ノルディスク「レイサ4」の魅力とは?狭いのかサイズもチェック

お気に入りに追加

ノルディスクの人気テント、レイサ4の魅力について紹介します。レイサ4のインナールームや設営方法、レイサ6とどこが違うのかなどをまとめました。また、レイサ4の口コミやレイサ4と合わせて使えるアイテムも紹介しているので、参考にしてみてください。

ノルディスク「レイサ4」の魅力とは?狭いのかサイズもチェック

目次

  1. レイサ4はどんな時におすすめ?
  2. レイサ4の特徴・魅力
  3. 大人数で使うならレイサ6シリーズ
  4. レイサ4とレイサ6の商品情報
  5. ノルディックのレイサ4とレイサ6の比較表
  6. レイサ4と合わせて使えるおすすめアイテム
  7. レイサ4に関するQ&A
  8. レイサ4はソロキャンプ・少人数におすすめ

レイサ4はどんな時におすすめ?

テント
barskefranck

レイサ4は、少人数の家族やグループ向けのトンネル型のテント。特に、家族でキャンプに行くときにおすすめのテントです。

お子さんがいる家庭の方は、狭いテントだと子どものストレスが溜まったり、テント内が散らかってしまうということもありますよね。

レイサ4だと、十分な広さがあるため狭いと感じることがなく子どもも、保護者の方もゆったりとテント内で過ごすことができます。もちろん、ソロキャンプに行くときも非常に便利です!

レイサ4の特徴・魅力

レイサ4の特徴は、トンネル型のテントでインナールームが2つあることです。ドアに窓がついていて室内から外の景色を見ることができます。

また、設営が簡単なのも魅力のひとつです。テントを立てるときの負担が少なく、気軽にソロキャンプにも家族キャンプにも行くことができます。

レイサ4の特徴①インナールーム

インナールームは2つあります。インナールーム1は、長さ230x幅200x高さ180cmの手広い空間です。インナールーム2は、長さ110x幅200x高さ160cmのコンパクトな空間です。インナールームが2つあることで、様々な使い方をすることができますよ。

2mと十分な幅があるので、インナールーム2でも狭いということはなく、ゆったりと過ごすことができます。

レイサ4の特徴②設営が簡単

テント
TheMetalMann
  1. テントを広げる
  2. ポールを組み立てる
  3. ポールをテントの端についているポール通し穴に通す
  4. ポールを差し込んだ反対側のカップにポールを入れる
  5. テントを立てる
  6. 引っ張った方を2箇所ペグで固定
  7. 反対側も同じように引っ張り固定する
  8. 必要に応じてペグを打ち強度を高める
  9. インナーテントをアタッチメントにはめて取り付ける

リストを見るとわかるように、ノルディスクレイサ4のテントの設営手順はとてもシンプルで簡単です。「女だけのキャンプだから、テント立てられるか不安。」という方も大丈夫です。

この設営方法なら、女性だけのキャンプでも、ソロキャンプでも時間をかけることなく1人でほんの数分で立てられます。

レイサ4の特徴③収容人数

テント
12019

収容人数は3〜4人です。まさに家族向けということです。大人4人寝ても十分な広さがあります。3人の場合はインナールーム1だけを利用する。4人になったら両方のインナールームを利用する。このように、その時の人数に応じて調整することも可能です。

レイサ4の口コミ

大人数で使うならレイサ6シリーズ

「レイサ4では少し狭い!」という方向けなのが、ノルディスクのレイサ6シリーズです。レイサ4も十分広いのですが、レイサ6は4人以上の大家族や大人数でのキャンプにも利用することができます。

レイサ6の特徴

レイサ6の特徴は、大人6人が寝られるほどのサイズを誇るというところです。5人以上の大家族、大人数のグループに最適のトンネル型テントです。

レイサ6もインナールームが2つあり、広々とテント内で過ごすことができます。また、レイサ4よりも大きいため中央の空間がさらに広がり、中央だけでリビングとして利用することができます。

そして、このサイズ、広さを誇るのにもかかわらず設営が簡単というところも魅力のひとつで、レイサ4よりポールが増えただけで、設営方法は同じです。

レイサ4との違い

レイサ4との大きな違いは、テント内の広さです。レイサ4は、収容人数4人なのに対してレイサ6は最大6人まで利用可能です。

大きい方のインナールームには、中央にレイサ4にはなかった分割壁が追加されています。また、レイサ6の大きい方のインナールーム入り口中央には収納ポケットがついています。

レイサ6のスペック

本体サイズは長さ645×幅295×高さ210cmです。大きいインナーテントは長さ230×幅280×高さ198cmあります。小さいインナーテントは長さ160×幅275×高さ168cmです。2つのインナールーム、共に十分な広さがあるので両方寝室として使うことができます。

レイサ4とレイサ6の商品情報

レイサ4

出典: 楽天市場
ノルディック
レイサ4
107,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
4人まで利用可能なトンネル型テント

様々な場面で手軽に立てられるテントです。インナールームが2つあり、片方は寝室に、もう片方は物置など様々な利用方法ができます。

ソロキャンプから、少人数キャンプ、家族キャンプにと大活躍です。

設営も簡単で大人1人で立てることができます。

人数 4人まで
サイズ 495×230×H190cm
インナールームサイズ 大 230×200×H180cm、小 110×200×H160cm
重量 10kg
男性
男性

レイサ4に買い替えました!

評価:

コールマンからの買い替えです。以前のは重たくて大変でしたが、こちらは半分くらいの重さと面になり、無事にトランクに詰めました。設営もビックリするくらい簡単でした。キャンプ頻度が上がりました。

レイサ6

出典: 楽天市場
ノルディック
レイサ 6
136,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
大人数向けのトンネル型テント

レイサ6は大人数で行くキャンプ向けのテントです

インナールームは2つあります。どちらも寝室として利用でき、中央はリビングとして食事をみんなで楽しむことができます。

人数 6人まで
サイズ 645×295×H210cm
インナールームサイズ メ大230×280×H200cm、小 160×280×H170cm
重量 17kg
男性
男性

リビングもあり広々として大満足!

評価:

憧れのテントだったので設営をしてみてその姿に感動しました!
家族4人(大人二人、子供二人)で使用していますが、リビングもあり広々として大満足です。
これからたくさん使って行きたいと思います。

ノルディックのレイサ4とレイサ6の比較表

レイサ4

レイサ6

画像

レイサ4 レイサ6

特徴

4人まで利用可能

・インナールーム2つ

・設営が簡単

・家族向け

6人まで利用可能

・インナールーム2つ

・設営が簡単

・大人数向け

商品リンク

楽天 136,400円 楽天 170,500円

レイサ4と合わせて使えるおすすめアイテム

レイサ4と合わせて使うことで、キャンプがより楽しく快適になるアイテムを口コミと合わせて紹介します。冬場でも、キャンプを楽しむためのアイテムをチェックしていきましょう。

トヨトミ レインボーストーブ

出典: 楽天市場
トヨトミ
レインボーストーブ
39,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
コンパクトで持ち運び楽

じんわりと室内を温めたい方におすすめです。温まるのに少し時間はかかるものの、確実に寒い冬もテント内を温めてくれます。

コンパクトなサイズ感なので、持ち運びしやすいのも荷物が多いキャンプ時には嬉しいですよね。

また炎が7色に輝き、キャンプをよりおしゃれに彩ることができるのもおすすめする理由の1つです。

消火時の嫌なにおいを抑えてくれて、口コミ評価も高く、安心して利用できます。

サイズ 高さ48.5cm×幅38.8cm×奥行38.8cm
タンク 4.9l
質量 6.2kg
60代/男性
60代/男性

レインボーメインで

評価:

アラジンのブルーフレームを使用していましたが、冬物商品が陳列されはじめたホームセンターで一目惚れして、トヨトミのレインボーランタンを購入することになりました。さすがにアラジンより操作性は良いですね。ガラス筒に映る光も趣がありますし、なかなかあったかいです。燃費も効率が良さそうなので、今年の冬はメインになりそうです。

LOGOS LIFE ベンチテーブルセット6

出典: 楽天市場
LOGOS
ベンチテーブルセット
23,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
もっとおしゃれに食事を楽しむ

こちらも口コミ評価が高いLOGOSのベンチ、テーブルセットです。

このセットは、すべて1つにまとめて収納できるため、かさばることなく持ち運びが可能です。

また、このテーブルの魅力は、高さが調節できるところです。

子どもに合わせた高さにできるので子どもも不便なく利用することができます。

総重量 11.3kg
テーブルサイズ 93×82×69/37.5cm
ベンチサイズ 87×25×40cm
収納サイズ 94.5×43×10.5cm
30代/女性
30代/女性

ホットプレートも置けます

評価:

自宅のお庭でホットプレートを使ってBBQをやる事が多い為、奥行きがあるテーブルを探していました。82cmもあるのでホットプレートを置いてもお皿やコップを置くスペースも確保できます。

Petromax ランタン

出典: 楽天市場
ペトロマックス
ブラス ランタン
42,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
おしゃれランタンを使ってキャンプをもっとおしゃれに

世界で最も有名な灯油ランプです。 

レトロな雰囲気と高級感で溢れているこのランタン。大人カラーのレイサシリーズとの相性抜群です。

圧力式なので、少し点灯までに手間がかかります。しかし、その手間すらも素敵な時間にしてくれるほど、綺麗な灯りで私たちを魅了してくれるのです。

重量 2.4kg
燃焼時間 8時間
明るさ 400w
対応オイル 純粋なパラフィンオイル・灯油
40代/男性
40代/男性

最高のランタンです!

評価:

商品のクオリティ最高です!
ここ数年で1番の買い物をしました。

レイサ4に関するQ&A

テントと地面との隙間はどのくらい?

テントと地面との隙間は、約10㎝ほどあります。そのため、冬場は隙間風が吹き込んだり、テント内がかなり冷えてしまうことがあります。

解決方法として、上からスカートをつけるという方法があります。自分でつけるとなると抵抗があるかもしれませんが、意外と簡単なのです。

スカートのつけ方は、ビニールシートなどを隙間の部分の大きさに切り取り、ピンやクリップなどを使ってテントに取り付けるだけ。これだけで、隙間をカバーすることができます。

ベージュとグリーンの2色だけ?

カラー展開はベージュとグリーンの2色のみとなっています。

また、ベージュは日本限定カラーとなっております。どちらの色も人気が高く、大人な色合いが魅力です。

どちらの色を使用しても、落ち着いた色合いで、キャンプをよりおしゃれで特別な空間にしてくれます。

レイサ4はソロキャンプ・少人数におすすめ

テント
bhossfeld

少人数におすすめの、様々な場面で活躍するノルディスクのレイサ4を紹介しました。ソロキャンプでゆったり過ごしたい、家族で簡単に設営できるテントが欲しいという方にピッタリのテントです。

テント内は広く、収納ポケットも充実しているので物が散らかることもなく快適に過ごすことができます。レイサ4を利用して、新たなキャンプスタイルを始めてみてはいかがでしょうか。

ゆかっぱ

この記事のライター

ゆかっぱ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

テント

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

ハイランダーのTCテント、アルネスを紹介します。人気のキャンプアイテムメーカーハイランダーのアルネスの特徴やスペックなどについて、口コミも交えて解説します。また、設営方法などについても説明しているので、テント購入を考えているならぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード