テントにおすすめのインナーマット・インナーシート特集!代用品も!

お気に入りに追加

テントにおすすめのインナーマットとインナーシートを徹底調査!快適なキャンプ、テント生活に必要なインナーマットとインナーシートについて、売れ筋商品をまとめています。100均で代用できる銀マットを使う方法も調べましたのでぜひマット・シート選びの参考にしてください!

テントにおすすめのインナーマット・インナーシート特集!代用品も!

目次

  1. テントで使えるインナーマット・インナーシートを紹介!
  2. テントのインナーマット・インナーシートの選び方
  3. テントにおすすめのインナーマット7選
  4. テントにおすすめのインナーシート3選
  5. インナーマットやインナーシートの代用品
  6. テントで使えるインナーマット・インナーシートを探そう!

テントで使えるインナーマット・インナーシートを紹介!

テント内の様子

インナーマットやインナーシートはテント内で快適に過ごすために必要にアイテムです。この記事では、厚みがありながらコンパクトに収納できる人気商品や、地面の凹凸や湿気からテントを守る機能性あるマット・シートについて調べました。

マットやシートの選び方のポイントのほか、100均で代用できる銀マットの活用方法など、代用品についても紹介していますので、テント用のマット・シートを探している人はぜひ参考にしてみてください!

テントのインナーマット・インナーシートの選び方

テントのなかに敷くマットやインナーシートには、アウトドア用品店で市販されている専用のものから100均の銀マットのような代用品にできるものまで様々な種類があります。

購入する際は、自分のキャンプスタイルに合わせ、必要に応じて厚みや大きさを選ぶと良いでしょう。本項ではマットとインナーシートの選び方のポイントについてまとめています。

厚みで選ぶ

冬のキャンプでテント内に座っている
Robert Thomson

厚みに注目してマットやインナーシートを選ぶことは大切です。ソロキャンパーのように持ち物はできるだけコンパクトにする必要がある人は、100均の銀マットなど底付きしないぎりぎりの薄さのあるアイテムを選びましょう。軽量でかつ荷物も最小限にすることができます。

逆に、夏の暑さが厳しい時や冬の冷え込みの強い季節など、テント内の環境が地面の影響を強く受ける季節には、厚手のマットを用意する必要があります。

特に凸凹加工があるアイテムを敷くと、熱や湿気をしっかりと遮ってくれ、テント内をより快適な環境に整えることができます。

性能やクッション性で選ぶ

キャンプで寝袋をテントに敷いている様子
irhap

必要に応じ、性能やクッション性に注目してマットやシートを選びましょう。コットを使わずシュラフを床に直接敷いて寝る場合や、地面の凹凸が多い場所にテントを張る場合は、厚みのあるシートを敷く必要があります。

一般にクッション性があるアイテムほど、収納時のサイズは大きくなり、かさばりやすくなるデメリットはあります。

反対に100均の銀マットなど薄手のシートはクッション性はありませんが、軽く持ち運びが便利です。テントを張る環境やそれぞれのシーンに必要な厚みのマットを用意しましょう。

テントにおすすめのインナーマット7選

テントにおすすめのインナーマットを7つピックアップしました。折りたたみしやすくコンパクトに収納できる商品や、底付きを感じないクッション性の高いものなど、人気のアイテムを紹介しています。

テントにおすすめのインナーマット①SUNDRY/折りたたみクッションマットダブル

出典: 楽天市場
SUNDRY
SUNDRY 折りたたみクッションマットダブル
2,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
凸凹面で保温性を高める

保温性のあるクッション素材のインナーマットです。表面の特殊な凸凹加工が暖かい空気を逃さず、保温性を高めます。1.5cmの厚みが地面からの冷気や湿気の影響を緩和します。持ち運びに便利な持ち手付きのキャリーバッグが付属。

使用時サイズ 長さ200×幅140×厚さ1.5cm(凹凸面含む)
収納時サイズ 幅70×高さ40×奥行9cm
重量 513g
30代男性
30代男性

コスパ最高

評価:

芝サイトや土サイトでキャンプする人なら十分すぎるほどの性能でおすすめできます。寝転がった感触も気持ちいいです。安くてコスパ最高です。

テントにおすすめのインナーマット②フィールドギア/キャンプマット2個セット

出典: 楽天市場
FIELDOOR(フィールドア)
フィールドギア キャンプマット2個セット
23,100円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
汎用性の高いサイズ

高密度ウレタンフォームのインナーマットです。バルブを開くだけで膨らみ、セッティングが簡単にできます。270cmや300cmのテントに敷きやすいちょうどいいサイズ感です。

使用時サイズ (約)141cm×195cm×10cm
収納時サイズ (約)71cm×20cm×55cm
重量 (約)7kg
20代女性
20代女性

寝心地がいい

評価:

寝心地が良く、キャンプだけでなく車中泊のマットにしてもおすすめです。厚みがある分収納するのに手間はかかりますが、快適に寝られるので問題ありません。

テントにおすすめのインナーマット③Field Station/エアマット

出典: 楽天市場
Field Station
Field Station エアマット
3,960円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
自動膨張で即使用可

持ち運び便利な厚み5cmのエアマットです。自動膨張するのですぐにセッティングができます。スウェード素材の肌触りの良さ、コンパクトに収納できる点も特徴です。裏面には加工がしてあり、滑りにくくなっています。

サイズ 約 66cm x 188cm(厚み 5cm)
材質 ポリエステル100%、PVCポリウレタン
50代男性
50代男性

手触り良し

評価:

表面のスウェードの手触りが優しい感じで気に入っています。裏面の滑り止めも機能的で良いです。自動膨張しますが、よりしっかりと膨らませるためにはしわを伸ばしたり、息を吹き込む必要があります。

テントにおすすめのインナーマット④スノーピーク/エントリーパックTT用マットシートセット

出典: 楽天市場
snow peak(スノーピーク)
snow peak スノーピーク エントリーパック TT用マットシートセット SET-250-1H
16,280円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
スノーピークのテントに合わせたい

スノーピークのエントリーパック、TT用専用のマットシートセットです。表生地は68Dポリエステルタフタ、P Uコーティングを採用し、中芯に 発泡ウレタンを使っています。 

キャリーバッグサイズ 72×12×52(h)cm
収納ケースサイズ 25×37cm
重量 1.5kg
60代女性
60代女性

軽くて便利

評価:

スノーピークのヴォールトのテントとセットで購入しました。サイズがぴったりなので気持ちよく使えます。丈夫なのにとても軽く、荷物の負担にならないのが良いです。スノーピークのテントを使っている人には特におすすめです。

テントにおすすめのインナーマット⑤コールマン/インナーマットアテナトンネル2

出典: 楽天市場
COLEMAN (コールマン)
COLEMAN (コールマン)インナーマット アテナ トンネル2
10,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
インナーマットとシートのセット

 アテナトンネル2ルームハウス/LDX用のインナーマット、シートのセットです。 テントの下にシートを敷き、テントの中にマットを敷きます。いっしょに収納できる巾着タイプの収納袋が付属しています。

インナーシートサイズ 約350×230cm
グランドシートサイズ 約340×220cm
重量 約4kg
30代女性
30代女性

安くて質が良い

評価:

インナーマットとシートの両方が入っているのにとても安く、良い品だと思います。雨や冷気を防ぐことができ、寝床の快適さが増しました。収納サイズがコンパクトなのも気に入っています。

テントにおすすめのインナーマット⑥キャンピングフィールド/テントインナーマット

出典: 楽天市場
キャンピングフィールド(Camping Field)
キャンピングフィールド(Camping Field)テント インナーマット
3,289円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
お座敷スタイルに

厚み2mmの薄手のインナーマットです。クッション材で地面の凹凸を吸収します。270×270cmのテントにピッタリのサイズです。

使用時サイズ (約)265×265cm
収納時サイズ (約)Φ20×46cm
重量 約1.5kg
30代男性
30代男性

やや薄手

評価:

ペラペラと言ってもいいほどの薄さなので座布団と併用して使っています。薄手ながら地面からの冷気は防げそうです。キャンプのシート、マットとしてはかなり安いのでコスパ重視の人におすすめです。

テントにおすすめのインナーマット⑦エバニュー/FPmat125

出典: 楽天市場
EVERNEW(エバニュー)
EVERNEW(エバニュー) FPmat125 EBA504
3,300円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
折りたたみ収納が便利

薄くて硬い、新感覚のインナーマットです。最低限の厚みと長さがほしい人におすすめです。そこ付きしない絶妙の薄さが特徴です。折りたたむことでザックの中に収納できるコンパクトなマットです。

サイズ 125cm×50cm、厚さ5mm
重量 200g
40代男性
40代男性

硬めなのが良い

評価:

少し硬めにできているので地面の影響が少なく良い感じです。よくある丸めて収納するタイプではなくコンパクトに折り畳んで収納できる点もありがたいです。

テントにおすすめのインナーマット7選の比較表

商品名

 SUNDRY 折りたたみクッションマットダブル 

 フィールドギアキャンプマット

 Field Station エアマット 

snow peak マットシートセット 

テキスト テキスト テキスト

画像

折りたたみクッションダブル フィールドギア/キャンプマット Field Station エアマット snow peak スノーピーク エントリーパック TT用マットシートセット テキスト テキスト テキスト

特徴

保温性のある凸凹加工

・折り畳んでコンパクトに収納できる

・持ち手ありのキャリーバッグ付属

・高密度ウレタンフォーム

2枚セットで汎用性あるサイズ感

・自動膨張で簡単セッティング

表面スウェード加工で肌ざわり良し

・裏面は滑り止め加工

・自動膨張して簡単セット可

インナーマットとシートのセット

・丈夫なのに軽い

・シンプルなデザイン

テキスト テキスト テキスト

商品リンク

楽天(¥2,980) 楽天(¥23,100) 楽天(¥3,960) 楽天(¥16,280) 楽天(¥ 楽天(¥ 楽天(¥
テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト

テントにおすすめのインナーシート3選

続いてテントにおすすめのインナーシートを3つ紹介していきます。テント下に敷くグランドシートとセットになっているお得な商品や、折り畳んだ状態でも使える機能性の高いものまでピックアップしました。

テントにおすすめのインナーシート① Whole Earth/マットシートセット

出典: 楽天市場
Whole Earth(ホールアース)
Whole Earthマットシートセット
9,990円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
撥水加工済みのマットシートセット

地面からの汚れや水分からテントを守るグランドシートと、テント内に敷くインナーマットのセットです。表面は撥水加工してありお手入れが簡単です。収納ケースがついています。

グランドシートサイズ (約)69×10×52cm
マットサイズ (約)265×265×5mm(厚み)
収納サイズ (約)69×10×52cm
30代男性
30代男性

やや大きめサイズ

評価:

グランドシートとインナーマットを同時に管理できるので便利です。やや大きめのサイズで重量はシートとマット合わせて3キロ少しあります。

テントにおすすめのインナーシート②コールマン/テントシートセット

出典: 楽天市場
Coleman(コールマン)
Coleman(コールマン) テントシートセット
10,347円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
300cmテントにおすすめ

PVCグランドシートとインナーシートのセットです。横幅が300cm以上あるテントに合うサイズです。インナーシートの厚みは約4mmあり、ほどよくクッションが効いています。

インナーシートサイズ 約295×295cm
グランドシートサイズ 約280×280cm
重量 約3.4kg
50代男性
50代男性

収納しやすい

評価:

雨天時のキャンプでもしっかりと地面の湿気や汚れからテントを守ってくれます。収納も畳みやすく撤収時に手間取らないのでおすすめです。

テントにおすすめのインナーシート③小川キャンパル/フォームマット

出典: 楽天市場
小川キャンパル
ogawa(小川キャンパル) フォームマット
10,450円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
寝心地の良さが抜群

収納サイズがコンパクトで持ち運びしやすいインナーシートです。優れた断熱効果があり、地面の冷気や熱を遮断するため寝心地の良さが自慢です。表面のディンプル加工が地面の凹凸の影響を受けにくくなっています。

サイズ 200×120×1.5cm厚
収納時サイズ 61×35×11cm
重量 約950g
30代女性
30代女性

2つ折りでも使える

評価:

きれいに折りたためるので、全体を広げて使わず2つ折りにしても使えます。日本の老舗テントブランドの商品という点も気に入っています。

テントにおすすめのインナーシート3選の比較表

商品名

Whole Earthマットシートセット 

Coleman(コールマン) テントシートセット 

ogawa(小川キャンパル) フォームマット 

画像

Whole Earthマットシートセット コールマンテントシートセット ogawa(小川キャンパル) フォームマット

特徴

・グランドシートとインナーシートのセット

表面が撥水加工されている

・収納ケース付き

300cmテントにぴったりのサイズ

・グランドシートとインナーシートのセット

・厚み4mmと寝心地がいい厚さ

・収納サイズがコンパクト

・畳んだ状態でも使える

ディンプル加工で地面の影響を受けにくい

商品リンク

楽天(¥9,990) 楽天(¥10,374) 楽天(¥10,450)

インナーマットやインナーシートの代用品

専用のインナーマットやインナーシートをアウトドア用品店で購入すると、それなりにお金がかかってしまいます。なるべくキャンプ用品にはお金をかけたくない、という人におすすめなのが代用品の利用です。

本項では100均の銀マットやサバイバルシートなど代用できるアイテムの詳細について紹介しています。

100均の銀シート

100均ショップで売られている銀マット、銀シートはコスパ重視の人におすすめできる代用品です。銀マットは本来レジャーシートとして販売されているアイテムですが、地面からの熱や冷気を和らげる効果があります

市販の銀マットはクッション性がないものがほとんどなので、直接この上で寝転がるには快適というわけにはいきませんが、その分収納時にコンパクトにすることができます。持ち物をできるだけ軽量にしておきたいソロキャンプにもおすすめです。

サバイバルシート

100均の銀マットと同じようにサバイバルシートもまた、テント内のインナーシートとして代用できるアイテムです。エマージェンシーシートとも呼ばれる薄いシートで、本来は夏の暑さや冬の寒さ、雨風から身を守るために使われます。

サバイバルシートをテント内に敷けば、地面からの湿気や汚れ、熱を遮ってくれる効果があります。専用マット等に比べ大変軽量で、薄く収納できる点もメリットです。

テントで使えるインナーマット・インナーシートを探そう!

テントの中にマットを敷いている様子

テント内に敷いて地面の湿気や汚れ、熱から守ってくれるインナーマット、インナーシートは快適なキャンプ・テント生活には必要不可欠なアイテムです。この記事ではマット及びシートの選び方のポイントをまとめ、人気の商品を紹介しました。

また、収納時はコンパクトになりコスパ抜群の100均の銀マットや、非常時にも役立つサバイバルシートなど、代用の活用方法についても解説しましたので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

ユーカリ

この記事のライター

ユーカリ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

テント

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

ハイランダーのTCテント、アルネスを紹介します。人気のキャンプアイテムメーカーハイランダーのアルネスの特徴やスペックなどについて、口コミも交えて解説します。また、設営方法などについても説明しているので、テント購入を考えているならぜひ参考にしてみてください。

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード