アスガルド19.6のスペックと魅力!追加したいおすすめアイテムも

お気に入りに追加

アスガルド19.6の特徴を詳しく解説しています。また、アスガルド19.6のスペックや、魅力についてわかりやすくまとめました。さらに、追加したいおすすめのアイテムを厳選して紹介していますので本記事を読んで、ぜひアウトドアに役立ててください。

アスガルド19.6のスペックと魅力!追加したいおすすめアイテムも

目次

  1. ノルディスクのアスガルド19.6を紹介!
  2. アスガルド19.6のスペックと魅力
  3. アスガルド19.6に追加したいおすすめアイテム
  4. ノルディスクのアスガルド19.6でキャンプを楽しもう!

ノルディスクのアスガルド19.6を紹介!

ノルディスクのアスガルドは、寒冷地で設営するのを目的に作られました。雨や雪、風にも強く頑丈なテントです。また、アスガルドシリーズはサイズが3種類あり、19.6はアスガルドシリーズの中で最大の大きさを誇ります。

この記事では、アスガルド19.6の特徴を紹介しています。スペックや魅力について、リサーチしました。同時に、アスガルド19.6におすすめの追加アイテムも掲示していまので、ぜひチェックしてみてください。

アスガルド19.6のスペックと魅力

アスガルド19.6のスペック

出典: 楽天市場
ノルディスク
アスガルド19.6
77,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
開放的で快適空間

アスガルド19.6は大人数で利用できて、その大きさが自慢のテントです。設営も比較的簡単にできます。寒さに強いので冬のキャンプに最適ですが、夏場でも湿度を外へ逃がしてくれるので快適に過ごせます。空気を循環して、風通しが良いのも魅力の一つでしょう。

サイズ(収納時) 79×14×14cm
重さ(収納時) 5.3kg
男性/50代
男性/50代

大人数に最適

評価:

家族連れや、複数人でのキャンプ仲間での利用に適しています。広々としているので、居心地も抜群です。

魅力①ベル型のテント

アスガルドシリーズはベル型のテントで、見た目は豪華な印象を与えるでしょう。また、アスガルド19.6はとくにアスガルドシリーズの中で最大の大きさです。そのため、開放感を感じられ広々とした空間を楽しめます。

さらに、ベル型のテントの特徴として、テント内のレイアウトがしやすいです。小物の置き場所や寝るところの確保などレイアウトの幅が広がります。

魅力②テクニカルコットンを使用

アスガルドは、テクニカルコットンが利用されています。テクニカルコットンは、透湿性が優れているので、アスガルドは冬用のテントと言われていますが、夏場でも快適に利用可能です。また、テクニカルコットンは火に非常に強い素材です。

寒い時期は、暖房器具も頻繁に使うでしょう。そのため、テントの生地に手を加えてテント内に薪ストーブを設置し、煙突をテント外に突き出して中で使えます。ただし、テント内で火気を使用する場合は、一酸化中毒に十分に気をつけてください。

魅力③大人数キャンプにおすすめ

アスガルド19.6は、そのサイズの大きさが一番の特徴でしょう。家族やキャンプ仲間と一緒に利用できます。アスガルド19.6内は10人弱で利用できるので、7~8人だとだいぶゆったりとした空間です。

ワンポールで設置するため、スペースに余裕もあるので棚などの設置も自分好みのレイアウトで楽しめます。

アスガルド19.6に追加したいおすすめアイテム

インナーキャビン アスガルド19.6用

出典: 楽天市場
ノルディスク
アスガルド19.6用 インナーキャビン
63,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
優れた保温性

とくに冬の時期のアウトドアで、活躍のインナーテントです。保温性が高く、暖かく過ごせます。また、設置することでリビングと寝室の区分けも可能です。結露も発生しにくい素材なので使い勝手も良いでしょう。

サイズ(収納時) 65×45cm
女性/20代
女性/20代

持ち運びしやすい

評価:

なるべくアウトドアでは荷物を減らしたいところですが、小さくまとまるので持ち運びがしやすいです。

ジップインフロア アスガルド19.6用

出典: 楽天市場
ノルディスク
アスガルド19.6用 ジップインフロア
75,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
心地よい感触

アスガルド19.6はフロアシートがついていません。そのため、お座敷タイプを楽しみたい人は別売りのグランドシートを買う必要があります。アスガルド19.6用のグランドシートは、丈夫で浸水も防ぎます。寝そべっても、心地よい感触を味わえます。

サイズ(収納時) 86×26cm
男性/30代
男性/30代

耐久性が高い

評価:

アスガルド19.6専用のグランドシートは、丈夫なので破ける心配がありません。長く使い続けても傷むことなく使えるので、コスパが良いです。

ノルディスクのアスガルド19.6でキャンプを楽しもう!

アスガルド19.6はサイズの大きさが特徴的なテントです。生地もしっかりしており、頑丈なので耐久性も信頼できます。この記事では、アスガルド19.6の魅力について伝えました。ぜひ、アスガルド19.6を利用して、大人数でのキャンプライフを満喫してください。

永塚 学

この記事のライター

永塚 学

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ワラビーテントはソロキャンプ向き!スペックやおすすめの使い方は?

テント

ワラビーテントはソロキャンプ向き!スペックやおすすめの使い方は?

ワラビーテントは、ソロキャンプに最適なキャンプギアです。解放感があるワラビーテントのスペックやおすすめの使い方を、詳しく解説します。また、どの商品がいいかもピックアップしてみました。ソロキャンプでのテントを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

自作テント・タープでキャンプを楽しもう!オリジナル用品でキャンプを満喫

テント

自作テント・タープでキャンプを楽しもう!オリジナル用品でキャンプを満喫

テントやタープのアイディアを、一挙公開しています。自作する魅力を詳しくまとめました。また、スタイルに合わせたアイディアも詳しく紹介しています。テントもタープも、誰でも簡単に自作できるので、本記事を読んで参考にしてみてください。

テンマクデザイン「炎幕DX EVO」をレビュー!設営方法や評価は?

テント

テンマクデザイン「炎幕DX EVO」をレビュー!設営方法や評価は?

テンマクデザイン炎幕DX EVOについて解説します。コットンとポリエステル生地を使用することで軽量で低価格、また機能性にとても優れている炎幕DX EVOを詳しく説明。簡単な設営方法やペグを取り付ける際などの注意点も紹介します。

DOD「ライダーズベース」をレビュー!価格やサイズもチェック

テント

DOD「ライダーズベース」をレビュー!価格やサイズもチェック

DOD「ライダーズベース」のレビューや価格・サイズについて紹介します。DODのライダーズベースは、グループでのツーリングキャンプにおすすめの大型シェルターです。基本的な設営方法やアレンジの工夫もまとめていますので、参考にしてみてください。

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

テント

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介します。ogawaのグロッケ12TCとタープを連結する方法も解説!空間を有効に使えるレイアウトや、薪ストーブ導入方法も説明しています。設営時のポイントなども具体的にまとめましたので、参考にしてみてください。

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード