焚き火におすすめのブランケット6選!コットンやウールなど素材もチェック

お気に入りに追加

焚き火におすすめのブランケットとはどのような物か徹底調査しました。焚き火だけでなく、キャンプで役立つブランケットの活用方法についても解説します。コールマン、テンマクデザイン、スノーピークやワークマンといったアウトドア専門店の情報も紹介します。

焚き火におすすめのブランケット6選!コットンやウールなど素材もチェック

目次

  1. 焚き火をする際のブランケットのおすすめを紹介!
  2. 焚き火をする際のブランケットの選び方
  3. 焚き火の際のブランケットおすすめ6選
  4. 焚き火の際のブランケットおすすめ比較表
  5. 焚火用ブランケットのキャンプでの使い道
  6. 焚き火の際のブランケットQ&A
  7. 焚き火にブランケットをプラスして暖まろう!

焚き火をする際のブランケットのおすすめを紹介!

黄色い寝袋

近頃、キャンプで焚き火を楽しむ人が増えています。キャンプ場は、夜になると冷えこむため、テントの中でも寒くて寝られないこともあります。慣れない土地でのキャンプに、持参したいアイテムがブランケットです。

ウールやコットンなどの素材は、焚き火の時や寝る時にも寒さ調整ができるので重宝します。コールマン、テンマクデザイン、スノーピーク、ワークマンなどの専門店のブランケットについて調査しました。  

焚き火をする際のブランケットの選び方

food

冬場キャンプをする際は、焚き火をして暖まる人が多くいます。体が冷えてしまうこともあります。そこで寒さや焚き火の、火の粉を防ぐことができる羽織物が重宝します。そのひとつが、ブランケット。

フリースやコットンなどの素材で、軽くてコンパクトなので便利です。コールマン、テンマクデザイン、スノーピークやワークマンなどでも販売されています。各社の素材の特徴や値段などを調査しました。

素材と機能性

家に寝袋が二つ並んでいる様子

キャンプ場は、平地より日中と夜の温度さが生じます。キャンプの焚き火では、保温性に優れたひざ掛けが便利です。また素材には、コットン、ウール、フリースなどが適しています。焚き火に適した材質を選ぶときポイントとなることは、軽くて寒気を通さず、水汚れをはじく物がおすすめです。

またキャンプの際はコンパクトに収納できて、持ち運びにすぐれたものを選ぶことが大切です。コールマン、テンマクデザインやワークマンなどでは、焚き火に特化したアイテムがあります。

手入れのしやすさ

キャンプで焚き火をする時、ブランケットがあると寒さを防ぐことができます。しかし食べ物や焚き火の火が飛び散ると汚れてしまうこともあります。使用するたびに洗濯しても丈夫な素材を使用しています。

コールマンやテンマクデザインの材質は、ダウン、ウール、フリース、コットンです。どれも耐久撥水加工がされているので、うっかり飲み物をこぼしても拭き取るだけです。野外での焚き火にぴったりです。

暖かさ

冬場のキャンプにはブランケットが欠かせません。特に焚き火などでは、冷え込むため断熱保温に優れた物を選ぶ必要があります。ダウン製は、繊維と繊維の間に隙間があるため温かい空気が維持させます。

ウールの場合は、製品によっては羊毛の脱脂具合や繊維の紡ぎ方により保温性がかわります。フリースの場合は、起毛素材のため、体温を逃さず外気も遮断できます。そしてコットンの場合は、夏対応と思いがちですがしっかり保温ができるのでキャンプにも対応してくれます。

軽さと持ち運びのしやすさ

キャンプをする時、どうしても荷物が多くなりますので、ブランケットは軽くてコンパクトに収納できる物が便利です。おすすめは、ダウンタイプです。ダウン製は素材が軽くて、丸めて収納袋に入れればコンパクトになります。

そのためキャンプや焚き火にも好都合です。コールマン、テンマクデザイン、スノーピークワークマンでは、保温力とコンパクトに持ち運べる工夫をしています。大きなシュラフサイズでも400g以下です。収納袋に入れればバッグに取り付けて運ぶこともできます。

目的に合ったサイズ

自分がどういう目的で、ブランケットを使用するのかによって機能性や素材の特色、サイズなどを選ぶ必要があります。キャンプの際は、どうしても荷物が多くなります。従ってコンパクトに収納できる物を選びましょう。

キャンプ用品メーカーであるコールマン、テンマクデザイン、スノーピークやワークマンでは、膝に掛けるサイズやテント内の床に敷いて、毛布として使えるサイズのアイテムを販売しています。

デザインと価格

焚き火
tetuzin

キャンプで焚き火をする時、ひざ掛けなどがあると体を温めることができます。テンマクデザイン、スノーピーク、ワークマン、コールマンなどでは、それぞれの特徴を持ったブランケットを販売しています。

各社リーズナブルな物から焚き火での損傷を防ぐような物は少し値が張る物まで様々です。また今話題のワークマンでもキャンプで焚き火をする時に安心して使える商品を安価で販売しています。

焚き火の際のブランケットおすすめ6選

プロモンテリバーシブルブランケット

出典: 楽天市場
プロモンテ PuroMonte
リバーシブルダウンブランケット WD018
6,336円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

生地の各所にスナップがつけられていて、いろいろな留め方ができます。リバーシブルなのでその時々で使い方を変えられます。また付属のポケットに収納することで持ち運びも簡単です。キャンプの焚き火にもおすすめです。

Men
Men

年間通して使える

評価:

キャンプの焚き火でも、テントで寝る時寝袋と共に利用できます。キャンプだけでなく日常のひざ掛けとしても重宝しています。軽量でな割にしっかり暖まることができます。また畳めばコンパクトになるので持ち運びに便利です。

スノーピーク ペンドルトン限定コラボブランケット

出典: 楽天市場
スノーピーク
SP×PENDLETON TOWEL BLANKET
9,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

スノーピークと老舗メーカーのペンドルトンのコラボで誕生しました。スノーピークのマークであるアスタリスクがデザインされているのが特徴のブランケットです。自然に優しいコットンをおしげもなく使用しています。キャンプだけでなく自宅の室内テーブルクロス、庭先でも使えるアイテムです。一般的な物と比べて保温性に富んでいます。また焚き火による火の粉の穴あきを抑える構造になっています。

Men
Men

しっかりとした材質

評価:

購入前にイメージしていた以上にしっかりとした手触りでした。値段は少し高いと感じましたが、品質に満足しています。

ベネクス リカバリークロス

出典: 楽天市場
VENEX ベネクス
リカバリーウエア ブランケット
8,300円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ベネクスでは、ナノ化プラチナに数種類の鉱物を1本1本の繊維の中に織り込んで作っています。このようにすることで体を適切に温めるため、肩や膝にかけると夜のキャンプでも寒さを防げます。

Men
Men

肩が凝らない

評価:

肩に羽織ってみるとじんわり温まり、体に優しい印象でした。キャンプの焚き火でも冷えを防いでくれます。またテントで寝る時下に敷くと寒さを防げました。肩や背中にも負担がかからずぐっすり眠れます。

ペンドルトン チーフ ジョセフ ムチャチョ ブランケット

出典: 楽天市場
ペンドルトン
チーフ ジョセフ ムチャチョ ブランケット
10,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ペンドルトン製のチェック柄が特徴の商品です。ペンドルトンは、ウール素材のひざ掛けを多く手掛けています。デザインがユニークでキャンプだけでなく、ソファーに掛けてインテリアとしても活用できます。

Men
Men

使いやすい

評価:

この商品は、使えば使うほどなじんでアジがでてきていると感じます。シンプルなデザインなので気に入ってます。

防炎ブランケット

出典: 楽天市場
防炎ブランケット
4,283円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

キャンプで焚き火をする時、気になるのが焚き火の火が飛び散ることです。ひざ掛けなどが火の粉で穴が開くことがあります。燃えない素材を使っているので寒い夜の焚き火にも安心です。この商品は、ポリエステル100%で化学物質を一切使っていません。

Men
Men

手触りがいい

評価:

見た目同様に、ふかふかした手触りで肩にかけてみると暖かでした。保温性もまずまずで満足しています。

FRUTO フルートブランケット

出典: 楽天市場
フルート ブランケット
5,280円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

表地は、ポリエステル50%、アクリル30%に他の素材を合わせています。デザインは、色を選べるチェック柄です。ゆったりサイズなのでお昼寝用ケットとして毛布がわりにもなります。またひざ掛けとして、またキャンプで焚き火をする時にも便利に使えます。防寒対策としても役割を果たします。焚き火の際、汚れても洗濯機でも洗うことができます。

Men
Men

暖かい

評価:

使ってみて本当に暖かいとかんじました。ただ縁の部分が少し冷たく感じました。キャンプだけでなく、室内でも使えそうです。

焚き火の際のブランケットおすすめ比較表

商品名

プロモンテ

リバーシブル

ブランケット

スノーピーク

ペンドルトン

ブランケット

ベネクス

リカバリークロス

ペンドルトンブランケット

防炎ブランケット

FRUTOブランケット

画像

ベネクスリカバリークロス ペンドルトン ブランケット 防炎ブランケット FRUTOブランケット

サイズ

縦100㎝×横144㎝

72㎝×122㎝

約130㎝×70㎝

幅80㎝×長さ190㎝

100㎝×150㎝

140㎝×200㎝

特徴

腰に巻けばロングスカートになる

・ホックでスーパーマントに変身

・収納ポケット付き

耐久性が高い

・機能性あるデザイン

ナノ化プラチナ配合

・軽くてコンパクト

・疲労回復効果に期待できる

・ウールとコットンの素材

優れた保温効果

燃えない素材

・柔らかく肌に優しい

ゆったりサイズ

・太い糸で丈夫

商品リンク

楽天 (¥7,980) 楽天(¥9,900) 楽天(¥8,800) 楽天(¥4,899) 楽天(¥2,160) 楽天(¥5,280)

焚火用ブランケットのキャンプでの使い道

キャンパーは、寒い時期であってもキャンプを楽しみます。体を温めるために焚き火は好都合です。そんな時に、ウール、ダウンやコットンなどのブランケットは大活躍で、冷えやすい足元を温めてくれます。

寝る時に使ったり、レジャーシートの代用、また薪を運ぶときに使うなど使い方はたくさんあります。コールマン、テンマクデザインやワークマンの商品とは、また具体的な使い道を調査しました。

・寝るときに使用

寝袋にはいる女子ソロキャンパー

キャンプで寝る際は、寝袋を使います。寝袋は人が快適に寝られるように工夫されています。しかし一般的な標準に合わせてあるので、温かさを感じるかは個人差があります。

寒さを感じやすい人は、就寝中の防寒対策としてブランケットを寝袋の中に敷いたり、寝袋の上に掛けるようにして使います。アウトドア専門のコールマン、テンマクデザインやワークマンでも心地良く寝ることができるアイテムが豊富です。

レジャーシートの代用

キャンプをする際、レジャーシートはいろいろな場面で重宝します。特に芝生や草の上に座るときは必須です。もしレジャーシートがなくても、ブランケットで代用できます。もっと便利なアイテムが、オールウェザーブランケットです。

これは登山やトレッキングにも活躍してくれます。完璧な防水性なので濡れた地面に敷いても大丈夫です。また保温性に富んでいるので適切に体温を維持してくれます。さらに汚れが付きにくいだけでなくお手入れが簡単なのでテントの床にもぴったりです。

薪を運ぶトートバッグ

キャンプの焚き火に使う薪は、無造作に割けて棘があったり割った隙間ができるので指をケガすることがあります。そのため薪を運ぶときは、布に巻くなどする必要があります。またキャンプで残った薪を持って帰るとき、車内を汚さずばらばらになることを防げます。

このような時、厚手のブランケットも活用できます。さらに便利なアイテムとしてログキャリーが販売されています。ログキャリーは、丈夫な帆布が使われているので、車内が傷つくのを防げます。

ハンモックのアンダーキルト

ハンモックは、キャンプでもハンモック泊のキャンパーには必需品です。ハンモックに使われているアンダーキルトとは、ハンモックの背中側を覆うカバーのことを指します。ハンモックとアンダーキルトの間には、温かい空気層を作ることができるため背中まわりを快適な温度に保ってくれます。

コットンなどのブランケットは、このアンダーキルトの役割をしてくれます。ブランケットをハンモックのスリングに結び付けて使います。

チェアカバー

キャンプの際、テーブルやチェアも必要です。冬場のキャンプは冷えるのでチェアカバーがあると安心です。チェアカバーは、購入することもできますが、ブランケットで代用できます。また予備のブランケットがあれば、背中側だけでなくひざに掛けるとより体を温めることができるので便利です。

しかしどうしてもブランケットが汚れたり傷になったりしがちです。そんな時は、コットンなどの素材がおすすめです。

焚き火の際のブランケットQ&A

キャンプ初心者は、寒くなってくる時期のキャンプで寝るとき寝袋だけ用意すれば良いでしょうか。

キャンプ場は、夜になると気温が低くなり、底冷えもするので寝袋だけでなくブランケットも用意することをおすすめします。キャンプの際荷物が増えますが、軽量コンパクトなブランケットなら便利です。

ウールの焚き火用ブランケットは、燃えにくいといわれますが、アクリルの混紡はどうですか?

焚き火をする際は、どうしても火の粉が飛びます。混紡は、どうしても発火しやすくなるので避けましょう。

焚き火にブランケットをプラスして暖まろう!

みんなで楽しむ 焚き火
Free-Photos

キャンプの焚き火におすすめのブランケットについて調査しました。ブランケットといってもたくさんの種類があります。またスノーピーク、テンマクデザイン、ワークマン、コールマンなどのメーカーが主流です。

各メーカーは、ブランケットの使い方や用途によって素材にも工夫しています。暖かさや軽さ、耐熱性など使う目的によって自分に合ったブランケットを見つけてみてはいかがでしょう。

mango117

この記事のライター

mango117

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード