ロープのまとめ方を覚えておくと便利!キレイにまとめるコツも!

お気に入りに追加

アウトドアであると便利なロープのまとめ方を紹介します。ロープのまとめ方の基本である、チェーンノットや8の字巻きも解説しています。ロープのキレイなまとめ方のコツも併せて紹介しているので、アウトドアやキャンプに行く前に、ぜひチェックしてみてください。

ロープのまとめ方を覚えておくと便利!キレイにまとめるコツも!

目次

  1. ロープのまとめ方について紹介!
  2. ロープのまとめ方を覚えておくと便利な理由
  3. ロープのまとめ方
  4. ロープのまとめ方を覚えるとキャンプ・アウトドアに便利!

ロープのまとめ方について紹介!

rope
mockupgraphics Unsplash

アウトドア遊びやキャンプをする際に持っておくと便利なロープですが、まとめ方に困っていませんか?テントやタープに使うロープが絡まっていて、すぐに使えないということもあります。

この記事では、ロープのまとめ方や、キレイにまとめるコツを紹介しています。またチェーンノットや8の字巻きなどの、具体的な巻き方も解説していきます。

ロープのまとめ方を覚えておくと便利な理由

理由①次使うときに困らない

rope
GeorgeTan#3

アウトドアでテントやタープには複数のロープを使用します。ロープの使用後はつい、適当にまとめてしまいます。すると、次回の設営時はぐちゃぐちゃのロープを解く作業から行わなければなりません。

使用後に綺麗にロープをまとめておくことで、次回スムーズに使い始められます

理由②ロープが鞄の中で絡まない

理由①次使うときに困らない、と少し似ていますが、ロープを1本1本綺麗にまとめておこくとで、鞄の中で絡まってしまうのを防ぎます

ロープをそのまま鞄に入れておくと、複数のロープが絡まってしまいます。それを解くのは大変ですし、地味にストレスがかかります。

理由③コンパクトになる

ロープをまとめておくことで、省スペース化が図れます。まとめ方を知らずにそのまま収納していると、無駄な空間が発生してかさばってしまいます

ロープのまとめ方によっては、リュックや鞄の外側にぶら下げておくことも可能です。キャンプなどのアウトドアをする際に非常に便利なので、ロープのまとめ方を覚えておきましょう。

ロープのまとめ方

まとめ方①見た目がおしゃれな「チェーンノット」

チェーンノットは、その名の通りチェーン(鎖)のような見た目になるまとめ方です。

ロープを鎖状に編みこんでいくため、強度が増すのが特徴です。また、編み込んでいくため、ロープの長さが3分の1以下になるため省スペースになります。

  1. ロープの先端を持ち、輪を作ります。
  2. 輪の中からロープを少し引き出します。
  3. 引き出したロープで輪を作ります。
  4. 手順2~3を繰り返します。
  5. 一番最後はロープを引き抜きます。

チェーンノットは、ほどき方も非常に簡単なのがポイントです。最後に引き抜いたロープの端を引っ張るだけで解くことができます。  

まとめ方②ほどくのが簡単な「8の字巻き」

8の字巻きは、ロープを数字の「8」を描くようにまとめる方法です。 

8の字巻きはアウトドアだけでなく、工事現場のケーブル、撮影カメラのケーブルといった長いロープ状のものにも多く使われています。ロープやケーブルにねじれが発生しないのがこのまとめ方の特徴です。

  1. 左手(利き手じゃない手)で、ロープの先端を持ちます。
  2. 右手でロープを引き上げながら輪を作ります。
  3. 輪を左手に渡します。
  4. 右手を逆手にし、ロープを引き上げながら輪を作ります。
  5. 輪を左手に渡します。
  6. 手順2~5を繰り返します。

まとめる際のポイントはロープの輪を作る手を、順手→逆手→順手…と繰り返すことです。慣れれば手でまとめながら空中で行うことができますが、最初は地面にロープで8を描くように置く方法が簡単でオススメです。 

まとめ方③カラビナが必要な「ねじり式」

ねじり式のまとめ方は、カラビナを使うのが特徴です。また短時間で手軽にできるまとめ方のため、クライミングロープにもよく使われるまとめ方です。

  1. 適当な長さになるまで、ロープを輪にして重ねます。
  2. 輪の両端を持ち、ロープをねじります。
  3. 輪の両端を片方にまとめます。
  4. 輪をカラビナに通します。

解くときはカラビナからロープを外せば、すぐに解けます

ロープのまとめ方を覚えるとキャンプ・アウトドアに便利!

rope
controlenthused

テントやタープを設営する際には必須のロープですが、まとめ方を覚えておくと設営がスムーズにできます。まとめるの面倒くさいな、と思ってしまうかもしれませんが、絡まったものを解く方がもっと面倒です。

アウトドアに行く前に、この記事のロープのまとめ方をしっかりと覚えて、ロープをきれいにまとめられるようになりましょう。

ミロカロス

この記事のライター

ミロカロス

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

徒歩キャンプの魅力・注意点まとめ!装備や持ち物もチェック!

キャンプ知識

徒歩キャンプの魅力・注意点まとめ!装備や持ち物もチェック!

徒歩キャンプの魅力や注意点についてまとめました。重量を抑えたコンパクトな装備や、おすすめの持ち物も紹介します。パッキングの工夫次第で、女子キャンパーや体力に自信のない人でも、徒歩キャンプが楽しめますよ。公共交通機関を利用する際のポイントも要チェックです。

焼印を自作して自分だけのキャンプギアを作る!詳しい作り方を紹介!

キャンプ知識

焼印を自作して自分だけのキャンプギアを作る!詳しい作り方を紹介!

焼印を自作する方法や、必要な道具・材料について解説します。真鍮をリューターで切削する方法やエッチング液で腐食させる方法を詳しくまとめました。針金で作る簡単な焼印も紹介しています。カッティングボードやレザーに自作焼印を押して自分だけのキャンプギアを作りましょう。

【ロープワーク】自在結びのやり方!キャンプで役立つ結び方をマスター

キャンプ知識

【ロープワーク】自在結びのやり方!キャンプで役立つ結び方をマスター

キャンプやアウトドアで覚えておくと便利なロープワークの一つである、「自在結び」の方法を紹介します。自在結びの具体的な結び方や、使いどころも解説しています。アウトドアに行く前にこの記事を読んで、結び方を練習しておきましょう。

トラッカーズ・ヒッチを覚えるとキャンプで役立つ!結び方を解説!

キャンプ知識

トラッカーズ・ヒッチを覚えるとキャンプで役立つ!結び方を解説!

トラッカーズ・ヒッチの結び方について解説しています!トラッカーズ・ヒッチと他のロープワークとの結び方の違いや、キャンプなど活躍場面についてもまとめました。ロープワークにおすすめのパラコードも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

キャンプ知識

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

キャンプの焚き火で使う薪の種類や組み方の特徴について説明します。樹種によって燃え方が異なる薪の選び方をまとめました。目的に合った組み方を知っていれば、キャンプの焚き火がより楽しめるでしょう。冬キャンプで気になる薪の必要な量も要チェックです。

キャンプ知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード