指します)

もやい結びは強度が強く、素早く結べるのが特徴。簡単に解くことができるので、キング・オブ・ノットとも呼ばれています。

ガイロープは使用用途に合ったものを選ぼう!

alpinedesignポップアップシェルターが合うソロキャンプの様子

種類が豊富なガイロープは、家族連れやソロキャンプなど、目的や用途に応じて便利に使い分けたいもの。さらに、結び方やまとめ方も事前に覚えておけば、キャンプ場で困ったりする事もありません。

ガイロープの利用方法をしっかりと学んでキャンプを安全に楽しみましょう。

KAME

この記事のライター

KAME

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード