ノンスリップピローの魅力とは?キャンプや登山におすすめ!

お気に入りに追加

ノンスリップピローの魅力について紹介します!人気のISUKAのノンスリップピローを使って、キャンプでも快適な寝心地を得る方法について解説。詳しいスペックや魅力、口コミ、収納時の注意点についてまとめているので、是非参考にしてみてください。

ノンスリップピローの魅力とは?キャンプや登山におすすめ!

目次

  1. 人気のノンスリップピローを紹介!
  2. ノンスリップピローのスペックと魅力
  3. ノンスリップピローの注意点
  4. ノンスリップピローはキャンプや登山にもおすすめ!

人気のノンスリップピローを紹介!

アウトドアだからこそ快適な睡眠をとることが大事です!かといって荷物がかさばっては元も子もありません。そこでノンスリップピローをおすすめします。

寝袋やシュラフを専門とするISUKAは、日本のメーカーで、品質もよく、価格もリーズナブルなものが多いので愛用者が沢山います。人気のISUKAのノンスリップピローについて、スペックや魅力、注意点を紹介していきます。

ノンスリップピローのスペックと魅力

ノンスリップピローのスペック

出典: 楽天市場
ISUKA
イスカ ノンスリップピロー
1,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

自動膨張式のまくらです。表面中央部の自然な凹みが、より快適な睡眠をお届けします。

軽量性、快適性、耐久性の全てをバランスよく実現し、登山やサイクリストに最適なアイテムです。

素材 ナイロン100% ノンスリップ加工
サイズ 30×40×5cm
収納サイズ 8×28cm
重量 190g
男性
男性

5年空気漏れなし。体温か太陽光であたためて自動で空気が入る

評価:

約5年週1から2回は使っています。まったく空気漏れしていません。このイスカを使っている間にいくつもエアピローを買いましたが、全部空気漏れ。
このイスカだけ生き残っています。柔らかさ、高さなど使い心地は好みがあると思うけど、オートキャンプとかでサイズ的に問題なければおすすめです。

魅力①自動的に空気が入る

ノンスリップピローの特徴として、空気入れのバルブを開放すると本体が自然と膨張していきます。パンパンとまでは行かないので後は口で空気を入れたりして調節しますが、中央部の自然なくぼみとエアー感でキャンプの夜を快適に過ごすことができます

購入後初回使用時は空気が入りづらかったりするので、24時間以上放置しておくことをおすすめします。

魅力②裏面に滑り止めがついている

ノンスリップピローと名のつく通り、滑りにくいことが売りです。ノンスリップピローを設置するシート次第では滑ることもありますが、裏側にはイボイボがついていて、頭の重みも加わると滑りづらいです。これが実際に寝てみるととても便利です。

魅力③寝心地が調節可能

ノンスリップピローの中にはウレタンが入っているので、ある程度の硬さと安定感があります。空気の量を調節することで硬さと高さが調節でき、しっかりとした寝心地になります。

使用する際は、一度パンパンに膨らませてから、実際に寝てみて調節するのが良いでしょう。ノズルを回しすぎると一気に空気が抜けてしまうので、寝ながら少しずつ調節することでぴったりの寝心地に調節することができます。

また、本体自体は洗濯ができないので、汚れたら拭き取ってください。別売りで綿100%のカバーも出ており、カバーは洗濯ができるので清潔に使用することができます 

魅力④リペアキットが同梱されている

ノンスリップピローには応急用のTPU PATCHと共生地が同梱されています。いざ使うとなった時にエアー漏れしていた、なんて時でも安心です。

リペア方法は、まず損傷個所をきれいにします。次に裏紙をはがしたTPU PATCHをしっかり貼り付けます。しっかりつくまで約4時間の間は、ピローを膨らませないでください

しっかり接着したのを確認した後に、同梱の生地を市販の接着剤でしっかりと貼り付けてください。

ノンスリップピローの注意点

注意点①畳み方

ノンスリップピローには自動膨張用のウレタンが入っているので、収納する際にコツがあります。空気を絞りだすように巻いていきます。先にバルブを開いて、ピローを大まかに丸めます。

ある程度空気が抜けたところでバルブを閉じてください。バルブを閉じたままでもう一度ピローを広げて、バルブとは反対側のピローの端からじっくりと丸めていきます

内側の空気が上部に集まるので、丸め終わる直前にバルブを開き、残った空気を抜きながらバルブを閉じます。ノンスリップ面を内側にして収納ケースに入れます。この時、結構袋がキツキツなので、一緒にリペアキットを入れるのを忘れないようにしましょう。

注意点②コンパクト性に難あり

ノンスリップピローは、膨張用のウレタンが入っているので小さく折りたたむことはできません。ノンスリップピローの収納時のサイズ感は、500mlのペットボトルと比べるとやや大きい程度です。

手動で空気を入れるタイプや、袋に衣類やタオルを入れて使うスタッフサックタイプと比べると大きさを感じるかもしれませんが、重量190gは他に引けを取りません。

ノンスリップピローはキャンプや登山にもおすすめ!

寝床
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

枕がなくてもいいという人や100円均一のもので十分という人もいるでしょう。しかし、安くてもすぐダメになったり、最初からエア漏れしてしまう粗悪品もあります。

ノンスリップピローは耐久性もそこそこありますし、リペアキットもついています。本体は洗濯できませんが、別売りで綿100%のノンスリップピローカバーもあります。カバーは背面のノンスリップ機能を損なわないデザインで、洗濯もできるので汗ばむ季節も快適に使うことができます。

価格も比較的安くコンパクトに持ち運べるので、キャンプや登山に是非1つ持って行ってみてください。快適な睡眠は快適なアウトドアライフをもたらすことでしょう。

家で使用できる寝袋おすすめ7選!布団代わりに使った寝心地は?

あわせて読みたい

家で使用できる寝袋おすすめ7選!布団代わりに使った寝心地は?

家で使うことができるおすすめの寝袋をまとめました。ミニマリストの方をはじめ、子供のいる家族で自宅で日常使いする際のメリットとデメリットをまとめています。自宅で布団代わりに使用する寝袋の選び方もまとめているので、参考にしてみてください。

後悔しないハンモックの選び方は?寝ても疲れない自立式7選も

あわせて読みたい

後悔しないハンモックの選び方は?寝ても疲れない自立式7選も

ハンモックを選ぶ際に後悔しないようにする方法をまとめました。ハンモック選びで失敗してしまう理由や、簡単に設置できるおすすめの自立式ハンモックなどのおすすめ商品も紹介します。ハンモック選びで絶対に後悔したくないという人は、ぜひチェックしてみてください。

結城ゆき

この記事のライター

結城ゆき

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・枕

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・シュラフのマミー型と封筒型の特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説!マミー型と封筒型の寝袋・シュラフのおすすめ商品もそれぞれ5選ずつ紹介します。マミー型と封筒型のどちらの寝袋・シュラフを購入しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

寝袋・枕

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

おすすめの最強冬用シュラフを16選紹介します!冬キャンプを快適に過ごせる人気商品や、コンパクトさに特化した商品を掘り下げています。また、冬用シュラフの選び方や防寒アイテムについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

寝袋・枕

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

タイベックのシュラフカバーについて徹底調査しました!タイベック素材のシュラフカバーの特徴や、おすすめのメーカー商品を詳しく解説します。タイベックを使ったシュラフカバーの自作方法もまとめました。さらに初心者にも分かりやすく、Q&Aも合わせて紹介します。

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

寝袋・枕

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

快適な寝袋(シュラフ)の使い方についての特集です。各種素材や形状を比較しながら、寝袋の適した使い方について解説します。また、冬のキャンプや登山・テント内で活躍するための正しい使い方や、上手な洗濯方法についても併せて紹介していきます。

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

寝袋・枕

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

DODから販売されている「ジャケシュラ」を紹介します。ジャケシュラの魅力や、ファスナー・ポケットなどの機能をレビューと共に解説!DODのジャケシュラを使用する際の注意すべきポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてください。

関連するキーワード

寝袋・枕の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード