キャンプに斧はいらない?正しい使い方とおすすめアイテム紹介

お気に入りに追加

キャンプに斧はいらないのか?という点を解説していきます。実際のキャンプ時に斧はいらないのかどうか、理由を考察しながら、正しい使い方をまとめました。キャンプの現場で役立つおすすめの斧をいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

キャンプに斧はいらない?正しい使い方とおすすめアイテム紹介

目次

  1. キャンプに斧はいらないのか調査!
  2. キャンプに斧は「いらない・必要」どっち?
  3. キャンプでの斧の正しい使い方
  4. キャンプにおすすめの斧を紹介
  5. キャンプにおすすめの斧の比較表
  6. キャンプ用斧のQ&A
  7. キャンプに斧はいらないのかまとめ

キャンプに斧はいらないのか調査!

キャンプ用の斧とナイフの画像
LUM3N

キャンプに斧はいるのかいらないのか、どっち派でしょうか?キャンプのだいご味の一つは、焚き火です。その際には薪をくべるのですが、薪を割るために使う斧が古くから一般的なツールでしょう。

しかし、危ないイメージもあって、キャンプ初心者からはいらないと決めつけられがちです。気軽に仲間同士でキャンプをするのに、少し物騒だという声も聞こえてきます。斧は必要かいらないのか、どっちなのか解説していきます。

キャンプに斧は「いらない・必要」どっち?

斧を持ってキャンプをするのは、大げさでいらないのではという意見もあります。キャンプ場によっては、専用の薪や固形燃料が販売されていることも珍しくないため、邪魔になると思われがちです。

しかし、小さく割って焚き火をするほうが、効率的なキャンプの良さが実感できるはずです。本格派のキャンパーにとっては、こだわりの道具を使いたいという願望もあります。キャンプにて斧は重たくていらないと判断する前に、手頃なものであればあったほうが役立つと考えましょう。

薪の種類と特徴

キャンプでは調理や暖を取るため焚き火をします。焚き火で使用する薪が、すべて同じではありません。キャンプのシチュエーションによって種類があり、選んで使うと効果的です。キャンプで使える薪には、どのような種類があるのでしょうか?

薪は大きく、針葉樹と広葉樹に分類できます。針葉樹の場合はスギ・ヒノキ・アカマツ・カラマツなどがあり、とても着火がしやすい特徴を持ちます。しかし、火持ちが悪いのがデメリットです。

一方で、広葉樹にはナラ・クヌギ・サクラ・アカシア・クリ・ケヤキなどがあります。着火しずらいデメリットを持ちつつ、火持ちが良いという特徴です。どちらを使うかいらないかは、その時の状況で選ぶとよいでしょう。

薪割りには斧が便利

公設のキャンプ場は何でも揃うため、斧はキャンプにいらない道具と思われがちです。しかし本来は大切な道具なのです。キャンプ用品のほとんどは時代ごとに様変わりしていますが、斧は昔からの形状を保持しています。

最初から完成された道具だといえます。キャンプに斧はいらないと嫌煙するよりも、キャンプで薪割りをするのに最適なツールだと思って検討してみてください

キャンプにて焚き火をする際、まずは火種を小さな薪に着けて徐々に大きな薪をくべる順序になっています。大きな状態から小割りにするのに、切り分けしやすく必ず重宝するでしょう。

斧と鉈の違い

キャンプにて薪を割る時の道具としては、鉈も知られています。実際にキャンプへ行くと、どっちのほうが都合よく使えるのでしょうか?鉈があれば斧はいらないのかなど、初心者にはなかなか分かりづらいものです。

どっちがいるいらない以前に、使い方には微妙な違いがあることを理解しておきましょう。まず鉈とは小振りなタイプの刃物で、主に雑草や細かい枝などを切り落とす道具です。

一方の斧は、固い木や薪など比較的に大きめな樹木を切るのに最適です。しかし、枝などを切るのには使いずらいデメリットがあります。必要に応じながら、両方をうまく使い分けることが望ましいでしょう。

キャンプでの斧の正しい使い方

キャンプ用の斧は、どっちかといえば40cm以下の短めなタイプが適当です。キャンプ場での薪割りに使う際は、極端に大きいと扱いずらくていらないという声もあります。ではキャンプで斧を使う場合、どのような正しいやり方・手順を経ていけばよいのか解説していきましょう。

グローブを用意する

キャンプ場で斧を使う際に、一緒に必要となるグッズはグローブです。ただし本格的な革製のものはいらないでしょう。ごく普通に売られている、軍手があれば十分です。

理由は、棘などが刺さってしまうことを防止したり、グリップ感が出て斧が滑りにくくなるので安全だからです。軍手の種類の中でも、できれば滑り止め加工をしてあるものを選ぶとよいでしょう。

薪割り台を用意する

キャンプ場にて薪割りをする際に必要なのは、薪割り台です。「直に置けばいらないのでは」と思われがちです。自然の中に原木の切り株があればいらないのですが、念のため市販のものを持参しておきましょう。もし薪割り台がないと、万が一の際に怪我をしてしまう可能性があります。

斧とは、自身の重さと手で振る反動により威力を発揮するツールです。薪割り台を設置することは身の安全にも関わってきます。安全の配慮をする上で、関連した道具を揃えることも怠ってはなりません。

おすすめの薪割り台

出典: 楽天市場
アカネエーショップ
薪割り台 ハンマー付き od424
8,880円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

本来は斧がいらないタイプの薪割り台です。作業がスピーディーに完了するアイデア商品でもあります。薪割り台の下には専用の刃が出ているので、ハンマーで叩けば簡単に薪が割れます。キャンプ場で女性やご高齢の方でも扱える工夫がされていておすすめです。 斧がいらない薪割り台ですが、通常の斧を使うこともできます。

サイズ 24cm×42cm
重量 4kg
男性
男性

誰でも簡単に薪が割れます

評価:

ハンマーが付いていて扱いやすく薪が簡単に割れる仕組みです。とてもコスパのよい商品でしょう。ただし重量があってがさばるので、車での移動ができる方におすすめします。

薪割りの手順

キャンプで薪割りを行なう手順は、まず薪割り台を設置し薪を台の上に縦に置きます。その際は自分から見て、奥に設置しましょう。

薪割り台をわざわざ設置する理由は、万が一の衝撃で自分に刃を向けない防御策です。刃の方向に自分の足などを置かないようポジションを確認し、薪割り台と垂直になるよう刃を下ろして割ります。

キャンプにおすすめの斧を紹介

ハスクバーナ キャンプ用斧38cm

出典: 楽天市場
ハスクバーナ
キャンプ用斧 38cm
14,219円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

サイズは38cmなのでキャンプ用に手頃な使い方ができる斧です。 ヒッコリーハンドルタイプで弓なりな形状をしています。皮のエッジカバーで保護され安全です。斧はスウェーデン鋼で、クラフトマンがハンドメイドで鍛造した高品質を誇ります。そのため、未使用時には砥石などでメンテナンスをする必要を心掛けてください。

サイズ 38cm
質量 0.5kg
男性
男性

コスパのよい斧です

評価:

ハスクバーナの斧は弾力性があり錆びにくいスウェーデン鋼を使っていながら、コストパフォーマンスに優れた点がうれしいです。一本一本を職人の手作りで仕上げている品質の良さと海外製品なのに10000円台で買えるのが魅力でしょう。薪を気軽に割れる斧として最適です。

ハスクバーナ ハチェット H900 34cm

出典: 楽天市場
ハスクバーナ
ハチェット H900 34cm
6,339円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ハスクバーナ・ハチェットはトレッキング活動用に開発された斧です。軽くて余計な振動もない強化プラスチック製シャフトを採用し、滑りにくいグリップは使い方を選びません。キャンプでもほぼ万能に近い活躍をします。ヘッドに重心がある構造で、刃の反対側はハンマーとしての使い方もできます。

サイズ 34cm
質量   
男性
男性

質感の丁度よさが魅力

評価:

とても持ちやすいことが最大の魅力です。しかも重量とグリップ感が振りやすい設定で扱いやすいと思います。メンテナンスには別に砥石が必要となりますが、その時間の有意義な気分になります。きっと誰でも使える斧ではないでしょうか?

ハスクバーナ 正規品 薪割り 斧 65cm

出典: 楽天市場
ハスクバーナ
正規品 薪割り 斧 65cm
6,930円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

林業用品アクセサリー職人が生み出したオリジナルな斧です。高品質なスウェーデン製によって鍛造されています。また、ハンドル部分は米国ヒッコリー材を使用したグリップ感のある仕上がりです。斧の丈は65cmなのでやや長めです。本格的な野営キャンプ用に必要となるでしょう。

サイズ 65cm
質量 0.85kg
男性
男性

大きめな斧でも扱いやすいです

評価:

他の製品と比較しても手頃な価格で、しかも作りが頑丈そうです。皮製の鞘が付いていて本格的な斧という雰囲気です。丁度よい木があって薪割りをしてみたところ、初心者でも堅い樫の木を割ることができました。刃こぼれも今のところありません。65cmなのでやや大ぶりではありますが、価格以上に満足な商品でした。

グレンスフォシュ ブルーク 425 アウトドア アックス

出典: 楽天市場
グレンスフォシュ ブルーク
425 アウトドア アックス
23,300円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

斧職人のレナート・ペッテション氏とサバイバル講師のラーズ・ファルト氏による共同開発された斧です。鉈と斧のどっちの使い方も可能です。全長37cmの手軽なサイズ感で扱いやすいでしょう。刃はスウェーデン鋼で、柄はヒッコリー材を使用した高品質さを誇ります。斧身が薄くナイフのようなエッジなのがメリットです。

サイズ 37cm
質量 0.6kg
女性
女性

女性が持っても違和感がない

評価:

アウトドアの専門家が共同で作ったこともあり精巧で研ぎ澄まされた斧です。細部にまで行きわたった高品質さでありながらも、シンプルさがあり女性でも使いやすいでしょう。アウトドアが好きな女子は、一本持っていると重宝するはずです。 

キャンプにおすすめの斧の比較表

ブランド

ハスクバーナ

ハスクバーナ

ハスクバーナ

グレンスフォシュ ブルーク

画像

ハスクバーナ38cmの画像 ハスクバーナ34cmの画像 ハスクバーナ65cmの画像 グレンシュフォシュブルークの画像

型番

キャンプ用斧38cm 

ハチェット H900 34cm 

薪割り 斧 65cm

425 アウトドア アックス

特徴

・ヒッコリー材使用の手製鍛造

ハンドルタイプが弓なり

・皮のエッジカバー付き  

鉈に近い手頃な軽さ

・強化プラスチック製シャフト 

・刃の反対側がハンマーになる

・スウェーデン鋼を手作りで鋳造

・柄はヒッコリー材で長め

専用カバー付き

・鉈や斧だけではない細かい作業も可能

耐久性の高いスウェ―デン鋼使用

・銀面革ケース付き

商品リンク

楽天(¥14,219) 楽天(¥6,339) 楽天(¥6,930) 楽天(¥23,300)

キャンプ用斧のQ&A

斧は女性でも使えるのでしょうか

キャンプで女性が薪割りする際に斧は最適です。なぜなら、斧の刃の部分である斧身の重さが、振り下ろすのに丁度いい負荷になるからです。斧の重さはほぼ斧身に掛っていて、40cm以下のハンディタイプなら片手でも扱えます

キャンプに行かない時期の斧の注意点はありますか

鉈やナイフ・斧などの刃物はキャンプ用具として公認されています。キャンプを目的とした運搬でなら、銃刀法でも所持が認められています。しかしそれ以外の目的や何気なく持ち運んでしまうと違法扱いになりかねません。もし車へ積んだまま携帯すると、法的に罰せられる可能性もあるのです。面倒だとしても適切な取り扱いを心掛けてください。

キャンプに斧はいらないのかまとめ

コーヒーと斧の画像
StockSnap

キャンプで斧はいらないのではという考え方には、個人の好みも反映されます。キャンプ場のシチュエーションによっては鉈だけで間に合うこともあるでしょう。しかし斧は持参しておくといざという時に役立ちます。

小型の斧を正しい使い方で薪割りするだけでも、気分が高揚しアウトドア感が満喫できます。斧はいらないと決めつける前に、手頃なキャンプ用の斧を揃えてみてはいかがでしょうか?

kuritch1

この記事のライター

kuritch1

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

手斧(ハンドアックス)はキャンプ時の薪割りに便利!おすすめアイテムは?

刃物・マルチツール

手斧(ハンドアックス)はキャンプ時の薪割りに便利!おすすめアイテムは?

アウトドアにはかかせない手斧の魅力について、まとめました。手斧の使い方について、詳しく説明しています。さらに、おすすめの手斧を商品ごとに比較しています。持ち運びが簡単な手斧や、大きく堅い木を切るのに適した手斧など徹底解説。ぜひ、チェックしてみてください。

オルファのクラフトナイフの魅力!特徴から活用法まで徹底解説!

刃物・マルチツール

オルファのクラフトナイフの魅力!特徴から活用法まで徹底解説!

オルファのクラフトナイフの魅力を紹介!キャンプなどのアウトドアに最適な、オルファのクラフトナイフの特徴や、活用法を徹底解説します。記事の後半では、人気のブッシュクラフトナイフについても紹介していますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

登山用ナイフおすすめ15選!メリットや活用法についても紹介!

刃物・マルチツール

登山用ナイフおすすめ15選!メリットや活用法についても紹介!

登山用ナイフのおすすめ製品を紹介します。登山用ナイフのメリットや、活用法についても解説!普段ナイフを使わない人が気になる必要性や用途も説明しています。刃物を所持するに当たって、知っておくべき銃刀法の知識もまとめているので、参考にしてみてください。

マルチツールおすすめ13選!キャンプやアウトドアに便利!

刃物・マルチツール

マルチツールおすすめ13選!キャンプやアウトドアに便利!

キャンプなどアウトドアライフで役立つマルチツールを解説します。おすすめのマルチツールを13アイテム厳選して詳しく紹介します。また、一表にして比較!さらに、マルチツールの選び方や使い方と、刃があるマルチツールを所持するときの注意点も説明します。

ナイフの研ぎ方は?シャープナーや砥石を使った簡単なやり方を伝授

刃物・マルチツール

ナイフの研ぎ方は?シャープナーや砥石を使った簡単なやり方を伝授

ナイフを自分で研げるように、研ぎ方の準備や手順を詳しく解説します。ナイフの研ぎ方にはちょっとしたコツが必要なので、この記事で説明します。また、シャープナーや砥石を使った簡単なやり方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

刃物・マルチツールの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード