キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

お気に入りに追加

キャンプの焚き火で使う薪の種類や組み方の特徴について説明します。樹種によって燃え方が異なる薪の選び方をまとめました。目的に合った組み方を知っていれば、キャンプの焚き火がより楽しめるでしょう。冬キャンプで気になる薪の必要な量も要チェックです。

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

目次

  1. キャンプで使う薪についてわかりやすく紹介
  2. キャンプの焚き火で使う薪の種類と特徴
  3. 薪の上手な組み方と一晩で必要な量は?
  4. キャンプで使う薪についてのQ&A
  5. キャンプで薪を上手に使って焚き火を楽しもう

キャンプで使う薪についてわかりやすく紹介

焚き火

暖をとったり調理をしたり、キャンプでは毎回焚き火をするという人は多いでしょう。焚き火用の薪はホームセンターやキャンプ場で手軽に購入できますが、目的に合った薪を選べば、より効率的に焚き火を活用できます。

また、途中で火が消えてしまった・火加減の調節が難しいなど、キャンプ初心者にとって薪の扱いに戸惑うこともあるでしょう。そこでこの記事では、キャンプで使う薪の種類や組み方などを紹介しますので、参考にしてみてください。

キャンプの焚き火で使う薪の種類と特徴

キャンプの焚き火で一般的に使用される薪の種類は、針葉樹と広葉樹に大きく分けられます。それぞれの特徴について確認し、目的に合ったものを選びましょう。

薪の種類と特徴①針葉樹

マツやスギ、ヒノキなどの針葉樹は、油分が多いため着火しやすく、焚き付け用に適しています。細胞の密度が低いため一気によく燃えますが、すぐに燃え尽きてしまいます。

スギは火付きがよく、柔らかく割りやすいので、マッチやライターの火を移すための焚き付け材として重宝します。マツは油分が特に多いのでよく燃えますが、煙が出やすいので投入するタイミングに注意しましょう。

薪の種類と特量②広葉樹

ナラやケヤキ、カシなどの広葉樹は、細胞の構造が複雑で密度が高いため、硬く重い質感が特徴です。細く割りにくく着火に時間がかかるため焚き付け材には不向きです。一方で、一度着火すると火持ちがよく長く燃焼します

コナラやミズナラなどのナラ薪は、広葉樹の中でもポピュラーで購入しやすく、コストパフォーマンスに優れます。燃焼時間が特に長く火力の高いカシは、薪の王様とも呼ばれ、継ぎ足し作業の手間がかかりません。

薪の選び方は?

キャンプの薪を選ぶ際は、用途に合った特徴の木を使用するのがおすすめです。最初に使用する焚き付けには、着火しやすく細く割りやすい針葉樹を選びましょう。また、針葉樹は火のまわりが早いので飯盒炊さんなどの調理にも適します。

暖をとったり眺めて楽しんだりする焚き火には、火持ちのよい広葉樹が適します。火持ちがよく薪の消費を抑えられる他、火力調節しやすいので煮込み料理など長時間の調理にもおすすめです。

薪の上手な組み方と一晩で必要な量は?

同じ薪でも組み方によって、焚き火の燃え方が異なります。空気の通り道や木に着火する順番によって大きな炎を起こしたり、長時間燃焼させたりできます。キャンプの途中で不足することのないよう、必要な量の目安も確認しておきましょう。

組み方①井桁型

真上から見たときに漢字の「井」のような形になるよう、縦横に2本ずつ交互に積み上げる組み方です。組み上げた内部に焚き付け材を入れて着火すると、上昇気流により大きな炎が上がります。

シンプルな組み方で初心者でも短時間で安定した火力が得られ、キャンプファイヤーにおすすめです。火力の調節が難しので、調理には不向きです。また薪の消費が早く短時間で燃え尽きます。

組み方②ピラミッド型

中心に置いた焚き付け材を囲むように円錐状に薪を置く組み方です。ネイティブアメリカンの円錐型テント、ティピに似ているのでティピ型と呼ばれることもあります。

隙間から効率よく空気を取り入れられ、素早く大きな炎が得られます。途中で薪を抜いて本数を減らしたり、円錐を崩して水平にしたりすれば、火力を小さくできます。薪が倒れないよう、バランスよく立体的に組むのにコツが必要です。

薪の量の目安

キャンプに必要な薪の量は、用途や季節によって異なります。長時間火を使う料理をするときや、暖をとる目的が重視される冬場は多く必要です。

一般的に、1束500円前後で販売されている薪1束で3時間程度が燃焼時間の目安です。火の大きさや組み方によって燃焼時間が変わるので、目的に応じて使い分けましょう。

冬キャンプで薪ストーブを使用する場合は、1泊2日の夜と朝に燃焼させるとして、約30kg必要と言われています。気温が低い時期に凍えることのないよう、余裕を持って準備しましょう。

キャンプで使う薪についてのQ&A

キャンプの薪割り道具は斧と鉈どちらがよい?

キャンプ場などで販売している予め割られた薪を、細くする目的ならば鉈・斧のどちらでもよいでしょう。斧は細かい作業が苦手なので、焚き付け用の細い薪割りには鉈が適します

キャンプで薪置台や薪ラックは必要?

地面に直接薪を置くと、結露で湿りやすいので、薪置台や薪ラックなどの道具があると便利です。必要不可欠な道具ではありませんが、薪を状態よく保管でき、散らばるのを防いでキャンプサイトを整頓できる点もメリットです。

キャンプで薪を上手に使って焚き火を楽しもう

焚き火

キャンプの焚き火に欠かせない薪は、種類によって火の付きやすさや燃焼時間に違いがあります。また、同じ木でも組み方によって燃焼効率が異なります。

調理や暖房など目的に合わせて、適切な種類や組み方を選べば、薪を無駄にせず効率のよい焚き火が可能です。上手に使って、キャンプの醍醐味である焚き火を楽しみましょう。

miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

徒歩キャンプの魅力・注意点まとめ!装備や持ち物もチェック!

キャンプ知識

徒歩キャンプの魅力・注意点まとめ!装備や持ち物もチェック!

徒歩キャンプの魅力や注意点についてまとめました。重量を抑えたコンパクトな装備や、おすすめの持ち物も紹介します。パッキングの工夫次第で、女子キャンパーや体力に自信のない人でも、徒歩キャンプが楽しめますよ。公共交通機関を利用する際のポイントも要チェックです。

焼印を自作して自分だけのキャンプギアを作る!詳しい作り方を紹介!

キャンプ知識

焼印を自作して自分だけのキャンプギアを作る!詳しい作り方を紹介!

焼印を自作する方法や、必要な道具・材料について解説します。真鍮をリューターで切削する方法やエッチング液で腐食させる方法を詳しくまとめました。針金で作る簡単な焼印も紹介しています。カッティングボードやレザーに自作焼印を押して自分だけのキャンプギアを作りましょう。

【ロープワーク】自在結びのやり方!キャンプで役立つ結び方をマスター

キャンプ知識

【ロープワーク】自在結びのやり方!キャンプで役立つ結び方をマスター

キャンプやアウトドアで覚えておくと便利なロープワークの一つである、「自在結び」の方法を紹介します。自在結びの具体的な結び方や、使いどころも解説しています。アウトドアに行く前にこの記事を読んで、結び方を練習しておきましょう。

トラッカーズ・ヒッチを覚えるとキャンプで役立つ!結び方を解説!

キャンプ知識

トラッカーズ・ヒッチを覚えるとキャンプで役立つ!結び方を解説!

トラッカーズ・ヒッチの結び方について解説しています!トラッカーズ・ヒッチと他のロープワークとの結び方の違いや、キャンプなど活躍場面についてもまとめました。ロープワークにおすすめのパラコードも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ロープのまとめ方を覚えておくと便利!キレイにまとめるコツも!

キャンプ知識

ロープのまとめ方を覚えておくと便利!キレイにまとめるコツも!

アウトドアであると便利なロープのまとめ方を紹介します。ロープのまとめ方の基本である、チェーンノットや8の字巻きも解説しています。ロープのキレイなまとめ方のコツも併せて紹介しているので、アウトドアやキャンプに行く前に、ぜひチェックしてみてください。

キャンプ知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード