スノーピークの焚き火台がバーベキューで大活躍!理由と活用法を解説

お気に入りに追加

スノーピークの焚き火台を使ってバーベキューを楽しむ活用方法を解説します。バーベキューでスノーピークの焚き火台が選ばれる理由を詳しく紹介します。ソロから大人数のキャンプなど様々なシーンに対応したサイズ展開もまとめたので、参考にしてみてください。

スノーピークの焚き火台がバーベキューで大活躍!理由と活用法を解説

目次

  1. バーベキューで活躍するスノーピークの焚き火台を紹介!
  2. バーベキューでスノーピークの焚き火台が選ばれる理由
  3. スノーピークの焚き火台の種類
  4. スノーピークの焚き火台の活用法
  5. スノーピークの焚き火台のQ&A
  6. スノーピークの焚き火台でバーベキューを楽しもう!

バーベキューで活躍するスノーピークの焚き火台を紹介!

炎
Hans

1996年から親しまれているスノーピークの超定番である焚き火台は、直火禁止をマナーとするキッカケとなった商品です!

グリルブリッジ、ロストルのアイテムと組み合わせることで焚き火だけでなく、バーベキューやその他の料理にも幅広く活用できます。

スノーピークの焚き火台はコンパクトで持ち運びやすく、優れた耐久性、人数やシーンに合わせたサイズ展開も魅力です。

「スノーピーク」公式サイト

バーベキューでスノーピークの焚き火台が選ばれる理由

スノーピークの焚き火台は、豪快な焚き火にも耐えうる高スペックさが魅力です。炭床やグリルブリッジで火加減を調節することで多彩なバーベキューを楽しめます。バーベキューでスノーピークの焚き火台が選ばれる理由を3つ紹介します。

高温に耐える丈夫なスペック

固形燃料で着火した焚き火
Stones

スノーピークの焚き火台は、耐熱実験を繰り返し一生使い続けられる高スペックを求め開発されました。衝撃や熱に耐えうる丈夫な1.5mmのステンレス素材、三角板材とパイプの確実な溶接技術により強靭な焚き火台が実現しました。

逆四角錐形状のシルエット、機能とデザイン性も兼ね備えた上部にある空気穴は燃焼を促す効果もあります。

使い方や手入れが簡単

キャンプの片付け
LUM3N

シンプルなデザインのため、折りたためてコンパクトなので持ち運びやすいです。使用時は開いて置くだけでセッティング完了なので使い方も簡単です!

使用時は灰を処理し、冷ましてから、ステンレス製のタワシで磨き、丁寧に水をふき取るだけなので、お手入れも簡単です。タワシで磨いてもステンレス製のため、傷つきにくいのも特徴です。

余談ですが、風合いを出したい方は灰を処理するだけの方もいます。傷をつけたくない方は、スポンジで磨いてもOKです。自分好みのお手入れ方法をみつけて使ってみてください。

抜群の安定感

ダッチオーブンに炭火を載せている様子
distelAPPArath

ダッチオーブンやスキレットなど重い調理器具を乗せても安定感があります。三角板材と脚部分の接地箇所が丈夫な設計になっているためです。倒れて火傷やけがをしないよう配慮された頑丈さもオススメポイントです。

スノーピークの焚き火台の種類

スノーピークの焚き火台は、人数や様々なシーンに対応した3サイズ展開となっています。Sサイズはソロキャンプに、Mサイズはファミリーでのキャンプに、Lサイズは大人数のキャンプにオススメです。

従来の丈夫さも兼ね備えた新型の焚き火台が発売予定との情報もあります。ちなみに新型はソロ向けです。

スノーピークの焚き火台【Sサイズ】

出典: 楽天市場
スノーピーク
焚き火台S
9,460円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ソロキャンプに最適!

Sサイズは、軽量でコンパクトなのでソロキャンプにもオススメです。1~2人用のため、カップルでのキャンプ、大人数のキャンプの際に個人用としての利用にも最適です。様々な用途での利用が可能です。ナイロンのケースも付いています。

折りたたんでも突起がないため、子供でも簡単にセッティングが可能です。けがをしないよう配慮した設計となっています。

サイズ 270×270×210mm
重量 1.8kg
材質 ステンレス
40代/男性
40代/男性

スノーピークにして良かった!

評価:

シンプルでオシャレなデザインで、とても使いやすく、持ち運ぶ時も重さは気になりませんでした。ソロキャンプや仲間との焚き火にもオススメです。

スノーピークの焚き火台【Mサイズ】

出典: 楽天市場
スノーピーク
焚き火台M
13,860円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ファミリーでのキャンプに最適!

Mサイズは、ファミリーでのキャンプにオススメです。少し重さはありますが、折りたためて持ち運びも楽なので荷物の多くなりがちなファミリーに最適のサイズです。ナイロンのケースも付いています。

1996年にSサイズとLサイズが発売された後、中間サイズが欲しいというユーザーの声から発売されたのが、Mサイズでした。今でも親しまれている商品です。

サイズ 350×350×248mm
重量 3.5kg
材質 ステンレス
30代/女性
30代/女性

プレゼントとして

評価:

キャンプ好きな主人の誕生日プレゼントに購入しました。本人も欲しがっていたので大変喜んでいました。購入して良かったです。

スノーピークの焚き火台【Lサイズ】

出典: 楽天市場
スノーピーク
焚き火台 L
17,160円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
大人数のキャンプに最適!

Lサイズは、大人数のキャンプにオススメです。3~4人用のめ、人数により、いくつか組み合わせて使用することも可能です。焚き火や調理用など用途により、違う使い方をすることで楽しさも増します。ナイロンのケースも付いています。

長年親しまれているのは、何よりもずっと使い続けることができる、優れた耐久性とシンプルな構造にあります。重さはありますがコンパクトに折りたためるので、持ち運びに便利です。

サイズ 455×455×315(h)mm
重量 5.5kg
材質 ステンレス
40代/男性
40代/男性

重いけれど、、、

評価:

大人数でのキャンプで使いました。持ち運ぶ際は少し重かったですが、頑丈で安心感があり長く使っていきたいと思いました。焚き火でのバーベキューはとても美味しかったです。

スノーピークの焚き火台の活用法

様々な調理をする、暖まる、灯りとして使う3つの活用法を紹介します。スノーピークの焚き火台はシンプルで丈夫なため、様々な使い方ができます。

バーベキューやその他の料理で使う

バーベキュー
Republica

使用するスノーピークの焚き火台により、炭床をワンサイズダウンさせることで、火力を調節できます。また、グリルブリッジを使うことで、調理の幅も広がります。

様々なアイテムと組み合わせることでバーベキューや鍋料理、燻製料理などを楽しむことが可能です。ぜひ普段のキャンプやアウトドアで、試してみてください。

冬キャンプで暖をとる

焚き火
tetuzin

冬キャンプの必須アイテムである焚き火台を囲み、炎で暖まりながら友人や家族と語らう時間は、特別なひとときとなることでしょう。

コミュニケーションツールにもなる焚き火台で暖をとってみませんか?人との距離を縮めて、豊かなキャンプライフを楽しんでください。

灯りとして使う

テントと焚き火
IlyaKantakov

焚き火は広範囲を照らしてくれるため、灯りとしての使い方ができます。キャンプでは、日常を忘れ、ぜひ焚き火を灯りの代わりに使ってみてください。人工的な灯りと違って、本物の炎にはリラックス効果があるとも言われています。

スノーピークの焚き火台のQ&A

スノーピークから新型の焚き火台が出るとの噂を聞きました。わかる範囲でどのようなものか教えてください。

公式ページでは新型の焚き火台に関する発売日や商品詳細は公開されていませんが、新型の焚き火台はソロ向けです。上段に網、中段に薪、下段に灰受けの3段構造になった新しいデザインとなっています。

家族でキャンプをするのですが、スノーピークの焚き火台のサイズに悩んでいます。どのサイズが最適ですか?

家族の人数によりますが、薪の大きさはキャンプ場により異なるのでLサイズがオススメです。豪快な焚き火を楽しめるのも魅力です。ただ薪を割る手間が面倒でなければ、Mサイズでもいいかもしれません。

スノーピークの焚き火台を購入予定です。オススメの付属品があれば教えてください。

スノーピークの焚き火台は空気穴があるため、灰が下に落ちやすいです。そのため、芝や土を傷めないようにベースプレートは最低限必要かと思います。バーベキューなど料理をするなら、炭床やグリルブリッジもオススメです。

スノーピークの焚き火台でバーベキューを楽しもう!

バーベキューで鉄板で肉を焼いている様子
Shutterbug75

自然に優しくキャンプを楽しむためには、キャンプ用品の選び方も重要になってきます。ぜひ、普段のキャンプ用品の一つとして取り入れてみてください。

いかがでしたか?長年愛用できるスノーピークの焚き火台がバーベキューに活用できるのは丈夫なためです。炭床やグリルブリッジ、焼き網を組み合わせ、ぜひバーベキューを味わってみてください。

コスパ最強の焚き火台おすすめ15選!安い価格の優秀アイテム紹介!

あわせて読みたい

コスパ最強の焚き火台おすすめ15選!安い価格の優秀アイテム紹介!

焚き火台の中でもコスパ最強のおすすめ商品を紹介します。安い値段で買うことができ、コンパクトでソロキャンプ向きの焚き火台や女性におすすめの軽量タイプのものを15選にまとめました。さらに、スノーピークやニトリのコスパ最強の安い焚き火台も掲載しています。

焚き火台「ピコグリル」の魅力に迫る!ソロキャンプにもおすすめ!

あわせて読みたい

焚き火台「ピコグリル」の魅力に迫る!ソロキャンプにもおすすめ!

焚き火台「ピコグリル」について紹介します!398や760、スノーピークや類似品の特徴の違いや値段について掘り下げて詳しくまとめました。キャンプ芸人のヒロシも愛用する焚き火台ピコグリルの魅力を、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグのおすすめ焚き火台紹介!使い方や口コミも!

あわせて読みたい

キャプテンスタッグのおすすめ焚き火台紹介!使い方や口コミも!

キャプテンスタッグの焚き火台について解説しています。使い方や改造についても詳しく紹介しています。おすすめのキャプテンスタッグの焚き火台や、それぞれの特徴についても、口コミを添えて紹介しています。商品の特徴ごとに比較もしていますので、是非参考にしてみてください。

natamosaze

この記事のライター

natamosaze

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ペトロマックスのアタゴが万能すぎる!便利な活用アイデアを紹介!

焚き火台

ペトロマックスのアタゴが万能すぎる!便利な活用アイデアを紹介!

ペトロマックスのアタゴが万能で人気を集める理由を解説!1台で何通りにも使える活用アイデアを紹介します。ペトロマックスのアタゴで焚き火をするときの、煙の量や掃除のしやすさも調べました。収納ケースや相性のよいダッチオーブンのサイズなど、オプションも要チェックです。

ニンジャファイヤースタンドが軽くて便利!調理もできて大活躍!

焚き火台

ニンジャファイヤースタンドが軽くて便利!調理もできて大活躍!

ニンジャファイヤースタンドの、詳しい寸法や重量の詳細を徹底解説。持ち運びに便利で、調理まで可能なニンジャファイヤースタンドの便利な使い方を説明します。軽量でコンパクトで使い勝手の良い焚火台を探している方は、ぜひ参考にしてください。

人気の焚き火台「ラプカ」の魅力とは?一台あるとキャンプが快適に

焚き火台

人気の焚き火台「ラプカ」の魅力とは?一台あるとキャンプが快適に

キャンプに人気の焚き火台「ラプカ」の魅力を紹介!ラプカの組み立てや、誕生した理由についても掘り下げていきましょう。オプションの五徳や鉄板、焼き網についても触れています。ラプカの存在が気になるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプの焚き火台にファイヤーピットはいかが?おすすめアイテムは?

焚き火台

キャンプの焚き火台にファイヤーピットはいかが?おすすめアイテムは?

ファイヤーピットについて説明します。この記事ではファイヤーピットの選び方や使い方、おすすめアイテムについてまとめました。おしゃれなデザインなものから軽量なものまで多彩なアイテムを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

軽量焚き火台おすすめ10選!ソロキャンプに便利な小型タイプも

焚き火台

軽量焚き火台おすすめ10選!ソロキャンプに便利な小型タイプも

おすすめの軽量焚き火台を、10選紹介します。ソロキャンプに最適である、小型・軽量で折りたたみできるものなど、コンパクトサイズの焚き火台をまとめました。また、焚き火台の選び方も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

焚き火台の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード