コールマンのアウトドアワゴンの使い方や価格は?限定カラーも魅力的

お気に入りに追加

コールマンのアウトドアワゴンについて解説!人気の高い王道のコールマンのアウトドアワゴンには、どのような魅力があるのか?について詳しくまとめました。商品のサイズやカラーの詳細はもちろん、便利な使い方まで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

コールマンのアウトドアワゴンの使い方や価格は?限定カラーも魅力的

目次

  1. コールマンのアウトドアワゴンの使い方や魅力を紹介!
  2. コールマンのアウトドアワゴンの魅力
  3. コールマンのアウトドアワゴンの商品情報
  4. コールマンのアウトドアワゴンの便利な使い方
  5. コールマンのアウトドアワゴンQ&A
  6. コールマンのアウトドアワゴンは使い道が豊富!

コールマンのアウトドアワゴンの使い方や魅力を紹介!

コールマンはアウトドア用品を多く取り扱っていますが、その中でも人気が高いとされているのがアウトドアワゴンです。アウトドアをする際、荷物が必然的に増えることも多いでしょう。その際に、荷物を乗せて楽に運ぶことができるので、便利に活用ができます。

この記事では、コールマンの定番商品でもあるアウトドアワゴンについてまとめました。ワゴンの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力

コールマンのアウトドアワゴンの魅力①荷台のサイズが大きい

ワゴンを購入する際に注目するべきポイントは、やはりサイズ感ではないでしょうか?コールマンのアウトドアワゴンは、2人分の荷物であれば余裕で運ぶことが可能。

ファミリーにもおすすめのサイズ感でもあるので、多くの方から支持されている製品です。価格を見てみても、有名ブランドが丁度良いサイズ感で丁度良い価格である点も評価されています。荷台はサイズ感だけではなく、深さも使いやすい点がポイントです。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力②コンパクト収納

コールマンのワゴンは、コンパクトに収納ができます。販売されている製品は、長方形の箱に入っているのを目にしたことがあるでしょう。その大きさに収納ができるので、車のトランクや自宅の空いているスペースに置いておくことができます

ワゴンは大きく場所を取るイメージがあるかもしれませんが、コールマンの製品は収納にも重点を置いています。アウトドアに欠かせないアイテムは、収納面にも注目してみてください。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力③自立する

正しいたたみ方を行なうことで、たたんだ状態で自立するのもポイント。自立をしないと、壁に立てかけたりなどしないといけないので、自立する点は意外にも重要です。アウトドアで使用しているときも、たたんでおけば自立するので持ち運びも便利です。

ただし、自立するのは地面が平行であることが条件として挙げられます。草が生えていたり、地面が安定していない場所では自立しませんので、注意して使用しましょう。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力④荷物置きになる

アウトドアワゴンをアウトドアで使用する際の魅力として、荷物置きにできる点です。キャンプに足を運んだときなど、荷物置きが無くて困った経験がある方も多いでしょう。テントの設営時など、荷物を地面に置くしかないというシーンは意外にも多いです。

そのようなときにアウトドアワゴンがあれば、荷物を地面に置く必要がありません。荷台のサイズがありますので、量が多い荷物もなんなりと乗せておくことができるでしょう。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力⑤使い道が豊富

コールマンのアウトドアワゴンの魅力として、アウトドア以外の使い方も豊富にある点が支持されている理由の一つでしょう。アウトドアだけではなく、日常生活の中でも便利に活用することができます。日常生活にアウトドアワゴンを取り入れてみてはいかがでしょうか?

また、別売りの製品として、コールマンのアウトドアワゴンに取り付ける蓋部分はテーブルとして使用も可能。荷物を乗せるだけではなく、専用製品を利用して自分好みにカスタムしてみるのもおすすめです。

蓋部分になる製品は、価格もそこまで高くないです。そのため、同時に購入してみると良いでしょう。

出典: 楽天市場
Coleman(コールマン)
アウトドアワゴンテーブル
3,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
価格も安いため同時購入がおすすめ!

開け閉めが自由自在に行なえる、コールマンのアウトドアワゴン専用のテーブルです。価格も安いので、価格重視の方でも手が出しやすいのが特徴。

収納時は四つ折りにたたむことができ、たたみ方も簡単です。収納ケースも付いています。

サイズ 100×55×7cm
重量 約1.7kg
耐荷重 約5kg
男性
男性

セットで購入すべき商品

評価:

ワゴンと同時に購入。必要かな?と最初は思いましたが、価格も安かったので買ってみた。買って正解!たたみ方も簡単で、便利に使うことができる。キャンプ時には調理器具を上に置いています。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力⑥組立・たたみ方が簡単

コールマンのアウトドアワゴンは、組立てる時がとても簡単です。もちろん、たたみ方も簡単。一人でも余裕な組立、たたみ方になるので、便利に活用できるでしょう。男性だけではなく、女性も簡単に扱うことが可能です。

組立とたたみ方が簡単なワゴンは、一緒に連れていきたくなる製品になること間違いなし。組立とたたみ方のコツを覚えて、スムーズに使いこなしてみましょう。

コールマンのアウトドアワゴンの魅力⑦カラーの種類

コールマンのアウトドアワゴンのカラーは、まず一番に王道の赤色が浮かぶでしょう。実は、その他にも多数のカラーが展開されています。アルペンやドンキホーテとコラボをした限定カラーなどもあります。

赤色以外で人気のカラーは、ネイビーやグレー、ブラックが挙げられます。その他にも、個性を出したいのであれば、カモ柄もおすすめでしょう。

コールマンのアウトドアワゴンの商品情報

出典: 楽天市場
Coleman(コールマン)
アウトドアワゴン
8,354円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
代表的な赤色がやはり人気No1!

コールマンのアウトドアワゴンには、カラーが豊富に展開されています。しかし、やはり王道カラーでもある赤色が、一番の人気を誇っているといえるでしょう。

移動が楽に行なえる大きめのタイヤが付いているので、荷物を載せてもスイスイと進むことが可能です。たたみ方も簡単かつコンパクトになるので、収納力が高いのも魅力。

ワゴンを引く取っ手部分は、カスタムをして握りやすくしている方も多いです。その他にもカスタム方法はいくつもありますので、自分好みのカスタムでオリジナルワゴンに仕上げるのも良いでしょう。

本体サイズ 106×53×100(h)cm
重量 約11kg
30代/女性
30代/女性

子どもを乗せてもスイスイ動く

評価:

キャンプはもちろんのこと、少し大きめの公園に行ったときも活躍します。荷物がたくさん乗りますし、ときには子どもが喜んで乗ることも。スムーズに進むので、ストレスもなく活用できています。

コールマンのアウトドアワゴンの便利な使い方

使い方①キャンプ場で使う

一番アウトドアワゴンを使用するシーンが多いのが、キャンプでの使用でしょう。アウトドアワゴンというだけあり、やはり使い勝手は最高級です。底板を手作りしてカスタムすることで、一層活躍するアイテムに仕上がります。

キャンプで使用する方の多くは、使い勝手が良くなるようにカスタムする方が多いです。自分好みのカスタムを加えて、使いやすいワゴンに進化させるのも醍醐味です。

使い方②子供のイベントで使う

子供のイベントは意外にも多く、運動会や地域の行事には荷物が多くなるでしょう。そのような場合に、アウトドアワゴンを使用することで荷物をスムーズに運ぶことができます。

また、イベントでなくとも、近場の公園に行く際に持ち寄ることもできるでしょう。子供が乗ってもびくともしないので、子供を乗せて走らせている光景も目に入ります。ただし、子供を乗せる際は自己責任になるため、目を離さぬようにしてください。

使い方③仕事で使う

アウトドアワゴンを仕事で使用するという方も、意外に多いといいます。職種によっては荷物を運ぶことがある、という方もいることでしょう。その際に耐荷量100kgのコールマンのアウトドアワゴンを使用することにより、仕事の幅も広がるでしょう。

使い方④日常生活で使う

コールマンのアウトドアワゴンは、日常生活にも馴染むシンプルなデザインです。そのため、自宅で使用しているという方も多くいます。タイヤの汚れを拭き取り、自宅で子供のおもちゃ入れにしている、もしくは収納として使用しているという方も少なくありません

インテリアにも馴染むカラーを選ぶことにより、意外にもおしゃれな部屋作りに貢献する製品といえます。

使い方⑤災害時に使う

災害時には荷物を急いで外に運び出す必要があります。そのときに、人の手だけでは限界があるので、コールマンのアウトドアワゴンを使用すると便利です。災害時にサッと組立ることができますし、しまいたい時は簡単なたたみ方で収納も可能

災害時に役立つ製品として、常備しているという方も少なくありません。いつ起こるが分からない災害に備えて、コールマンのアウトドアワゴンの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

コールマンのアウトドアワゴンQ&A

コールマンのアウトドアワゴンでネイビーにホワイトフレームの商品はどこで購入できますか?

ネイビーカラーのアウトドアワゴンは、オンラインショップで販売がされていました。しかし、完売していることが多いので、なかなか手に入らない可能性があります。

コールマンのアウトドアワゴンは砂浜で走らせることができますか?

砂浜はタイヤが埋まってしまう可能性があります。うまく進めない可能性があるので、使用は控えた方が良いかもしれません。

コールマンのアウトドアワゴンは使い道が豊富!

コールマンのアウトドアワゴンは、定番の商品になり人気が高いです。アウトドア以外にも日常生活で活用ができるので、持っていると便利でしょう。カラーバリエーションも多いので、自分好みのカラーを見つけてみてはいかがでしょうか?

N.R

この記事のライター

N.R

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード