SOTO「ST-301」の改造方法は?快適なシングルバーナーにカスタム

お気に入りに追加

SOTO ST-301の改造方法について詳しく解説します。SOTO ST-301の良いところや悪いところ、さらに使いやすくするための改造例をわかりやすく紹介!すでにSOTO ST-301を持っている人から購入を検討している人まで、ぜひ参考にしてみてください。

SOTO「ST-301」の改造方法は?快適なシングルバーナーにカスタム

目次

  1. SOTO「ST-301」の改造方法を紹介!
  2. SOTO「ST-301」のメリット
  3. SOTO「ST-301」のデメリット
  4. SOTO「ST-301」商品紹介
  5. SOTO「ST-301」の改造例
  6. SOTO「ST-301」Q&A
  7. SOTO「ST-301」をカスタムしてキャンプで活用しよう!

SOTO「ST-301」の改造方法を紹介!

キャンプ
chulmin1700

SOTO「ST-301」の改造方法を紹介します。キャンプで欠かすことのできない調理器具。その中でも優れたシングルバーナーであるST-301の良いところや欠点を解説し、100均で手に入るものを使ったカスタム方法を詳しく解説します。

SOTO「ST-301」のメリット

ST-301のメリット①火の安定感・低重心

火
Pexels

SOTO「ST-301」は火力が3,200kcal/hと大火力かつ安定しています。さらに燃料タンクとバーナー部分が別体となっており、一体型のバーナーと比較して重心が低くなります。そのため、鍋を載せたときの安定感に優れています。

ST-301のメリット②バーナー・五徳が大きい

SOTO「ST-301」は五徳の直径が20cmと大きく作られています。大きい鍋やフライパンはもちろん、25cmまでの大きさであればダッチオーブンでも載せることができます

直径20cmというのは、一般的な家庭用コンロの五徳とほぼ同じ大きさです。そのため、自宅で使用している鍋をそのまま使うこともできます。また、バーナー部分も大型であるため、鍋やフライパンのそこにまんべんなく火を当ててくれます。

ST-301のメリット③ガスボンベが熱くならない

キャンプ調理
StockSnap

SOTO「ST-301」はガスボンベがバーナー部分と離れている、「別体型」と呼ばれるタイプのバーナーです。反対にガスボンベとバーナーがくっついているのは、「一体型」と呼ばれます。

別体型のバーナーはガスボンベと炎が離れるため、ガスボンベの温度が上がりにくく爆発の心配が少ないのが特徴です。しかし、爆発の危険が全くないわけではないので、くれぐれも炎とボンベの距離を適切に取るようにしましょう。

ST-301のメリット④組み立てやすい・コンパクト収納

SOTO「ST-301」は折りたためばコンパクトになり、その大きさは直径18cmほどのっクッカーにすっぽり収納できてしまうほど。組み立ても五徳を広げてボンベをつけるだけと、非常に簡単です。コンパクトで扱いが簡単なバーナーを探している方には、非常におすすめです。

SOTO「ST-301」のデメリット

ST-301のデメリット①重量・耐風性

SOTO「ST-301」は本体のみの重量が約690gあります。ダッチオーブンが乗るほどの剛性を保った結果としてに本体重量が他のシングルバーナーと比べて重くなっています。

車でキャンプに行く場合には気になりませんが、ウルトラライトなキャンプスタイルを目指す方には購入をためらってしまうポイントになるかもしれません。また、風防が搭載されていないため、風に弱いことも特徴です。

自然の中にあるキャンプ場では風が強い場合が多く、風防がないと火が消えてしまうため、風防は必須とも言えます。風防は様々なメーカーから発売されているため、風が吹いている場合には、自分で風防を用意しましょう。

ST-301のデメリット②ゴム足の機能性

SOTO「ST-301」の足には、純正のゴム足がついています。このゴム足は、金属の足を軽く挟むことで固定されています。

そのため、バーナーを持ち上げたり運搬したりする際に、高い確率で紛失してしまいます。このゴム足がなくなるとテーブルにバーナーを置いた際に滑りやすく、炎の熱がテーブルに伝わりやすくなるため危険です。

SOTO「ST-301」商品紹介

出典: 楽天市場
SOTO(ソト)
シングルバーナーST-301
8,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

直径20cmの大きい五徳で、25cmまでならダッチオーブンもへっちゃらです。組み立てもゴトクを広げて、ボンベを装着するだけの簡単設計。

手に入りやすいカセットボンベを使用し、バーナー部分とは別体型になっているため爆発の危険が低いのも特徴。扱いが簡単で幅広い調理ができる、シングルバーナーをお探しの方には非常におすすめです。

サイズ(使用時) 190×176×83mm
重量 690g
発熱量 3.7kW(3,200kcal/h)
30代男性
30代男性

大満足

評価:

初シングルバーナーですが、使いやすさ、火力、コンパクトさなど全てにおいて大満足です。買ってから自宅で試しましたが、ツーリングやキャンプで大活躍すること間違いありません。

SOTO「ST-301」の改造例

ST-301の改造例①シリコンチューブで火傷の対策

SOTO「ST-301」は五徳と本体を支える脚が一体となっているため、炎の熱が伝わります。「バーナーを移動させようと脚を持ったら火傷」といったことにならないよう、脚にシリコンチューブを装着するのがおすすめです。

シリコンチューブはホームセンターや100均で入手できます。シリコンチューブの付け方は、内径4mmほどのチューブを水に濡らして挿入するだけ。きつくて入りにくい場合には石鹸水を使うと挿入しやすいです。

ST-301の改造例②スタビライザーの向き

SOTO「ST-301」の脚(スタビライザー)は本来ボンべ側に向いています。このままだと収納時にスタビライザーが少し飛び出す形となり、収納に不向きです。

そこで、スタビライザーの向きを反対にしてあげることで、よりコンパクトに収納できます。方法は本体を逆さまにしてスタビライザーを固定しているネジを外します。その後スタビライザーを反対向きにして再度ネジを締めると完成です。

ST-301の改造例③圧電着火装置のネジ

アイキャッチ
deni10o Unsplash

SOTO「ST-301」の圧電着火装置を固定しているネジ。これは特に固定されているわけではないので、使用しているうちに緩んでくることがあります。ネジ紛失の可能性もあるため、固定してしまうのがおすすめです。

方法は、木工用のボンドでネジ部分を固定するだけ。この際の注意点として、固定に瞬間接着剤などを使ってしまうと2度と外れなくなってしまいます。木工用ボンドであれば、外れにくくなるだけで外すこともできます。この部分のネジ固定には、木工用ボンドを使用しましょう。

ST-301の改造例④五徳ベースゴム

SOTO「ST-301」のデメリットで紹介した、失くなりやすいゴム足。失くなると滑ったりテーブルに熱が伝わってしまうなどの危険性があります。防ぐためにも、瞬間接着剤で固定してしまうのがおすすめです。

上記のネジと違ってこちらは外す場面がないため、瞬間接着剤で固定してしまって大丈夫です。また、瞬間接着剤は100均でも手に入れることができます。

ST-301を改造する際の注意点

キャンプ
Vlad Bagacian Pexels

ここまでで紹介したSOTO「ST-301」のカスタム方法ですが、いくつか注意点があります。それはカスタムは自己責任であることと、カスタム後はメーカー保証の適応外となることです。

カスタムには分解が必要であり、メーカーが想定した使用方法とは異なる使用となります。そのため、破損やときには怪我の危険性があります。

また、破損や怪我が起きた場合に、メーカー保証を受けることもできません。そのため、カスタムは自己責任のもとで、よく準備をした上で実施しましょう。

SOTO「ST-301」Q&A

改造は違法ではないの?

改造自体は違法ではありません。しかし、注意点でも述べたように、改造に伴うバーナーの破損や怪我の危険性があります。あくまでも改造は自己責任であることを認識しましょう。

シリコンチューブが通せない・・・

シリコンチューブを挿入する際には、シリコンチューブとゴトクを軽く水で濡らしてから挿入すると通しやすいです。それでも通しにくい場合には石鹸水を使用すると滑りやすくなります。

改造は難しくない?

ドライバーや接着剤など、簡単な工具類を使用することができれば難しい作業はありません。材料や工具の準備も100均で揃えられるようなものばかりなので、ぜひ挑戦してみてください。

SOTO「ST-301」をカスタムしてキャンプで活用しよう!

camp
brianelliot263

ダッチオーブンが使えて、コンパクトなシングルバーナーのSOTO「ST-301」。そのままでも使いやすいST-301を、さらに使いやすくする改造方法を紹介しました。

キャンプに行った時のことを考えながら道具をカスタムするのは楽しく、キャンプへの意欲も高めてくれます。

紹介した改造方法は簡単で、材料も100均などで気軽に手に入れることができます。ぜひご紹介した方法で使いやすくなったST-301とともに、キャンプに出かけましょう!

にわとり

この記事のライター

にわとり

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

SOTOのストームブレイカーをレビュー!二刀流バーナーの魅力とは?

バーナー

SOTOのストームブレイカーをレビュー!二刀流バーナーの魅力とは?

SOTO「ストームブレイカー」について詳しく紹介します。ガスとガソリンの両方を燃料にできる、二刀流バーナーとしての魅力を徹底解説!また、ストームブレイカーの口コミやレビューについてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力とは?口コミや価格も

バーナー

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力とは?口コミや価格も

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力を紹介!口コミ評価や価格だけでなく、登山にも使えるのかについて掘り下げています。HOME&CAMPバーナーと合わせて使うと良いアイテムや、それぞれのサイズ感も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

SOTOのスライドガストーチが便利!充填方法やつかない時の対処法も

バーナー

SOTOのスライドガストーチが便利!充填方法やつかない時の対処法も

SOTOのスライドガストーチについて解説します!アウトドアでの火起こしや、日常生活でも便利に役立つSOTOのスライドガストーチの新モデルと旧モデルの相違点も詳しく紹介。さらに、ガスの充填方法や、つかない時の対処法もまとめましたので、ぜひチェックしてください。

トランギア「アルコールバーナー」の取っ手の自作方法まとめ!

バーナー

トランギア「アルコールバーナー」の取っ手の自作方法まとめ!

トランギアアルコールバーナーの、取っ手の自作方法を解説していきます。取っ手を自作するために、準備する物や工具をリストアップします。また、アルコールバーナーの取っ手を自作する方法を動画を交えて紹介していきます。すごく簡単にできるので、是非チェックしてください。

ST-310の改造方法まとめ!シリコンチューブで自分流にカスタマイズ

バーナー

ST-310の改造方法まとめ!シリコンチューブで自分流にカスタマイズ

SOTOのバーナーST-310の改造方法を紹介します!改造方法だけでなく、基本スペックも説明しており、初めてバーナー選ぶ人でもわかりやすくまとめました。改造に使用する商品も紹介しているので、ST-310を自分好みにカスタマイズしてみましょう。

関連するキーワード

バーナーの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード