レイサ6は冬キャンプにもおすすめ!サイズや設営方法・評判は?

お気に入りに追加

レイサ6について詳しくまとめました。ノルディスクからでているトンネル型テントのレイサ6は大人気のテントですが、なぜそんなに人気なのか?その理由を解説しています。また、とても簡単な設営方法やサイズ・評判も紹介してるので購入に悩んでる方は参考にしてみてください。

 レイサ6は冬キャンプにもおすすめ!サイズや設営方法・評判は?

目次

  1. レイサ6のサイズや設営方法・評判を徹底紹介!
  2. レイサ6の特徴を評判と合わせてチェック
  3. レイサ6の設営方法・たたみ方
  4. レイサ6の商品情報
  5. レイサ6Q&A
  6. レイサ6で冬キャンプも快適おしゃれに!

レイサ6のサイズや設営方法・評判を徹底紹介!

テント
terjeaeriksen

ノルディスクと言えばお洒落なキャンパーが使用していて、キャンプ場でも1組は必ず張っていると言っても過言ではないでしょうか。

そんなノルディスクのトンネル型テント、レイサ6の大きさや設営方法・評判を徹底紹介します。

過去に限定発売されていたレガシーの新モデルから、人気のベージュカラーまで、それぞれの良さと違いをまとめているので、欲しいけど高くて悩んでる方や、トンネル型テントの良さを知りたい方は参考にしてみてください。

レイサ6の特徴を評判と合わせてチェック

レイサ6の特徴①大きさ

レイサ6は6人用のテントとして、テント内部には高い居住空間を持ったリビングルームとインタールームがあるのでタープを設営しなくても快適なキャンプを過ごすことが出来ます。

大きいサイズのテントだからこそテント内で様々なレイアウトをとれるので、大人数から少人数までオススメのテントです。

レイサ6の特徴②高さ

リビングルームの高さは最長210cmなので、高身長な方でも十分な高さがあります。しかし、入口となるメインドア部分の高さが170cmとなっているので、高身長の方には狭いと感じられるかもしれません。

レイサ6の特徴③インナーテント

レイサ6には2つのインナールームがあります。それぞれ4人用と2人用のサイズとなっていて、吊り下げ式なので不要な時には外すことも出来ます。

4人家族であれば2人用のインナールームを外してリビングスペースを広げたり、ゆったりとした居住空間を作ってもいいかもしれません。

レイサ6の特徴④レイアウト・用途が多彩

先ほど記載した通り、インナーテントが吊り下げ式で取り外し可能なので、用途に合わせたレイアウトを自由に作ることができます。

例えばインナーテントをすべて外してグループキャンプ時のリビングとして使えば大人数でも収容が可能となります。または、インナーテントを2つ設置して1つは寝室として使い、もう1つは荷物を置くスペースとしても使用可能です。

レイサ6の特徴⑤窓

レイサ6には窓があります。外の景色を楽しむことが出来て、光を入れて明るくすることも出来ます。

風が強い日や、寒い冬など締め切りたいけど景色や外の光を取り入れたいといったときに窓はオススメです。

レイサ6の特徴⑥設営が簡単

トンネル型テントは設営が難しいと思っている方も多いかもしれませんが、実は初心者の方や1人でも簡単に設営出来ます。

レイサ6は4本のポールからなっており、ポールと本体の通す部分に色分けがされているので間違えることもないように作られてます。

ポールを本体に通して固定すると自立するので、あとはペグを4本打ち込むだけで設営が完了します。

レイサ6の設営方法・たたみ方

レイサ6の設営方法

  1. 収納袋から本体を取り出し、設営場所に広げてください。このときの設置場所は大体で大丈夫です。 レイサ6はポールのみで自立が可能なので、後から向きや位置を調整することが出来ます。
  2. ゴールドとシルバーのポールが2本ずつ付属していますので、それぞれ組み立てます。
  3. テント本体にあるスリーブ(通し穴)に、先ほど組み立てたポールを通します。この際、スリーブにポールと同じ色がついているので、スリーブの色に対応したポールを通しましょう。
  4. ポールを通したら、テントの端にカップがついているので、そこにポールを差し込みます。 カップに差し込んだポールのテンションでテントが自立するので、カップに差し込むには力が必要です。
  5. ポールをカップに差し込んだらテントを自立させ、テントの端(長辺側)を引っ張ります。 引っ張った橋にペグを打ち込み、反対の端も同様に引っ張りペグを打ち込み固定します。
  6. テントが立ち上がり固定できたらインナーテントを必要に応じて取り付けます。 インナーテントはバックルで取り付けになっているのでとても簡単です!

設営方法の手順になります。。テントの設営は男の役目となっている方は、簡単なので子どもやパートナーと一緒に設営されてみてはいかがでしょうか。

綺麗に張れたときの嬉しさを共有することも、キャンプの楽しみになるはずです。

レイサ6の畳み方

  1. インナーテントを外します。取り付けた状態でも畳むことは出来ますが、取り外した方が綺麗に畳めて、収納袋にも入れやすくなります。
  2. 窓やドアなどのチャックを閉めます。チャックが開いた状態だと、折り畳みの際の手間が増えます。
  3. 張り網のペグも含めてすべてのペグを抜きます。
  4. ポールは全て抜いてください。カップから外す際に少し力が必要なのと、テンションがかかっているので弾みで怪我をしないように気を付けましょう。
  5. ポールを抜き終えたら、一度テントの表側を上にした状態で広げます。広げたら端から真ん中に長方形になるように畳みます。 この時、収納袋の大きさに合わせて端を畳むとサイズが丁度良くなります。
  6. 長方形に畳んだテントの端にポールを置き、ポールが中心になるように丸めていきます。 空気が中に残らないように体重をかけながら丸めると良いです。

テントのたたみ方はあまり紹介されていませんが、簡単なたたみ方の説明になりますので、是非このたたみ方を実践されてみてはいかがでしょうか

レイサ6の商品情報

レイサ6レガシー

出典: 楽天市場
ノルディスク
レイサ6 レガシー
385,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

過去に個数限定で発売されていたレイサ6のレガシーテントが2019年新モデルとして発売されました。変更点としてスリーブ通しが短くなっており、ポールフックも付き設営しやすくなりました。

また、生地がTC素材なので冬には暖かく、結露にも強くなってます。しかし評判が良く希少性の高いテントゆえに値段も高くなってます。

本体サイズ 645×295×210cm
フライシート素材 コットン65%、ポリエステル35%
インナーテント素材 コットン65%、ポリエステル35%
重量 トータル42kg
20代女性
20代女性

お気に入りのテントです!

評価:

念願のレガシーを手に入れることができました!!
結露にも強いポリコットン素材で冬キャンプで大活躍です。

レイサ6ダスティグリーン

出典: 楽天市場
ノルディスク
レイサ6 ダスティーグリーン
122,999円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

ノルディスクと言えば、白色のテントとイメージを持っている方も多いかもしれませんが、芝と一体感がでる落ち着いたカラーのダスティーグリーンのテントも展開されています。

素材がレガシーとは違いポリエステルとリップストップから出来ているので、重量は半分以下になってます。また、冬のキャンプには結露が発生する可能性が高いので結露対策が必要です。

本体サイズ 645×295×210cm
フライシート素材 リップストップ
インナーテント素材 ポリエステル100%
重量 17kg
40代男性
40代男性

広さに満足

評価:

4人家族にはちょうどいい大きさで、スペースも広くとても満足です。
評判通りのテントが買えました。

レイサ6ジャパンベージュ

出典: 楽天市場
ノルディスク
レイサ6 ジャパンベージュ
162,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

テント本体がベージュでサイトでもお洒落に際立つカラーです。人気のカラーなので入手が困難ですが、是非手に入れたい一品ですね。

夏は快適に過ごせるメッシュ加工がインナーテントにされており、通気性抜群となってます。しかし開閉が出来ないので冬にはスカートなどで通気性を防ぐ対策をとった方が快適に過ごせます。

本体サイズ 645×295×210cm
フライシート素材 リップストップ
インナーテント素材 ポリエステル100%
重量 17kg
30代男性
30代男性

憧れのトンネル型

評価:

憧れのトンネル型テントでしたが、申し分ない大きさなのに設営もしやすいです。
たたみ方も数回こなせば綺麗に収納袋に収まるようになって、こんなに使いやすいテントなんだと思いました。

レイサ6Q&A

冬のキャンプには向いてないでしょうか?

薪ストーブを中に入れることが難しいので、冬には適してないと思われがちですが、自作のスカートを取り付けることで隙間風を防いで暖かくすごくことが出来ます。

6人用となってますが、何人まで寝ることができるのでしょうか?

インナーテントが二つあり、4人用の大きさと2人用の大きさとなってますが、大人だと少し狭く感じるサイズとなってます。

その場合は、リビングルームにフロアシートを敷くかコットで寝るなどすると、スペースは十分確保できます。

結露がすごいと評判がありましたが、実際はどうなのでしょうか?

レガシー以外だと冬の結露は発生する可能性が高いので、寝袋などは防水加工のものを使用する方が良いです。レガシーはポリコットン素材なので結露でテント内が濡れることは少ないです。

サイズが大きいので設営は難しいのでしょうか?

レイサ6の魅力の一つが初心者でも扱いやすく、設営がとても簡単なことです。また、たたみ方も簡単で、たたみ方も紹介しているので試してみてください。

レイサ6で冬キャンプも快適おしゃれに!

レイサ6には地面とテントの間に隙間があるので、冬には寒いと感じることがありますが、そんなときはスカートを自作してみてください。

ホームセンターで買えるもので簡単に自作することが出来るので、冬キャンプにはしっかりと対策を取り、快適におしゃれなキャンプを過ごしてみてはいかかでしょうか。

また、2020年新モデルのレイサ6が登場の情報もあり、元々スカートがついてるとのことです。こちらも販売が楽しみですね。

aoasa

この記事のライター

aoasa

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

テント

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

CIRCUS 720DXの使い心地について説明します。テンマクデザインのCIRCUS 720DXの基本的なスペックや、魅力的な特徴をまとめました。廃盤後に登場した、テントとサイドウォールのセットについても紹介しているので、チェックしてみてください。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

関連するキーワード

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード