小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

お気に入りに追加

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

目次

  1. 小川キャンパルのシャンティ23を紹介!
  2. シャンティ23のスペックと魅力
  3. シャンティ23に必要なアイテム
  4. 小川キャンパルのシャンティ23を使ってみよう!

小川キャンパルのシャンティ23を紹介!

テント

シャンティ23は、品質の高さで知られる小川キャンパルの、少人数用ドーム型テントです。かつて人気を集めた「シャンティ」の生産終了後、後継モデルとして販売されました。この記事では、シャンティ23の人気の理由や、設営のポイントについて説明します。

シャンティ23のスペックと魅力

シャンティ23のスペック

小川キャンパル
シャンティ23
71,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
広い前室で解放感のあるスペース

シャンティ23は、小川テントとして知られる老舗アウトドア用品メーカーのドーム型テントです。3本のポールで設営する安定した構造で、広い前室と2段階に伸ばせるキャノピーが特徴です。

シャンティ23は、2~3人用の設定ですが、余裕のあるソロ用としての使用もおすすめです。

組立サイズ 360×240×高さ145cm
収納サイズ 60×27×18cm
重量 幕体:約3.7kg、ポール:約1.7kg
素材 フライ、グランドシート:ポリエステル75d(耐水圧1800mm)、ポール:アルミ合金
30代/女性
30代/女性

タープいらずで荷物が減らせる

評価:

キャノピーが大きいので、タープを持って行く必要がなく、荷物が軽減できます。テント部分は強風でも安定感がありますが、キャノピー部分はばたつきやすいので、張り方に工夫が必要です。

魅力①設営が簡単

シャンティ23は、インナーテントが吊り下げ式になっているので、設営に手間がかかりません。程よいサイズなので、慣れれば一人でも設営作業が可能です。

ポールが色分けされているので、ドーム型テント設営時にありがちな、ポールの取り違えも起こりにくいです。まずフライシートを広げて、メインポール2本をスリーブに通し、ポールの端をグロメットに差し込みます。

続いて前室部分のポールをスリーブに通し、端をグロメットに差し込みます。必要箇所をペグとロープで固定し、インナーテントを取り付ければ、シャンティ23の設営完了です。

魅力②タープとテントの役割を果たす

シャンティ23に特徴的なのが、エクステンションルーフと呼ばれる、2段階調節のキャノピーです。最大限まで広げれば、テントと接続したタープになります。

日よけや雨よけとして十分なサイズで、シャンティ23があれば、タープを別に用意する必要がありません。キャノピー先端に別売りの吸盤フックを取り付ければ、シャンティ23と車とを連結することも可能です。

魅力③前室が広い

シャンティ23の前室は、奥行160cmと余裕のある広さです。テーブルやチェアを置いてリビングスペースとして活用できます。シャンティ23の前室部分は、フルクローズにできるので、雨や気温が低い日でも快適に過ごせます。

シャンティ23は、キャノピーを立てれば連続した広い空間になり、解放感を楽しめます。ソロ用の2ルームテントのような使い方ができるため、ソロキャンプに快適さを求める人にもおすすめです。

シャンティ23に必要なアイテム

シャンティ23にはペグやロープは付属していますが、付属のペグは固い地面には刺さりにくいです。予備も兼ねて、丈夫な鍛造ペグを用意しておくと安心です。また、シャンティ23のキャノピーを2段階で張り出すには、追加のロープも必要です。

アイテム①ペグ

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
鍛造ソリッドペグ300
978円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
固い地面にも打ち込める

耐久性に優れた鍛造ペグで、重量はありますが、固い地面にも打ち込めて抜けにくいです。砂浜以外ならほぼどこでも使用できる汎用性がメリットです。30cm以上のサイズは、テントとタープ両方に使用でき、抜けにくいので安心して使用できます。

サイズ 直径:8mm、全長:300mm
重量 190g
素材 鉄(カチオン電着塗装)
20代/男性
20代/男性

価格が高いが壊れにくい

評価:

アルミやプラスチック製のペグに比べて、重量があり価格が高価ですが、壊れにくく長く使用できます。

アイテム②ガイロープ

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
テント用自在付ロープ350cm 2本組
583円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
直径5mmの丈夫なロープ

自在付きで、ロープの長さを片手で調節できます。太さ5mmと耐久性が高く丈夫なロープです。編み方がしっかりしているので、緩みにくく、予備のロープとしてもおすすめです。

サイズ 直径:5mm、長さ:3500mm
素材 ポリエステル
30代/男性
30代/男性

硬いが緩みにくい

評価:

普段4mmの太さの別のロープを使っているので、丈夫でしっかりした感じがあります。やや硬くて結びにくいですが、緩みが少なく安心して設営できます。

小川キャンパルのシャンティ23を使ってみよう!

テント

小川キャンパルのシャンティ23は、広い前室と大きなキャノピーが特徴です。天候に合わせて調節しやすいので、快適にくつろげます。

シャンティ23は、ドーム型で強風にも強い安定感があります。1人でも設営しやすいので、ソロキャンプ用としてもおすすめです。

miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

テント

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

CIRCUS 720DXの使い心地について説明します。テンマクデザインのCIRCUS 720DXの基本的なスペックや、魅力的な特徴をまとめました。廃盤後に登場した、テントとサイドウォールのセットについても紹介しているので、チェックしてみてください。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

テント

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

ハイランダーのTCテント、アルネスを紹介します。人気のキャンプアイテムメーカーハイランダーのアルネスの特徴やスペックなどについて、口コミも交えて解説します。また、設営方法などについても説明しているので、テント購入を考えているならぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード