食べられる野草25選&見分け方!春夏秋冬・季節ごとのおすすめ植物!

お気に入りに追加

食べられる野草と食べる際の見分け方について詳しく説明します。野草を食べられるかどうかチェックする方法をまとめました。また、ギシギシやノビルなどの食べられる野草を、季節ごとに紹介。キャンプなどで野草を食べる機会がある際には、ぜひ参考にしてみてください。

食べられる野草25選&見分け方!春夏秋冬・季節ごとのおすすめ植物!

目次

  1. 食べられる野草を徹底紹介!
  2. 食べられる野草の見分け方
  3. 食べられる野草のおすすめ8選【春】
  4. 食べられる野草のおすすめ9選【夏】
  5. 食べられる野草のおすすめ4選【秋】
  6. 食べられる野草のおすすめ4選【冬】
  7. 野草を美味しく食べる方法と注意点
  8. 食べられる野草を楽しもう!

食べられる野草を徹底紹介!

食べられる薬草であるアザミ
pixel2013

食べられる野草は、野山はもちろん身近な場所にも多く自生しています。サバイバルの際に野山を巡ってギシギシやノビルなどの食べられる野草を探すのも、アウトドアの醍醐味の一つです。また、野草についての知識を持っておくと、サバイバルの際に役立ちます。

一方で、野草には毒のある品種もあり、見分けが難しいです。この記事では、ノビルなどの食べられる野草の見分け方や代表的なもの、食べ方について紹介していきます。

食べられる野草の見分け方

食べられる野草の見分け方①部位を5つに分ける

1本の野草の中でも、食べられる部分と食べられない部分があることがあります。そんな時は葉、根、茎、花、芽の5つの部位に分け、食べられるかテストしましょう

この時点で虫がついているもの、異臭のするもの、見た目が悪いものは廃棄するようにしてください。

食べられる野草の見分け方②触ってみる

食べられる野草であるたんぽぽを触る人
Pezibear

野草を5つの部位に分けたら、部位ごとに手首か肘あたりに15分ほど置きます。置いた部位に発疹や火傷、麻痺、かゆみなどの症状が出た場合は害があるサインです。その際はすぐに食べるのをやめましょう。

食べられる野草の見分け方③火を通す

野草を触ってみて大丈夫なら、次は食べる準備に入ります。火を通した野草を唇に約3分間つけてください。

この時に唇が腫れたりヒリヒリするなどの反応が出た場合は、その部位を食べないようにしましょう。種類によっては、火を通すことで食べられるようになる場合もあります。

食べられる野草の見分け方④舌の上に乗せる

食べられる野草であるギシギシ
Birderswiss_Photography

野草を舌の上に乗せて15分ほど待ちます。この時に、舌が腫れたりヒリヒリするなどの症状が出ないかをチェックしましょう。舌に違和感があったあった場合は、すぐに吐き出し口をゆすいでください。

食べられる野草の見分け方⑤噛んでみる

野草を舌に乗せて大丈夫なら、次は噛んで口の中で15分様子をみましょう。ここでは、絶対に飲み込まないでください。口の中が腫れたり、ヒリヒリした場合はすぐに吐き出して口をゆすいでください。

食べられる野草の見分け方⑥飲み込む

食べられる野草であるワラビ
hhorakova

舌に乗せた状態で15分問題なく経過したら、飲み込んでみてください。この後8時間ほどは、体調の変化がないかどうかチェックしましょう。その際、水以外のものは摂らないことが大切です。

万が一気分が悪くなったら我慢せずに吐き、水を多めに飲んでください。いつまで経っても体調がよくならなかったり逆に悪くなってしまうようなら、医療機関を受診するようにしましょう。

食べられる野草の見分け方⑦食べる

飲み込んで大丈夫だったら、同じ種類の野草を1/4カップ程度集めます。火を通し食べたら、さらに8時間ほど様子をみましょう。この時も、水以外のものは摂取してはいけません。

8時間経過して体調の異変がなければ、その野草は食べられると判断できます。食べられるかどうか判断するには、忍耐力や時間が必要です。このチェックは食べられる野草かどうか判断する国際基準にもなっているので、ぜひ覚えておいてください。

食べられる野草のおすすめ8選【春】

春の食べられる野草①タンポポ

日本中のいたるところに生えているタンポポも食べられます。花と葉、根を食べることができます。葉はよく茹で水にさらしてアクを抜き、おひたしや白和えにすると美味しいです。花は酢を加えた熱湯で茹でて、三杯酢にするのがおすすめです。

また、開花寸前に根を掘り出し洗って天日干しにすると、胃痛や消化促進に効果があるお茶を作ることができます。

春の食べられる野草②つくし

春の野草として、非常に人気があるのがつくしです。つくしは北海道から九州まで広く自生しており、土手や野原などでよくみられます。つくしは早春に地上に出てきますが、枯れた後は緑のスギナが付近から芽を出します。

つくしを採取するときは手で根元の方から摘みとり、はかまを剥がします。また、胞子の残っている頭の部分は苦いので捨て、茎だけを軽く茹でてから調理するようにしましょう。つくしの調理法としては、卵とじや胡麻和えなどがおすすめです。

春の食べられる野草③カタバミ

道端でよく見かけるカタバミも食べられる野草です。カタバミは世界中に分布する野草で、土手や山野、庭などあらゆるところで採取することができます。採取時期は5〜9月で、葉と花の部分を食べられます。

花は生のままサラダにしたり、茹でて酢の物にするのがおすすめです。鮮やかな黄色が料理のアクセントとなります。葉もサラダや、天ぷら、油炒めにして食べることができます。

ただし、カタバミはギシギシと同様シュウ酸を含んでいるため、多量に食べないようにしましょう。

春の食べられる野草④ナズナ

春の七草として知られるナズナは、ペンペングサとも呼ばれる春の野草です。ギシギシと同じく各地の畑や道端、土手などどこでも見ることができます。

主に冬から早春にかけて採取され、若苗、若芽や根を食べることができます。生のまま衣をつけて天ぷらにしたり、茹でておひたしや和え物にするのもおすすめです。

春の食べられる野草⑤ワラビ

ワラビも春の食べられる野草として人気です。日当たりの良い山地や草地に多く自生しているので、キャンプ場の周りなどサバイバルの際に採取できる可能性も高いです。採れる時期は3月から5月で、茎ごとちぎり取るようにして採取してください。

ワラビを手で触る際はアクで手が汚れるので、手袋をはめるようにしましょう。また、ワラビには天然毒が含まれるため、必ずアク抜きを行ってください。鍋に水と重曹、ワラビを入れ、沸騰するまで火にかけます。

そのまま落し蓋をし8時間ほどそのままにして、水替えを行ったら完了です。アク抜きしたワラビは、煮物や炊き込みご飯、おひたしなど様々な料理に使うことができます。

春の食べられる野草⑥フキ

フキは九州や四国、本州の山野や河岸などの日当たりの良い所に生えています。食べられる部分は茎と花茎で、3〜5月頃に採取することができます。茎は地下茎を抜かないように根元から採るようにしましょう。

また、茎を料理に使う際は、丁寧にアク抜きをするようにしてください。アク抜きしたものは皮を剥き、煮物や油炒めにするのがおすすめです。

春の食べられる野草⑦オランダガラシ

オランダガラシは、別名クレソンと呼ばれて親しまれています。元々はヨーロッパ原産ですが、現在では全国各地の清流で採取可能ですので、サバイバル時重宝されます。3月から5月が食べ頃で新芽や茎葉、若苗、つぼみなど様々な部分を食べることができます。

爽やかな香りとピリリとした辛味が特徴で、サラダはもちろん肉料理の付け合わせやおひたしなどアレンジ自在で使い勝手が良い食材です。

春の食べられる野草⑧オオバコ

オオバコは日当たりの良い道端や野原、山林でごく普通に見かける野草なので、サバイバル時によく用いられます。草丈は10〜50cmほどで、葉はやや先が尖った楕円形をしています。

春から夏にかけて採取することができ、若葉や若苗を食べられます。オオバコの調理法は、天ぷらや塩茹でしてから酢味噌和えなどにするのがおすすめです。

食べられる野草のおすすめ9選【夏】

夏の食べられる野草①ノビル

ノビルはよく日の当たる路傍や、堤防、草原などに生えていることが多い野草です。ノビルの地下茎は白く円形か広卵形で長さは1〜2cmほどとなっています。

ノビルを採る際は、根元から束ねて引き抜くようにしてください。ノビルは葉と球根を食べることができ、熱湯で軽く茹でてから酢味噌和えや雑炊などに仕立てるのがおすすめです。また、ノビル特有の風味を生かし、薬味として活用できます。

夏の食べられる野草②よもぎ

よもぎは日当たりの良い道端や野原に自生する日本原産の野草です。よもぎの葉は深く切れ込んだ形で表面は緑色ですが、裏面は白い綿毛が密生しているのが特徴です。

葉は6月から7月頃に採取し、茹でて水にさらして胡麻和えや酢味噌和えにするのがおすすめです。また、茹でた葉を細かく切り餅と混ぜると草餅ができるので、サバイバル時のおやつにぜひ試してみてください。

夏の食べられる野草③どくだみ

どくだみは日が当たらない路傍や庭先などで多く見かける多年草です。採取時期は春から夏にかけてで、若苗や茎、地下茎などの部分を食べることができます。

独特の匂いを嫌う人もいますが、薬効が多いことで有名です。そこら中に生えているので、サバイバル時には重宝する植物です。生の葉は油で揚げると、独特の風味が和らぎ食べやすくなります。熱湯で茹でてから水にさらし、和え物などに使うのもおすすめです。

夏の食べられる野草④ミョウガ

ミョウガは北海道以南の山野にある樹木の下陰に自生しています。地下の根茎は横に伸び、ところどころ地上に芽を出します。花茎は夏から秋にかけて食べることができ、採取する際は根のきわからもぎ取るようにして採るようにしてください。

ミョウガの調理法としては、ノビルと同様に生のまま細かく切って薬味にしたり、薄切りにして酢の物やサラダなどにするのがおすすめです。

夏の食べられる野草⑤シソ

スーパーでよく目にするシソも、日当たりの良い野原などに生えていることがあります。シソの葉は春から秋にかけて採取でき、夏からは花穂や種子などをも食べることができます。

調理法としては葉は生のまま衣をつけて天ぷらにしたり、ノビルと共にそうめんなどの薬味に使うと美味しいです。実は佃煮や漬物にして食べられることが多く、プチプチとした食感が癖になる味わいです。

夏の食べられる野草⑥スイバ

スイバはギシギシとよく似たタデ科の多年草です。日本各地の野山や道端などあらゆるところに生えているので、サバイバル時にもよく用いられる植物です。草丈は60cm前後で、茎葉はギシギシと同様酸っぱい風味が特徴といわれています。

春先に出る新芽も食べることができ、茹でてからおひたしや和え物、煮物などにするのがおすすめです。ただし、ギシギシ同様シュウ酸を含んでいるので、多食は避けるようにしてください。

夏の食べられる野草⑦オカヒジキ

オカヒジキは全国各地の海岸砂地に自生する野草です。ひじきのような多肉質な葉が互い違いに生えているのが特徴となっています。若苗や若芽、枝先を食べることができ、春から夏にかけて採取することが可能です。

海岸に自生しているものは一晩水につけてアク抜きをする必要があります。ノビルと共に揚げたり、茹でたものをサラダやおひたしなどにして食べるのがおすすめです。

夏の食べられる野草⑧ツリガネニンジン

ヒルガオは北海道や九州まで各地の畑や道端に自生するつる性の野草です。畑地などでは這うように伸び、大繁殖する生命力が強い植物といわれています。つる先や若葉、花、根などを食べることができ、春から夏にかけて採取することができます。

朝顔との見分け方はヒルガオの方が葉の大きさが小さく、形状がスペード型か、細長い二等辺三角形となっている点です。

つる先や若葉は茹でておひたしや和え物にすると美味しく食べられます。花は生でサラダに使ったり、酢を入れた熱湯で茹で、三杯酢に仕立てるのがおすすめです。

夏の食べられる野草⑨マタタビ

マタタビは北海道から九州の山地に自生するつる性の落葉植物です。新芽や若茎葉、花は晩春から夏に食べることができ、果実は夏から秋にかけて採取することができます。猫が好む植物としてもよく知られています。

調理法としては葉と花は塩茹でし、おひたしにするのがおすすめです。果実は塩漬けにするとおつまみにぴったりの味わいになります。

食べられる野草のおすすめ4選【秋】

秋の食べられる野草①エゴマ

エゴマはシソによく似た食べられる野草で、道端や野原、山林などで採取することができます。シソとの見分け方はエゴマの方が葉がやや大きく、シソのような香気がないのが特徴です。葉も果実も秋に採取できます。

韓国料理ではエゴマの葉がよく利用され、肉料理と一緒に楽しむことが多いです。また、果実は生の実を醤油で煮て佃煮にしたり、衣をつけてかき揚げにしたりして食べられます。

秋の食べられる野草②クコ

クコは川辺や野山に自生する落葉低木で、高さは1から1.5mほどになります。秋になると結ぶ楕円形の赤い実は、漢方薬としても親しまれています。

果実には血行を良くする成分、葉には動脈硬化を防ぐ成分が含まれているので、健康効果が高い野草といえます。果実は甘味、葉は胡麻和えや炒め物にするのがおすすめです。

秋の食べられる野草③コケモモ

コケモモは高山地帯で採取できる草状低木です。ヨーロッパや北極などの北半球を中心に分布していますが、日本では全国の高山地帯で見ることができます。秋につける熟した真っ赤な実を食べることができ、生食も可能です。

味は甘酸っぱく、ジャムや塩漬けにすると美味しいです。疲労回復や不眠、整腸などに効果があるので、サバイバルの際に見つけた時はぜひ食べてみてください。

秋の食べられる野草④ヤマノイモ

ヤマノイモは九州、四国、本州の山野で自生するつる性の植物です。自然薯とも呼ばれ、根は秋から冬が食べごろです。また、秋には葉の付け根に直径1cmほどのムカゴという食べられる実を多数つけます。

根の部分は秋から冬にかけてスコップ掘りとるようにし、とろろ汁や山かけにして食べると非常に美味しいです。ムカゴは炒め物や炊き込みご飯などに調理するのがおすすめです。滋養強壮に効果があるので、サバイバル時の疲労に効果があります。

食べられる野草のおすすめ4選【冬】

冬の食べられる野草①ハコベ

冬に採れるものとして有名なのがハコベです。生で食べられるので、冬のサバイバル時の栄養補給に便利です。

また、路傍や土手、野原などどこでも自生しており全ての部分を食べることができるので、初心者にぴったりの冬の野草です。茹でて和え物やおひたし、天ぷらなどにして食べるのがおすすめです。

冬の食べられる野草②セリ

セリは全国各地の田や小川の淵、湿地などに群生している野草です。葉は独特の爽やかな香りがし、古くから食べられてきました。

七草がゆの材料としても知られており、冬から早春かけて採取することができます。セリは塩茹でしておひたしや和え物に使ったり、冬には鍋にもよく用いられます。特に、鴨肉との相性は抜群なので、試してみてください。

冬の食べられる野草③ギシギシ

ギシギシは全国各地で一年中みられる野草です。やや湿った道端や草地、公園などに群生します。ギシギシは若芽と若葉を食べることができ、その中でも12月から3月に生えてくる若芽はとろりとしたぬめりがあり美味しいといわれています。

ギシギシの若芽を食べる際は袋状の鞘から取り除き、軽く茹でて水にさらしましょう。おひたしや和え物に調理するのがおすすめですが、シュウ酸を多く含んでいるので生食や多食は避けましょう。

冬の食べられる野草④キクイモ

キクイモはアメリカ原産の野草で、繁殖力が非常に強いのが特徴です。キクイモの主成分は天然のインスリンと呼ばれるイヌリンで、健康効果が高い野草として注目されています。

キクイモは晩秋から冬に採取できる根を食べることができ、生食も可能です。シャキシャキとした食感を生かした漬物や煮物、揚げ物など幅広い料理に使うことができます。

野草を美味しく食べる方法と注意点

野草のおいしい食べ方①天ぷらにする

野草は天ぷらにすると、独特の風味が和らぎ食べやすくなります。ギシギシなどの酸味がある野草も油で揚げると、気にならなくなります。ネギの風味がするノビルなどもかき揚げや天ぷらに向いている野草であるといえます。

野草のおいしい食べ方②粉末にする

野草をたくさん採取できた時は、粉末にするのもおすすめです。野草の粉末は栄養素を逃さず摂ることができ、健康に良いと密かな人気をみせています。粉末にする方法は、風通しの良いところで乾燥させて細かくするというシンプルなものです。

ただし、野草に少しでも水分が残っていると粉末にならないので、しっかりと乾かすことが重要です。乾燥に長い時間がかかるため、気長に作業するようにしましょう。

粉末を作っておくと、料理やおかし作りなどにさっと使えて非常に便利と評判になっています。ドクダミや桑の葉、スギナなどの葉で作るのがおすすめです。

野草のおいしい食べ方③お茶にする

野草はお茶にすると、美味しく楽しめます。前述した特徴などを参考に野草を採取し、水を張ったボウルに浸けしっかりと土汚れを落とします。水気を切ったら、ざるや新聞紙に広げたり根元を束ねて吊り下げたりして風通しの良い場所で乾燥させましょう。

時折ひっくり返すなど様子を見ながら、数日かけて完全に水分がなくなるまで乾かしてください。水分が残ったままだとカビが生えることがあるので、注意が必要です。

野草が乾いたら、フライパンで焦がさないようにから炒りをしてください。焙煎することで香ばしさが加わり、より美味しいお茶が出来上がります。茶葉の熱が冷めたら、乾燥剤と一緒に容器に入れて保管します。

淹れ方としては、鍋に薬草を入れ、2〜3分煮出すだけです。ドクダミやビワの葉、スギナなどを使うのがおすすめです。野性味溢れる味わいと効能を存分に堪能することができます。

毒のある野草に注意

毒草を食べ、食中毒を起こしてしまうという事故が時折起きています。初心者が野草を採取する場合は、事前によく勉強しておくことが重要です。中には、食べられるものと似ている毒草もあるので、見分け方をよく調べておきましょう。

絶対に大丈夫という確信が持てない場合は、むやみに食べないようにしてください。万が一野草を食べてしまった場合は、下痢や腹痛などの様々な症状が現れます。野草を食べた後、身体に異変を感じたら、直ちに吐き出し医師の診察を受けるようにしてください。

サバイバル中で病院が近くにない時などは、日本中毒情報センターなどに相談してみましょう。

食べられる野草を楽しもう!

食べられる野草であるセリ
MabelAmber

日本には、ギシギシやノビルなどの食べられる野草が多く自生していることがわかりました。キャンプの際に野草を調理できると、ぐっとサバイバル力が上昇します。

ただし、野草を採取する場合は、事前によく見分け方を勉強しておくことが大切です。正しい知識を身につけ、野草をサバイバルで有効に活用してみてください。

関谷涼子

この記事のライター

関谷涼子

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ぺんぺん草(ナズナ)は実は食べられる!食べ方と遊び方の紹介も!

狩猟・採集

ぺんぺん草(ナズナ)は実は食べられる!食べ方と遊び方の紹介も!

ぺんぺん草(ナズナ)は食べられるのかについて詳しく解説していきます。ぺんぺん草(ナズナ)の効能や遊び方、花言葉についても掘り下げて説明していきます。さらにぺんぺん草(ナズナ)の食べ方についても、紹介していきますので、是非参考にしてください。

ムラサキシメジはどんなキノコ?見分け方からおいしい食べ方まで!

狩猟・採集

ムラサキシメジはどんなキノコ?見分け方からおいしい食べ方まで!

ムラサキシメジの見分け方やおいしい食べ方のレシピを紹介します。普段お店では見かけませんが、れっきとした食用キノコのムラサキシメジ。キャンプやキノコ狩りで獲るにはどんなところに生えているのか、獲ったあとにどのように調理したらよいのかを解説していきます。

ミカワクロアミアシイグチは恐ろしい毒キノコ!毒性や中毒症状は?

狩猟・採集

ミカワクロアミアシイグチは恐ろしい毒キノコ!毒性や中毒症状は?

ミカワクロアミアシイグチという恐ろしい毒キノコについて解説します。ミカワクロアミアシイグチの特徴をわかりやすく説明。毒性や毒の成分をはじめ、ミカワクロアミアシイグチを食べたらどうなるか、ミカワクロアミアシイグチを見つけた時の対処方法の参考にしてください。

コウタケを使ったおすすめレシピを紹介!採れる場所や注意点も!

狩猟・採集

コウタケを使ったおすすめレシピを紹介!採れる場所や注意点も!

「コウタケ」を使ったおすすめレシピを紹介します。きのこ愛好家からNo.1キノコとの呼び声高い、コウタケの魅力を詳しく解説!採れる場所や注意点も説明しますので、幻のキノコでもあるコウタケを採取、調理してその香りと旨味を堪能してください。

山わさびを食べてみよう!おすすめの食べ方やレシピに保存方法も!

狩猟・採集

山わさびを食べてみよう!おすすめの食べ方やレシピに保存方法も!

山わさびの魅力について、詳しく説明します。味わい豊かな山わさびの食べ方や、保存方法を詳しく解説。また、おすすめのレシピも紹介。あわせて、山わさびに対しての疑問にもまとめて答えていますので、山わざびを食べる際の参考にしてください。

狩猟・採集の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード