CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

お気に入りに追加

CIRCUS 720DXの使い心地について説明します。テンマクデザインのCIRCUS 720DXの基本的なスペックや、魅力的な特徴をまとめました。廃盤後に登場した、テントとサイドウォールのセットについても紹介しているので、チェックしてみてください。

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

目次

  1. テンマクデザインの「CIRCUS 720DX」を紹介!
  2. CIRCUS 720DXのスペックと魅力
  3. 魅力①設営や撤収が簡単
  4. CIRCUS 720DXのデメリット
  5. テンマクデザインの「CIRCUS 720DX」を使ってみよう!

テンマクデザインの「CIRCUS 720DX」を紹介!

テント

家族やグループでキャンプを楽しむには、居住スペースが広いテントや、大型のタープが必要になります。テンマクデザインの「CIRCUS 720DX」は、これら両方の特徴を併せ持つ人気のテントです。

この記事では、テンマクデザインの「CIRCUS 720DX」の基本的な特徴や、メリット・デメリットについて紹介します。設営方法や薪ストーブ導入の注意点も説明しているので、参考にしてみてください。

CIRCUS 720DXのスペックと魅力

CIRCUS 720DXのスペック

出典: 楽天市場
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)
サーカス720SS サイドウォールセット
87,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
グループにおすすめのシェルターテント

横幅720cmと大型で広い空間が確保できるシェルターテントです。CIRCUS 720DX本体とサイドウォールがセットになったCIRCUS 720DXSS(サイドウォールセット)として販売されています

CIRCUS 720DX単体は廃盤になりました。CIRCUS 720DXSSにはインナーテントが付属しませんが、別売オプションで専用インナーテントの販売があります。

組立サイズ 720×360×高さ220cm
収納サイズ 75×32×32cm
総重量 23.1kg
素材 150Dポリエステル(耐水圧1500mm)
30代/男性
30代/男性

状況に合わせてアレンジできる

評価:

様々な張り方ができ、タープとしても使えるので便利です。家族でのテント泊や、グループでのデイキャンプなど、いろいろな場面で活躍します。

魅力①設営や撤収が簡単

CIRCUS 720DXは比較的大型のテントですが、シンプルな構造なので、設営や撤収が簡単です。

まず、本体を広げ、ガイドテープの四隅をペグダウンします。次に、ポールを組み立て、テントの頂点となる2箇所にポールとロープを取り付けます。ポールの根本にガイドテープのポールピンを差し込み、ポールを立ち上げペグダウンします。

後は、必要箇所にロープを張り、ベルクロでポールをテントに取り付ければテントが自立します。慣れれば1人でも設営でき、キャノピーの立ち上げや、インナーテントの取り付けも簡単です。

魅力②広くて高機能

CIRCUS 720DXは、横幅7.2m、奥行3.6mの大型テントで、広々とした居住スペースが特徴です。2ポールテントと違って、ポールが二股になっているので、ポールが邪魔になりません。また、ファスナーで開閉できる部分が多いので、様々な張り方ができます。

フロントはクローズして、サイドを出入り口にすれば、奥行のある2ルームテントになります。また、フロントとリア両方をポールで立ち上げ、サイドを巻き上げればタープのように設営することも可能です。

煙突を出せる開閉部分が多いので、薪ストープを設置しやすいです。CIRCUS 720DXは難燃加工がされていますが、薪ストーブを導入するときは、テントと煙突接触部分を念入りに保護しましょう。薪ストーブの煙突から飛ぶ火の粉にも注意が必要です。

CIRCUS 720DXのデメリット

デメリット①重量がある

CIRCUS 720DXは、丈夫ですが重量のあるスチールポールを使用しており、総重量は20kgを超えます。車への積み下ろしや、設営場所への運搬の際は、適宜分割して運びましょう。

デメリット②フックとグランドシートがない

CIRCUS 720DXには、ランタンなどを設置するためのフックがついていません。ランタンなどを吊るすには、左右にあるインナーテント用のフックに、ロープやコードなどを取り付けるとよいでしょう。

また、CIRCUS 720DXにはインナーテント用のグランドシートがありません。インナーシートが泥や枯草で汚れるのを防ぐには、自前でグランドシートを用意する必要があります。

尚、CIRCUS 720SS(サイドウォールセット)には、インナーテント・グランドシートとも付属しません。廃盤になったCIRCUS 720DXには標準装備でインナーテントが付属しています。

デメリット③跳ね上げが大変

CIRCUS 720DXは高さ220cmあり、キャノピーを跳ね上げるために、ファスナーを上まで上げる作業が大変です。背の小さい人は、椅子や踏み台などを使用しなければ届きません。

また、フロント・リアのサイドにあるファスナーを操作するときに、インナーテントがあると邪魔になります。ファスナー開閉のために、いちいち靴を脱いでインナーテント内に入る必要があります。

テンマクデザインの「CIRCUS 720DX」を使ってみよう!

テント

テンマクデザインのCIRCUS 720DXは、2組のクロスポールで設営するシェルターテントです。家族やグループにちょうど良い大型サイズですが、設営や撤収が簡単です。

テンマクデザインのCIRCUS 720DXは、ファスナーで開閉できる部分が多く、様々な張り方が可能です。アイデア次第で、何通りにもアレンジできるCIRCUS 720DXなら、キャンプをより快適にしてくれるでしょう。

miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

テント

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介します。ogawaのグロッケ12TCとタープを連結する方法も解説!空間を有効に使えるレイアウトや、薪ストーブ導入方法も説明しています。設営時のポイントなども具体的にまとめましたので、参考にしてみてください。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード