ふた結びの結び方を解説!キャンプで大活躍する便利なロープワーク!

お気に入りに追加

「ふた結び」の結び方について紹介します。キャンプでテントやタープを立てる時に便利な、ふた結びの結び方やメリットについて解説しています。他のロープワークである自在結びとの応用方法や、巻き結びともやい結びとの違いについてもまとめました。ぜひ参考にしてみてください!

ふた結びの結び方を解説!キャンプで大活躍する便利なロープワーク!

目次

  1. ふた結びの結び方とメリットを紹介!
  2. ふた結びの結び方とメリット
  3. ふた結び以外の結び方との用途の違い
  4. ふた結びに関するQ&A
  5. ふた結びを覚えてキャンプに活かそう!

ふた結びの結び方とメリットを紹介!

タープ
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ふた結びは別名でツーハーフヒッチとも呼ばれ、ひと結びを2回繰り返した強度の高い結び方です。釣り針を結ぶ時や、テントの張り綱を固定する時など、他の物体にロープを縛り付けるやり方の1つです。

この記事ではふた結びの結び方と、メリットについて紹介しています。また、自在結びとの応用方法や、巻き結びともやい結びとの用途の違いについてもまとめました。ぜひ参考にしてみてください。 

ふた結びの結び方とメリット

ふた結びの結び方

ふた結びはロープの端を他の物体につなぐ結び方の1つです。杭などに仮止めする場合によく用いられます。アウトドアではロープを立ち木に結ぶ時や、テントの張り綱をペグに結びつける時によく使われます。

ふた結びのやり方です。まずは対象物にロープの先端を1回巻きつけます。出来た輪に先端を通します。ここまではひと結びと同じです。

もう1回、ロープ自身に先端を巻き付けます。更に出来た輪に先端を通します。  ロープをそれぞれの方向に引っ張って、結び目を締めたら完成です。

メリット①解けにくいのに解きやすい

ふた結びは、緩みにくく、結ぶのも解くのも簡単なのが特徴です。このやり方は、ロープに引っ張る力が加わっている間は解けづらいのです。逆に引っ張る力を弱めると簡単に解けます

そのため、タープとロープを結びつける時に重宝します。そのほか、バケツの上げ下げのためのロープ結びや、小さな船をロープで繋ぎとめる時にも使われます。

しかし、大きな荷重がかかりすぎる物にはむいていません。結び目が締まりすぎて解けにくくなることがあるので注意してください。

メリット②自在結びとの併用で簡単にタープが作れる

ロープワークの1つに自在結びがあります。これは自在金具と同じ機能を持った結び方です。

結び目を芋虫のようにスライドさせることで、ロープの張りを調節することができます。ふた結びと自在結びを併用することで、簡単にタープを作ることができます。

レジャーシートのようなものと、ロープ、ペグ、ポールを用意します。シートとロープはふた結びでしっかりと結びつけます。ポールを支柱にし、ペグは自在結びをします。あとは張り具合を調節すれば完成です。災害時などにも役立ちそうですね。

ふた結び以外の結び方との用途の違い

巻き結びの用途

ふた結びは、ロープを立ち木に結ぶ時や、テントの張り綱をペグに結びつける時に便利な結び方でした。他のロープワークとの違いについて解説します。 

巻き結びは、ロープを対象物に縛り付ける結び方の1つです。ふた結びと似ており、対象物に対して同じ向きのひと結びを2回施して行います。水に濡れると解きにくくなり、対象物に対して回る方向に引けば解くことも簡単にできます。 

巻き結びは背の低い杭やポールなどに、ロープの中間で結ぶことができるのが特徴です。立ち木など大きな対象物に固定することもできます。一般によく知られた結び方で、結びやすく、一度縛ったら緩みにくいです。

もやい結びの用途

もやい結びは、ロープの片側を輪っかにして結ぶ方法です。本来は船をつなぎとめるための結び方で、キング・オブ・ノットともいわれます。船を係留杭などにつなぐことを、舫う(もやう)といい、舫うための結び方からその名がきています。

もやい結びは早く結ぶことができ、力がかかっても輪の大きさが変わることはありません。キャンプでは、テントの張り綱をテント本体に結ぶ時に使うと便利です。

強度が高いのに、解きやすいのが特徴で、人命救助など幅広い用途に使われています。端の処理をしておかないと緩むことがあるので注意してください。

ふた結びに関するQ&A

ふた結びを応用することはできますか?

巻き結びに比べてマイナーな結び方に、ふた回りふた結びという結び方があります。対象物に二度回し、動端を元ロープ側に二度結んで結索します。
ふた結びの巻き始めに、1周多く巻くだけで強度の上がる、解きやすい結び方です。

ふた結びって強度が高い結び方だけど、どんなものでも結べるの?

洗濯物用のロープやアウトドアグッズを吊るすだけなら、ふた結びで十分です。しかし、重負荷がかかる場合には適していません。ハンモックを吊るす時などは、ガルダーヒッチなど別の結び方をしてください。

ふた結びを覚えてキャンプに活かそう!

キャンプ
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ふた結びは、強度があり信頼性の高い結び方でした。ふた結び、自在結び、巻き結び、もやい結び、4つのロープワークに触れました。これらを応用すれば、キャンプライフは更に充実したものとなることでしょう。

一度覚えれば様々な用途がありますので、ぜひこれを機に練習してみてください。

結城ゆき

この記事のライター

結城ゆき

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

徒歩キャンプの魅力・注意点まとめ!装備や持ち物もチェック!

キャンプ知識

徒歩キャンプの魅力・注意点まとめ!装備や持ち物もチェック!

徒歩キャンプの魅力や注意点についてまとめました。重量を抑えたコンパクトな装備や、おすすめの持ち物も紹介します。パッキングの工夫次第で、女子キャンパーや体力に自信のない人でも、徒歩キャンプが楽しめますよ。公共交通機関を利用する際のポイントも要チェックです。

焼印を自作して自分だけのキャンプギアを作る!詳しい作り方を紹介!

キャンプ知識

焼印を自作して自分だけのキャンプギアを作る!詳しい作り方を紹介!

焼印を自作する方法や、必要な道具・材料について解説します。真鍮をリューターで切削する方法やエッチング液で腐食させる方法を詳しくまとめました。針金で作る簡単な焼印も紹介しています。カッティングボードやレザーに自作焼印を押して自分だけのキャンプギアを作りましょう。

【ロープワーク】自在結びのやり方!キャンプで役立つ結び方をマスター

キャンプ知識

【ロープワーク】自在結びのやり方!キャンプで役立つ結び方をマスター

キャンプやアウトドアで覚えておくと便利なロープワークの一つである、「自在結び」の方法を紹介します。自在結びの具体的な結び方や、使いどころも解説しています。アウトドアに行く前にこの記事を読んで、結び方を練習しておきましょう。

トラッカーズ・ヒッチを覚えるとキャンプで役立つ!結び方を解説!

キャンプ知識

トラッカーズ・ヒッチを覚えるとキャンプで役立つ!結び方を解説!

トラッカーズ・ヒッチの結び方について解説しています!トラッカーズ・ヒッチと他のロープワークとの結び方の違いや、キャンプなど活躍場面についてもまとめました。ロープワークにおすすめのパラコードも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

キャンプ知識

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

キャンプの焚き火で使う薪の種類や組み方の特徴について説明します。樹種によって燃え方が異なる薪の選び方をまとめました。目的に合った組み方を知っていれば、キャンプの焚き火がより楽しめるでしょう。冬キャンプで気になる薪の必要な量も要チェックです。

キャンプ知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード