登山用ナイフおすすめ15選!メリットや活用法についても紹介!

お気に入りに追加

登山用ナイフのおすすめ製品を紹介します。登山用ナイフのメリットや、活用法についても解説!普段ナイフを使わない人が気になる必要性や用途も説明しています。刃物を所持するに当たって、知っておくべき銃刀法の知識もまとめているので、参考にしてみてください。

登山用ナイフおすすめ15選!メリットや活用法についても紹介!

目次

  1. 登山用ナイフのおすすめ商品を一挙紹介!
  2. 登山用ナイフの必要性・メリット
  3. 登山用ナイフの選び方と種類
  4. 登山用ナイフのおすすめ15選
  5. 登山用ナイフのおすすめ15選の比較表
  6. 登山用ナイフを持ち歩くと銃刀法違反になる?
  7. 登山用ナイフのおすすめ商品まとめ

登山用ナイフのおすすめ商品を一挙紹介!

登山用ナイフ

登山やキャンプにナイフがあると、調理や工作などの作業の他、装備不具合や緊急時など不測の事態にも対応できます。この記事では、登山やキャンプに持って行くのにおすすめのナイフを紹介します。

海外有名メーカーの定番モデルから、日本製の使いやすいナイフまで、様々な形状・サイズのナイフをまとめました。刃物を持ち歩くときに気になる銃刀法の基礎知識も合わせて説明しますので、参考にしてみてください。

登山用ナイフの必要性・メリット

すべての登山で必要なわけではない

ナイフは登山に必ずしも必要ではありません。特に、キャンプをしない日帰り登山の場合は、ナイフを必要とする場面はほとんどないでしょう

登山の荷物を少しでも軽量化したい、刃物を持ち歩くことに抵抗があるという場合は、無理にナイフ携行する必要はありません。登山の難易度やスタイルに合わせて、ナイフの必要性を検討しましょう。

非常時・緊急時に重宝する

使用できる道具が限られる登山中に、不測の事態が起きたとき、ナイフがあると対応できる選択肢が広がります。サバイバルを迫られたとき、暖をとるための焚き火の準備や、山菜など食料を得るときに重宝します。

作業だけでなく、登山中の緊急時にロープやザックを切る、テントを切って脱出するなど、命に関わる場面での使用も想定されます。

登山用ナイフの選び方と種類

ナイフの種類は用途・活用法を想定して選ぶ

アウトドア用ナイフは、種類や形状など様々なものがありますので、必要な用途に合わせて選びましょう。登山用ナイフは、ロープを切断しやすいよう、刃がぎざぎざした波刃になっています。また、軽量で折りたたむとコンパクトになるナイフが、登山では人気です。

キャンプ用ナイフは、焚き火の焚き付けを作る、食材を切るなど様々な用途に使用されます。刃が厚めのナイフは、ハードな用途にも耐えられます。

種類①フォールディングナイフ

フォールディングナイフは、刃がハンドル部分にしまえる構造です。折りたたみナイフ、ポケットナイフとも呼ばれます。ストラップを通す穴が開いたものなら、登山時に首から下げたり、他の緊急時用アイテムと一緒に保管できます。

携帯性に優れ、軽量なものが多いので、登山用としておすすめです。固定刃のナイフに比べて強度がやや劣るので、ハードな使い方よりも細かい作業に向いています。

種類②シースナイフ

シースは鞘という意味で、折りたたまず鞘に刃をしまう形状のナイフです。重量がありますが、小型のものや鞘が革製のものなど、軽量のシースナイフを選べば、登山でも負担になりません。

フォールディングナイフより強度が高いので、幅広い用途に使用できます。刃をハンドルで挟む構造のフルタングのものなら、ブッシュクラフトでバトニングも可能です。

種類③マルチツール(十徳ナイフ)

フォールディングナイフに様々な種類の刃や栓抜き、ドライバーなどを組み合わせたツールです。ビクトリノックスのアーミーナイフがよく知られており、十徳ナイフとも呼ばれます。

1つで10種類以上の機能を搭載しているものもあり、荷物を減らしたい登山で活躍します。フォールディングナイフのような形状の他、プライヤーに複数のツールを組み合わせたタイプもあります。

機能が多いものは、その分重量があるので、使いこなせないと登山では荷物になってしまいます。用途に合わせて、必要なツールが搭載されているものを選びましょう。

種類④鉈

刃が長方形の腰鉈と、ナイフのような剣鉈の2種類があります。腰鉈は、藪を払う、木の皮を剥ぐなど主に林業に使われ、剣鉈は狩猟用が主な用途です。

キャンプでは、薪割りや魚をさばくなどの作業に使用できます。刃に重量を乗せて叩き割る使い方が得意で、ナイフだけでは難しい硬い薪も難なく割ることが可能です。

種類⑤サバイバルナイフ

サバイバル環境で生活することを目的に作られており、薪割りや狩猟など様々な用途に耐えられるよう、頑丈な作りになっています。刃の一部がぎざぎざになっており、鋸のように使用できるものもあります。

ミリタリー感が強い外観なので、登山用であっても持ち歩くときは厳重に梱包するなど、銃刀法に触れないよう注意しましょう。

登山用ナイフのおすすめ15選

OPINEL「トレッキング No.7」

出典: 楽天市場
OPINEL(オピネル)
皮紐付ステンレスナイフ#7
2,745円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
初心者からベテランまで登山用におすすめ

フランスの老舗ナイフメーカーの製品で、握りやすいハンドルとシンプルな形状が特徴です。刃の長さの違いにより6種類のモデルがあります。No.7は刃長約80mmで登山の携帯に便利な小型サイズです。

ステンレスの刃なので、手入れが簡単で初心者にもおすすめのナイフです。研ぐ手間がかかりますが、切れ味がよいカーボンブレードもあります。

サイズ 全長:101mm、刃長:80mm
重量 100g
材質 刃:ステンレス、ハンドル:ブナ
30代/男性
30代/男性

軽量で持ち運びに便利

評価:

ポケットサイズで、邪魔にならず、ちょっとしたときに役立ちます。価格も手ごろで使いやすいです。

GERBER「ウルトラライトLSTポケットナイフ」

GERBER(ガーバー)
ウルトラライトLSTポケットナイフ
4,838円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
超軽量で登山用におすすめ

シンプルな形状の軽量ポケットナイフで、モンベルでも取扱いのあるGERBERの製品です。刃長約50mmで銃刀法で処罰の対象となる刃物に含まれません。ロック機能付きで、使用中に刃が閉じるのを防ぎます。

サイズ 約117mm、刃長:約50mm
重量 17g
材質 刃:ステンレス、ハンドル:グラスファイバーナイロン
30代/女性
30代/女性

ストラップ穴が便利

評価:

小型で軽量なので、登山に持って行きやすいです。紐を通す穴があるので、100均で買ったストラップをつけて、ホイッスルなどと一緒にまとめています。

PETZL「スパサ」

出典: 楽天市場
PETZL(ペツル)
スパサ S92A
3,630円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
刃の出し入れ操作が簡単

中央の大きなカラビナホールが特徴で、フランスの登山・ハイキング用品ブランド、ペツルの登山用ナイフです。刃の出し入れ操作が簡単にできるので、緊急時に役立ちます

刃の一部が鋸のようになっており、登山中のロープの切断がしやすい構造です。

サイズ 全長:175mm、ハンドル長:115mm
重量 43g
材質 ステンレス
30代/女性
30代/女性

目立つカラーも◎

評価:

ギザギザ付きの回転軸を回せば、手袋をした状態でも、刃を出せて便利です。目立つ色なので、荷物に紛れても見つけやすいです。

Deejo「composite 37g ONE HAND」

出典: 楽天市場
Deejo(ディージョ)
composite 37g ONE HAND
5,390円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
超軽量かつ美しいデザイン

フランスの登山・ハイキング用品メーカーであるBaladeoのナイフブランド、Deejoの製品です。美しいデザインと超軽量ナイフで知られています

刃長95mmと長めですが、重量は37gで、同程度のサイズの製品の半分以下です。刃の一部が鋸状になっており、登山用におすすめの製品です。

サイズ 全長:205mm、刃長:95mm
重量 37g
材質 刃:ステンレススチール、ハンドル;カーボンファイバー
40代/女性
40代/女性

細かい作業に使える

評価:

軽量で華奢なデザインのナイフですが、握った感じが手に馴染みます。果物を剥いたり木を削ったり、細かい作業も難なくできます。

Kershaw「CQC-7K」

出典: 楽天市場
Kershaw(カーショウ)
CQC-7K タントー KS6034T
6,380円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
片手で開閉できる

デザイン性と実用性に優れたアメリカのナイフブランド、カーショウとエマーソンのコラボ製品です。サムディスク付きで、片手で刃が開けます

刃はブラックコーティングで錆びにくく、屋外での様々な用途に耐えられる8Cr14MoVスチールのブレードです。切っ先が直線的なタントーポイントで、刺したり切り落としたりする用途に適しています。

サイズ 全長:195mm、刃長:90mm
重量 147g
材質 刃:8Cr14MoVスチール鋼、ハンドル:410ステンレス鋼、G-10
40代/男性
40代/男性

使いやすいタントーポイント

評価:

先端が直線状のタントーポイントで、ぎこぎこ引かなくても、ロープを切る、袋を開けるといった作業ができます。

Spyderco「デリカ4」

出典: 楽天市場
Spyderco(スパイダルコ)
デリカ 4(半波刃)
11,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
登山だけでなくキャンプ用にも

クモのマークが目印のアメリカのナイフブランドです。刃の形状や材質によって様々な種類がありますが、デリカは実用性を重視したスタンダードなシリーズです。一般的な登山・アウトドアでの使用の他、料理など細かい作業にも向いています。

サイズ 全長:180mm、刃長:75mm
重量 70g
材質 刃:VG-10、ハンドル:ガラス繊維強化ナイロン
20代/女性
20代/女性

分解して手入れしやすい

評価:

軽量で登山に持って行くのにちょうどよいサイズです。部品はすべてネジでとめられており、自分で分解して手入れできます。

BUCK「フォールディングハンター #110」

BUCK(バック)
フォールディングハンター #110
14,849円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
愛用者の多い定番モデル

アメリカで1902年創業の老舗メーカーの製品です。50年以上前から発売されていますが、ほぼ変わらないデザインで、必要な機能を備えた定番モデルです。ハンドルの背側に配置されたロック解除ボタンが特徴で、信頼性のあるロック機構で知られています。

サイズ 刃長:95mm、ハンドル長:124mm
重量 204g
材質 420HC
40代/男性
40代/男性

キャンプ用にも重宝

評価:

クリップポイントの刃の形状がかっこいいデザインです。本来の用途はハンター用ですが、焚き火の焚き付けを作るのに使えて、キャンプでも重宝します。

Morakniv「コンパニオン ヘビーデューティ」

出典: 楽天市場
Morakniv(モーラナイフ)
コンパニオンヘビーデューティー MG
4,400円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
扱いやすいサイズで初心者におすすめ

ブッシュクラフトで人気のモーラナイフの製品です。刃長約100mmとは扱いやすいサイズで、価格も手ごろなことから初心者にもおすすめです。ステンレスと違って錆びやすいので、手入れの手間がかかりますが、切れ味に優れたブレードです。

サイズ 全長:224mm、刃長:104mm
重量 101g
材質 刃:カーボンスチール、ハンドル:ラバー
20代/男性
20代/男性

滑りにくいラバーハンドル

評価:

ラバー素材のハンドルで、水に塗れた状態でも滑りにくいです。バトニングできるほどの強度ではありませんが、木を削るくらいなら問題ありません。

G.SAKAI「ニューサビナイフ1」

G.SAKAI(ガーバー・サカイ)
ニューサビナイフ1
7,700円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
錆に強く耐久性が高い

古くから刃物産業が盛んな岐阜県関市のメーカーで、錆びに強いH-1鋼を使用したサビナイフシリーズが人気です。ネジなど他の金属部品もステンレスで、錆びにくく清潔さを保てます。直刃と登山に便利な半波刃の2種類があります。

サイズ 全長:203mm、刃長:92mm
重量 89g
材質 刃:H-1鋼、ハンドル:ザイテル
20代/男性
20代/男性

キャンプや釣りにも便利

評価:

錆に強いので、キャンプや釣りにいつも持って行きます。しばらく使わないうちに錆びていたということがないので、使用頻度が多くない人にもおすすめです。

KA-BAR「BK2」

出典: 楽天市場
KA-BAR(ケーバー)
BK2
16,009円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
厚みのある刃で強度が高い

200年以上前のイギリスにルーツを持つ、アメリカの刃物メーカーの製品です。刃をハンドルで挟み込んだ構造のフルタングで、バトニングもできる丈夫な構造です。刃厚7mmと厚みがあり、重量はありますが、タフな使用にも耐えらる強度が特徴です。

サイズ 全長:270mm、刃長:123mm
重量 418g
材質 刃:1095Cro-Van、ハンドル:ウルトラミッド
50代/男性
50代/男性

ハードな使用にも耐えられる

評価:

バトニングできる丈夫なナイフを探していて見つけました。ハードな使い方をしても、刃が欠けたり折れたりする心配がありません。
登山用としては重量がありますが、キャンプでガンガン使うのに便利です。

Bark River「ブラボー1 A2」

Bark River(バークリバー)
ブラボー1 A2
29,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
フルタングで丈夫な構造

品質の高さで知られるアメリカのメーカーの製品です。ブラボーシリーズは、バークリバーを代表するモデルで、キャンプ用、ハンティング用として人気です。

フルタングの丈夫な作りなので、薪を割るなどブッシュクラフトにもおすすめです。ハンドルは、強度の高く滑りにくいキャンパスマイカルタ仕様で、手にしっかりと馴染みます。

サイズ 全長:230mm、刃長:107mm
重量 209g
材質 刃:A-2鋼、ハンドル:ブラックキャンパスマイカルタ
40代/男性
40代/男性

登山・キャンプの様々な用途に

評価:

切れ味が鋭く、刃の持ちがよいバランスのとれた登山・キャンプ用ナイフです。シンプルな見た目ですが、厚みのあるしっかりしたブレードで、キャンプの様々な用途に対応できます。

BENCHMADE「140BKニムラバス」

出典: 楽天市場
BENCHMADE(ベンチメイド)
140BKニムラバス
26,499円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
刃厚3mmで調理がしやすい

蝶のマークが特徴のアメリカ・オレゴン州のメーカーです。軍や警察などプロ向け製品を多く生産しており、品質の高さに実績があります。

サバイバルナイフのイメージが強いですが、ニムラバスは刃厚約3mmと薄めなので、調理など細かい作業に適しています。

サイズ 全長:240mm、刃長114mm
重量 175g
材質 刃:154CMステンレス、ハンドル:アノダイズアルミ
40代/男性
40代/男性

握りが安定するハンドル

評価:

ミリタリー感のある外観ですが、登山・アウトドア用として使いやすいです。指をかける部分が手に馴染みやすく、握りが安定します。

VICTORINOX「クライマー」

VICTORINOX(ビクトリノックス)
クライマー
4,400円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
登山に必要な14種類のツールを搭載

赤い十字模様のアーミーナイフでよく知られるビクトリノックスの製品です。クライマーはブレード、ハサミ、缶切りなど使用頻度の高いツール14種類を厳選して搭載しています

大小2種類の刃があるので、食品用とその他用に分けて使用できます。キャンプで工作する機会があるなら、ハサミの代わりにノコギリを搭載した「キャンパー」がおすすめです。

サイズ 縦91×横27×厚さ18mm
重量 81g
材質 刃:ステンレススチール、ハンドル:セリドール樹脂
30代/女性
30代/女性

多過ぎないちょうどよい機能性

評価:

ビクトリノックスには様々なモデルがありますが、あまり多機能だと重くなるので、登山にちょうどよいクライマーを選びました。ハサミや栓抜きがついていて、キャンプでも便利です。

LEATHERMAN「ウィングマン」

出典: 楽天市場
LEATHERMAN(レザーマン)
ウィングマン
11,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
スプリング付きで操作が楽

プライヤー型のマルチツールで知られるレザーマンの製品です。スプリング付きのモデルで、軽い力で操作できます。ブレードやハサミの他、梱包の開封や果物の皮剥きに便利なパッケージオープナーが搭載されています。

サイズ 全長:97mm(プライヤー収納時)、刃長:66mm
重量 198g
材質 ステンレススチール
40代/男性
40代/男性

日常でも使える

評価:

登山やキャンプだけでなく、日常でも使いやすい機能が搭載されたモデルです。ツール一つ一つの精度が高い点も満足しています。

UNIFLAME「ちび鉈」

出典: 楽天市場
UNIFLAME(ユニフレーム)
ちび鉈
9,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ミニサイズでも実用に耐えうる

キャンプ用品メーカーで有名なユニフレームのつるばみシリーズのミニ鉈です。刃長70mmの小型サイズですが、日本製の丁寧な作りで、実用に十分耐えられます

刃の重量を乗せられるので、ナイフでのバトニングよりも、薪割りがスムーズにできます。

サイズ 全長:185mm、刃長70mm
重量 198g
材質 刃:軟鉄+SK-5、ハンドル:カシ
30代/女性
30代/女性

ハンマーも併せて使うのがおすすめ

評価:

大きな鉈と違って持ち運びやすく、小さな薪なら問題なく割れます。刃が短いので薪に食い込ませるときにやや使いにくいです。ハンマーや別の薪で上から叩くと使いやすいです。

登山用ナイフのおすすめ15選の比較表

ブランド

OPINEL

GERBER

PETZL

Deejo

Kershaw

Spyderco

BUCK

Morakniv

G.SAKAI

KA-BAR

Bark River

BENCHMADE

VICTORINOX

LEATHERMAN

UNIFLAME

画像

商品名

皮紐付ステンレスナイフ#7

ウルトラライトLSTポケットナイフ

スパサ

composite 37g ONE HAND

CQC-7K

デリカ4

フォールディングハンター #110

コンパニオンヘビーデューティー

ニューサビナイフ1

BK2

ブラボー1 A2

140BKニムラバス

クライマー

ウィングマン

ちび鉈

特徴

・軽量で携帯に便利

様々なサイズが選べる

・初心者におすすめ

超軽量で携帯に便利

・刃長6cm以下

・シンプルな形状

刃の出し入れが簡単

・ロープ切断がしやすい

・扱いやすいステンレス刃

・超軽量で持ち運びに便利

美しいデザイン

・刃長95mmで用途が広い

サムディスク付きで開閉が楽

・ブラックコーティング刃で錆びにくい

・直線的なブレード

細かい作業がしやすい

・実用性重視

・バリエーションが豊富

・ハンドル背側にロック

信頼性の高い定番モデル

・キャンプ用途にもおすすめ

扱いやすい刃長100mm

・価格がリーズナブル

・ブッシュクラフト用に人気

錆びにくく耐久性が高い

・直刃と半波刃の2種類

・日本製

刃厚7mmで強度が高い

・重量がある

・バトニングが可能

フルタングで丈夫

・バトニングが可能

・機能性のバランスがよい

刃厚3mmで細かい作業にも

・ミリタリー感の強い外観

・握りが安定

14種類のツール

・大小2種類のブレード

・ハサミ付きでキャンプに便利

スプリング付きで開閉が楽

・パッケージオープナー搭載

・14種類のツール

刃長7cmのミニサイズ

・薪割り用途に適する

・日本製

商品サイト

楽天市場(¥2,745) 楽天市場(¥4,838) 楽天市場(¥3,630) 楽天市場(¥5,390) 楽天市場(¥6,380) 楽天市場(¥11,000) 楽天市場(¥14,849) 楽天市場(¥4,400) 楽天市場(¥7,700) 楽天市場(¥16,009) 楽天市場(¥29,800) 楽天市場(¥26,499) 楽天市場(¥4,400) 楽天市場(¥11,000) 楽天市場(¥9,900)

登山用ナイフを持ち歩くと銃刀法違反になる?

銃刀法の基礎知識

銃刀法は、銃砲刀剣類所持等取締法の略称で、鉄砲と刀剣類の取締について定めた法律です。銃刀法の中でも、登山やキャンプにナイフを持って行く場合に知っておきたいのが、下記の第二十二条です

何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが八センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。

出典: elaws.e-gov.go.jp

登山用ナイフは銃刀法や軽犯罪法の「刃物」にあたる

登山やアウトドア用のナイフは「刃物」になり、銃刀法で所持や携帯が規制されています。登山用やアウトドア用であっても、刃渡り6cm以上のものを、必要性なく持ち歩くと違法になります。尚、銃刀法では、折りたたみナイフは刃渡り8cm以上が対象になります。

軽犯罪法は銃刀法と異なり、刃渡りに関係なく、理由なく持ち歩くことは規制の対象になります。軽犯罪法では、刃渡りや刃物だけでなく、人に危害を与えるものは凶器にあたるとされています。

正当な理由を説明できるかがカギ

銃刀法第二十二条によると、作業など正当な理由があれば、刃物を所持することは違法になりません。林業で鉈を使って藪を払う作業をしている人は、6cm以上の刃物を携帯していても違法ではありません。

登山やキャンプにナイフを持って行くことが「正当な理由」として説明できれば、違法には当たりません。そのためには、登山やキャンプに必要なその他の装備を持参していることなどが判断材料になります。

余計な疑惑を防ぐため、登山やキャンプの道中は、ナイフはすぐに使用できないようしっかり梱包しておきましょう。また、登山やキャンプから帰ってきたら、車に置きっぱなしにせず、すぐに自宅などに保管しましょう。

登山用ナイフのおすすめ商品まとめ

登山ナイフ

登山用ナイフには、持ち運びに便利なフォールディングナイフ、強度があってマルチに利用できるシースナイフなどがあります。登山用ナイフには、ロープが切りやすい波刃がついていると便利です。

登山用やキャンプ用でも、刃物を所持・携帯することは、銃刀法や軽犯罪法の規制対象になることがあります。登山やキャンプの行き帰りは扱いに注意し、必要性が高いと説明できる場合にのみ持ち歩くようにしましょう。

ソロキャンプにおすすめのナイフ21選!調理や薪割りに便利!

あわせて読みたい

ソロキャンプにおすすめのナイフ21選!調理や薪割りに便利!

ソロキャンプにおすすめなナイフを紹介!薪割りや調理に使える初心者にも人気の折りたたみナイフについても掘り下げています。銃刀法についても触れているので、YouTuberのヒロシさんのようにソロキャンプを行いたい人は必見です。

フルタングナイフのおすすめ10選!選び方やバトニングの方法も解説

あわせて読みたい

フルタングナイフのおすすめ10選!選び方やバトニングの方法も解説

アウトドアに人気のおすすめフルタングナイフを10選紹介!コロンビアなどメーカーの選び方やヨルムンガンドとの関係、フルタングナイフが軍用として最強の理由についても掘り下げます。キャンプやサバイバルを始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

コロンビアナイフがキャンプ・サバイバルにおすすめ!人気アイテム紹介

あわせて読みたい

コロンビアナイフがキャンプ・サバイバルにおすすめ!人気アイテム紹介

コロンビアナイフについて徹底調査しました!キャンプやサバイバルにおすすめのコロンビアナイフが得る評判や研ぎ方のコツも詳しく解説!人気のコロンビアナイフも数種類紹介しているので、コロンビアナイフを購入する際は参考にしてください。

miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

オルファのクラフトナイフの魅力!特徴から活用法まで徹底解説!

刃物・マルチツール

オルファのクラフトナイフの魅力!特徴から活用法まで徹底解説!

オルファのクラフトナイフの魅力を紹介!キャンプなどのアウトドアに最適な、オルファのクラフトナイフの特徴や、活用法を徹底解説します。記事の後半では、人気のブッシュクラフトナイフについても紹介していますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

マルチツールおすすめ13選!キャンプやアウトドアに便利!

刃物・マルチツール

マルチツールおすすめ13選!キャンプやアウトドアに便利!

キャンプなどアウトドアライフで役立つマルチツールを解説します。おすすめのマルチツールを13アイテム厳選して詳しく紹介します。また、一表にして比較!さらに、マルチツールの選び方や使い方と、刃があるマルチツールを所持するときの注意点も説明します。

ナイフの研ぎ方は?シャープナーや砥石を使った簡単なやり方を伝授

刃物・マルチツール

ナイフの研ぎ方は?シャープナーや砥石を使った簡単なやり方を伝授

ナイフを自分で研げるように、研ぎ方の準備や手順を詳しく解説します。ナイフの研ぎ方にはちょっとしたコツが必要なので、この記事で説明します。また、シャープナーや砥石を使った簡単なやり方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

刃物・マルチツール

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

キャンプ料理の強い味方である、フィレナイフの魅力を解説!選び方やおすすめ商品を一挙に紹介します。使用上の注意点や研ぎ方、お手入れ方法も詳しく説明していますので、購入を検討している人は参考にして、自分に合うフィレナイフを見つけてください。

キャンプに便利な村の鍛冶屋「アルティメットハンマー」のレビュー!

刃物・マルチツール

キャンプに便利な村の鍛冶屋「アルティメットハンマー」のレビュー!

村の鍛冶屋「アルティメットハンマー」のレビューを紹介します。ショートタイプやゆるキャンとのコラボ商品など、キャンプにおすすめな種類について掘り下げていきましょう。ペグ打ちのぴったりなアルティメットハンマーの魅力にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

刃物・マルチツールの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード