自作テント・タープでキャンプを楽しもう!オリジナル用品でキャンプを満喫

お気に入りに追加

テントやタープのアイディアを、一挙公開しています。自作する魅力を詳しくまとめました。また、スタイルに合わせたアイディアも詳しく紹介しています。テントもタープも、誰でも簡単に自作できるので、本記事を読んで参考にしてみてください。

自作テント・タープでキャンプを楽しもう!オリジナル用品でキャンプを満喫

目次

  1. 自作テント・タープの魅力やアイデアを紹介!
  2. 自作テント・タープの魅力やアイデアを紹介!
  3. 自作テント・タープの魅力
  4. 自作テント・タープのアイデア
  5. 自作テント・タープに関するQ&A
  6. 自作テント・タープでキャンプを楽しもう!

自作テント・タープの魅力やアイデアを紹介!

テント、タープを自作することで、キャンプライフをより一層楽しめます。自作ですることによって、好みに合ったオリジナリティのある演出を堪能できるからです。また、頑丈な生地を選び作れば、雨や風に強いテントを設営もできます。

さらに、自作することで自分に合ったアウトドアスタイルを満喫できるでしょう。この記事では、テントやタープを自作する際の、オリジナルアイディアについて掘り下げました。今まで必要がないと感じていた人は必見なので、ぜひチェックしてみてください。

自作テント・タープの魅力やアイデアを紹介!

自作テント・タープの魅力

魅力①個性が演出できる

テントに、個性的な演出を加えることができます。機能性を重視したり、見た目にこだわったり自分好みのテントにすることができるからです。

自らのセンスを活かして、思い通りのアウトドアを楽しめるでしょう。ぜひ、センスを活かしたオリジナルの、オシャレなテントを作ってみてください。

魅力②自分に合ったものが作れる

自分に合ったものが作れます。自作することで、求めているキャンプスタイルに沿ったテントが作れるからです。ソロキャンプ用や家族用、寒冷地用などキャンプライフに合わせて作るのがオススメです。

自作テント・タープのアイデア

アイデア①ブルーシートを使う

ブルーシートを使うことで、簡単に作れて費用が安く済みます。大きく、丈夫なのでテントに最適です。また、風を通さないので、保温性も期待できます。一見、ブルーシートは安っぽい印象を抱くこともあるでしょう。

しかし、色のバリエーションが豊富なので、作り方によってはオシャレに工夫することも可能です。

アイデア②ティピーテントにアレンジする

ティピーテントは、アメリカ原住人移住目的で好んで設置していたテントです。設営、組立てが簡単で運搬も手軽にできることから、アウトドアに適しています。ティピーテントは、オシャレで可愛らしい外観も特徴です。

また、内装に手を加えて作ることで、テント内で火もおこせます。火を使う場合は、十分に注意して使いましょう。

アイデア③防水性の高い生地でタープを作る

防水性の高い生地で作ることで、雨の中でも快適にキャンプライフを楽しめます。テントを作るときは、水に強いコットン生地を使うのが良いでしょう。

さらに、専用の撥水剤を塗れば、水をはじくので防水性も期待できるでしょう。撥水剤をアウトドアに持って行けば、突然の雨にも対応できるので重宝できます。

アイデア④グランピングスタイルやレトロスタイルにする

グランピングスタイルにすることで、より自分好みにできて楽しめます。収納棚、テーブルなどの設置の仕方にも幅が広がり、レイアウトにこだわることもできます。また、レトロスタイルにすれば遊び心が演出できます。

そのため、一段と個性的なテントにすることも可能です。手作りに慣れてきたら、スタイルにこだわりながら作るのも良いでしょう。

自作テント・タープに関するQ&A

自作するのにコスパの良いテントの種類は?

初心者にも扱いやすい、ワンポールテントです。まとめやすく手軽に運搬ができ、設営にも負担がかかりません。大人数には不向きですが、初めて自作するのならオススメです。

自作テント・タープでキャンプを楽しもう!

売っているテントやタープを購入してアウトドアを楽しむのも良いですが、自作したアイテムを活用するアウトドアは一段と趣が変わります。自作することで、必要な機能なども好きにアレンジができるからです。

また、機能だけではなく好みの外観にすることで、気持ちが昂るでしょう。自作テント、タープのアイディアや魅力についてわかりやすく掲示しました。ぜひ、この機会に自作に挑戦して、テントライフを心行くまで満喫してください。

永塚 学

この記事のライター

永塚 学

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ワラビーテントはソロキャンプ向き!スペックやおすすめの使い方は?

テント

ワラビーテントはソロキャンプ向き!スペックやおすすめの使い方は?

ワラビーテントは、ソロキャンプに最適なキャンプギアです。解放感があるワラビーテントのスペックやおすすめの使い方を、詳しく解説します。また、どの商品がいいかもピックアップしてみました。ソロキャンプでのテントを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

テンマクデザイン「炎幕DX EVO」をレビュー!設営方法や評価は?

テント

テンマクデザイン「炎幕DX EVO」をレビュー!設営方法や評価は?

テンマクデザイン炎幕DX EVOについて解説します。コットンとポリエステル生地を使用することで軽量で低価格、また機能性にとても優れている炎幕DX EVOを詳しく説明。簡単な設営方法やペグを取り付ける際などの注意点も紹介します。

アスガルド19.6のスペックと魅力!追加したいおすすめアイテムも

テント

アスガルド19.6のスペックと魅力!追加したいおすすめアイテムも

アスガルド19.6の特徴を詳しく解説しています。また、アスガルド19.6のスペックや、魅力についてわかりやすくまとめました。さらに、追加したいおすすめのアイテムを厳選して紹介していますので本記事を読んで、ぜひアウトドアに役立ててください。

DOD「ライダーズベース」をレビュー!価格やサイズもチェック

テント

DOD「ライダーズベース」をレビュー!価格やサイズもチェック

DOD「ライダーズベース」のレビューや価格・サイズについて紹介します。DODのライダーズベースは、グループでのツーリングキャンプにおすすめの大型シェルターです。基本的な設営方法やアレンジの工夫もまとめていますので、参考にしてみてください。

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

テント

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介します。ogawaのグロッケ12TCとタープを連結する方法も解説!空間を有効に使えるレイアウトや、薪ストーブ導入方法も説明しています。設営時のポイントなども具体的にまとめましたので、参考にしてみてください。

関連するキーワード

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード