モラップキャンプ場の丸わかりガイド!おすすめポイントや注意点も!

お気に入りに追加

モラップキャンプ場のおすすめポイントや、キャンプ場内の施設情報をまとめました。モラップキャンプ場を利用する際の注意点も詳しく解説します!キャンプ場周辺にある、旅館などのおすすめ施設も説明しているので、参考にしてください。

モラップキャンプ場の丸わかりガイド!おすすめポイントや注意点も!

目次

  1. 人気のモラップキャンプ場を紹介!
  2. モラップキャンプ場の基本情報とおすすめポイント
  3. モラップキャンプ場の各種施設情報
  4. モラップキャンプ場の注意点
  5. モラップキャンプ場の周辺施設
  6. モラップキャンプ場に関するQ&A
  7. モラップキャンプ場に行ってみよう!

人気のモラップキャンプ場を紹介!

キャンプ
nidate

支笏湖の湖畔に位置する、モラップキャンプ場は、山々に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。都心からもアクセス抜群で、札幌から車で約1時間、千歳からは車で30分で来場できます。

本記事では、モラップキャンプ場のおすすめポイントや、キャンプ場内の施設情報を紹介します。キャンプ場を利用する際の注意点も解説しているので、参考にしてください。

モラップキャンプ場の基本情報とおすすめポイント

モラップキャンプ場の基本情報

住所

北海道千歳市支笏湖温泉

営業期間

4月下旬~10月上旬

定休日

テキスト

営業時間

チェックイン:午後1時~午後4時

チェックアウト:午前11時

日帰り利用:午前9時~午後4時

お問い合わせ

0123-25-2201

公式サイト

「モラップキャンプ場」公式サイト

料金プラン

利用料金

宿泊

大人:1,000円

小学生:700円

幼児:500円

日帰り

大人:700円

小学生:500円

幼児:300円

お手頃プラン

大人:5,000円

小学生:4,000円

幼児:2,000円

手ぶらキャンププラン

大人:7,000円

小学生:5,300円

幼児:2,800円

支笏湖の湖畔に位置するモラップキャンプ場は、キャンプ場前に広がる砂浜がフリーサイトになっています。フリーサイトは、リーズナブルな価格で利用できることから、シーズン中は多くのキャンパーで賑わいます。

モラップキャンプ場は、バンガローやコテージなどはありません。キャンプ場内は、すべてフリーサイトになっています。

フリーサイトは広々としており、テントが約150張り可能です。ほとんどのキャンプ場が、予約制度を導入していますが、モラップキャンプ場は、予約する必要がありません。そのため、混雑している場合は、入場を断られる場合もあります。

お手頃キャンププランと手ぶらキャンププランは、予約が必要になります。予約は利用日の3日前までで、キャンセル料は予約日の1週間前から総額の20%かかります。

冬が近く季節に来場する際は、運転に十分気を付けてください。一般道は雪が積もることもあるため、冬は有料道路を利用することをおすすめします。

おすすめポイント①支笏湖が一望できる

支笏湖
reikow101277

モラップキャンプ場の目の前には、支笏湖が広がっています。支笏湖は、日本最北の不凍湖で、水が透明なことでも有名です。支笏湖の水質は、11年連続日本一という認定も受けています。キャンプ場に到着したら、まずは支笏湖を堪能してください。

おすすめポイント②美しい山の景色

キャンプ場
Free-Photos

モラップキャンプ場は、美しい山々に囲まれています。そのため、自然を味わいながらキャンプが楽しめるでしょう。

おすすめポイント③綺麗な夕日や夜空

キャンプ場
pooch_eire

モラップキャンプ場は、沈む夕日が美しいと評判です。雲がない日は、とても美しい夕日を眺められます。また、秋から冬にかけて、空気が澄んでいる時期には、美しい満点の星空を一望できます。

おすすめポイント④カヌーができる

支笏湖
hide10

夏の支笏湖では、カヌー体験を実施しています。支笏湖ブルーともいわれる、透明度の高い湖で行うカヌーは、ただ楽しいだけでなく、自然も堪能できます。カヌー体験は予約できるので、キャンプ中にカヌー体験もしてみたいと考えている方は、予約しましょう。

おすすめポイント⑤スタンドアップボードが体験できる

支笏湖
mdxdt

支笏湖では、広大な自然を味わいながら、スタンドアップボート体験も楽しめます。透明度が高いため、水面下には切り立った崖のような景色が広がります。この景色は、スタンドアップボードの見どころのひとつとしても挙げられています。

おすすめポイント⑥手ぶらキャンプが楽しめる

バンガローやコテージがないため、キャンプ初心者の方は不安に感じることもあるでしょう。しかし、モラップキャンプ場では、手ぶらでキャンププランが用意されています。

手ぶらでキャンププランは、既にテントが設営されており、キャンプに必要なアイテムも揃えられています。そのため、バンガローやコテージに泊まる感覚で利用可能です。

手ぶらキャンププランには、休暇村支笏湖の朝食ビュッフェや温泉入浴券、夕食のバーベキューもついています。

おすすめポイント⑦森の散策も魅力的

モラップキャンプ場周辺の森は、散策できます。キャンプ場周辺には、多くの木々があり、野鳥も生息しているので、自然を満喫したい方にはおすすめです。

モラップキャンプ場の各種施設情報

各種施設①受付・駐車場

受付は、モラップキャンプ場の入り口の坂を下った、右手にあります。受付の前には、管理員が待機しており、車を駐車場まで誘導してくれます。受付では、必要事項の記入と、キャンプ場使用料金を支払います

モラップキャンプ場の駐車場は、キャンプ場奥まで続いています。そのため、テントを設営する場所の近くに、駐車することをおすすめします。

各種施設②フリーサイト

モラップキャンプ場はバンガロー等の設備はなく、すべてフリーサイトとなっています。フリーサイトは、主に砂地ですが、中には大きな石が多い所や、草が生えている場所があります

フリーサイト奥には、かけす橋はあります。橋を渡った場所もフリーサイトになっています。比較的空いていることが多いので、静かにキャンプをしたい方は橋を渡った場所にある、フリーサイトを利用しましょう。

各種施設③常設テントサイト

ソロキャンプのテント
ajari

手ぶらでキャンプを楽しみたい方は、常設テントサイトを利用しましょう。既にテントも設営されており、必要なキャンプ用品も揃えられています

温泉も利用可能で、ビュッフェも楽しめます。バンガローに宿泊する感覚で利用できるので、キャンプ初心者の方にもおすすめです。

各種施設④共有施設

炊事場はキャンプ場内に4カ所設置されており、蛇口は等間隔にあるため、使用しやすいです。炊事場付近には、網捨て場や炭捨て場もあります。

モラップキャンプ場は、燃えるゴミと生ごみを回収しています。不燃ごみは持ち帰りになるので、注意してください。ゴミ庫では、ガス缶の回収も行っています。

トイレは1カ所のみです。個室トイレは多くありますが、すべて和式トイレのため、小さな子供が利用する際は注意が必要です。多目的トイレには、洋式のトイレも設置されています。

各種施設⑤売店とボート乗り場

モラップキャンプ場には、2つの売店があります。売店では薪や炭、お菓子やお酒類を販売しています。また、アメリカンドッグやソフトクリームも販売しているため、観光客の姿も多く見られます。売店内で飲食できるスペースも用意されています。

モラップキャンプ場では、ボートが楽しめます。スワン型のボートも用意されているので、子供も喜ぶでしょう。

モラップキャンプ場の注意点

注意点①混雑する

モラップキャンプ場は、予約の必要もなく、価格もリーズナブルで利用しやすいというメリットがあります。そのため、休日や連休は多くのキャンパーが来場します。キャンプ場内が混雑すると、入場制限がかかることもあります。

お盆の期間は、特に混み合います。混雑を避けたい方は、平日に利用することをおすすめします。休日に利用したい方は、なるべく早い時間帯のチェックインを目指しましょう。

注意点②トイレ利用者の横断

キャンプサイト
imgdive

トイレは駐車場の向かいに設置されています。そのため、トイレ利用者が、駐車場に飛び出すことがあります。小さい子供がトイレに向かう際は、気をつけてください。

注意点③ペット同伴は条件付き

犬がハンモックを揺らす
heathermount Unsplash

モラップキャンプ場は、ペットも一緒に利用できるキャンプ場として人気があります。しかし、ペット同伴には条件があります。ペットにはリードをつけることが必須です。また、無駄吠えしない、しつけされているペットのみ利用できます

もちろん、他のキャンパーに迷惑がかからないようにすることが前提です。マナーを守って、ペットのキャンプを楽しみましょう。

注意点④花火なども条件付き

夜キャンプ
chulmin1700

モラップキャンプ場は、手持ち花火のみ使用できます。しかし、午後9時以降は手持ち花火であっても、使用は禁止されます。他のキャンパーの迷惑にもなるため、時間内に花火を終わらせましょう。

注意点⑤テント設営時は長めのペグを使う

ペグ

フリーサイトは砂地にあるため、テント設営の時には長めのペグがあると便利です。湖畔は強い風が吹くこともあるため、しっかりと固定しておきましょう

注意点⑥予約が必要なプランもある

キャンプ場のテント

お手頃キャンププランと手ぶらキャンププランは、予約が必要です。どちらのプランにも、休暇村支笏湖の朝食ビュッフェと温泉入浴券、器材のレンタルが付いているため、初心者も安心してキャンプを楽しめます。

注意点⑦追加料金が発生することがある

ソロキャンプ
Brady Knoll Pexels

宿泊の場合、チェックインは午後1時からとなります。そのため、キャンプ場に到着したころには、既にデイキャンプのテントでいっぱいになっていることもあります。確実に利用するために、日帰りのチェックイン時間でもある、午前9時から利用したい方も多いでしょう。

宿泊目的で、午前9時にチェックインした場合、宿泊料金に日帰り料金が追加されます。また、チェックアウトを午後4時まで延長したい場合も、400円追加料金がかかります。

注意点⑧その他禁止事項を守る

DDタープ ハンモック
Oisin Patenall

モラップキャンプ場は水遊びが楽しめますが、遊泳は禁止されています。また、釣りをする場合は、遊漁券の購入が必要です。

モラップキャンプ場の周辺施設

周辺施設①休暇村支笏湖

宿泊施設や温泉施設を併設している、休暇村支笏湖。支笏湖温泉は、美肌の湯としても有名です。また、休暇村支笏湖では美味しい食事も提供されており、冬には美味しい蟹料理が楽しめます。

休暇村支笏湖からも、支笏湖の美しい景色を一望できます。冬の支笏湖は風が強く冷え込みますが、冬景色に染まった支笏湖は絶景です。

住所

北海道千歳市支笏湖温泉

お問い合わせ

0123-25-2201

公式サイト

「休暇村支笏湖」公式サイト

周辺施設②丸駒温泉旅館

キャンプ場から、車で約20分の場所にある丸駒温泉旅館。丸駒温泉旅館には、展望露天風呂や天然露天風呂があります。季節ごとに変わる景色を楽しみながら、ゆっくりとお湯につかれます。

住所

北海道千歳市幌美内7番地

お問い合わせ

0123-25-2341

公式サイト

「丸駒温泉旅館」公式サイト

周辺施設③しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌

しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌では、温泉やアクティビティが楽しめます。カヌー体験やレンタルバイクの貸し出しも行われています。自然の中で、思い切り体を動かしたい方には、おすすめです。

住所

北海道千歳市支笏湖温泉

お問い合わせ

0123-25-2211

公式サイト

「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」公式サイト

周辺施設④支笏湖第一寶亭留 翠山亭

支笏湖第一寶亭留 翠山亭は、美味しい食事が楽しめる宿泊施設です。旬の食材を使った料理は絶品です。温泉施設は日帰り入浴もできるので、キャンプの帰りに利用しても良いでしょう。

住所

北海道千歳市支笏湖温泉

お問い合わせ

011-598-5252

公式サイト

「支笏湖第一寶亭留 翠山亭」公式サイト

周辺施設⑤支笏湖ビジターセンター

支笏湖ビジターセンターは、支笏湖に生息する生き物の生態や、湖の模型や写真を展示しています。館内には、支笏湖名産の魚のヒメマスも展示されています。冬には、氷濤まつりなどのイベントも実施しています。

他にも、冬の森で遊べるイベントや、冬の森林ウォークが楽しめるイベントもあります。冬の遊びスポットとしても人気があります。

住所

北海道千歳市支笏湖温泉番外地

営業時間

4月~11月:午前9時~午後5時30分

12月~3月:午前9時30分~午後4時30分

定休日

火曜日(12月~3月)

年末年始

お問い合わせ

0123-25-2404

公式サイト

「支笏湖ビジターセンター」公式サイト

周辺施設⑥道の駅「サーモンパーク千歳」

モラップキャンプ場から、車で約30分の場所にある道の駅、サーモンパーク千歳。サーモンパーク千歳では、本格的なピザや濃厚ソフトクリームが販売されています。新鮮な野菜を購入できる、旬彩の館も人気です。

住所

北海道千歳市花園2丁目4-2

営業時間

午前9時~午後6時

お問い合わせ

0120-29-3972

公式サイト

「サーモンパーク千歳」公式サイト

周辺施設⑦支笏湖給油所 出光ガソリンスタンド

支笏湖給油所 出光ガソリンスタンドは、キャンプ場から車で10分の場所にあります。支笏湖給油所 出光ガソリンスタンドでは、ガソリンの給油だけでなく、冷凍の手打ち餃子を販売しています。

住所

北海道千歳市支笏湖温泉番外地

営業時間

午前8時30分~午後5時

定休日

日曜日・火曜日・木曜日

お問い合わせ

0123-20-4122

モラップキャンプ場に関するQ&A

キャンプ場内にバンガローのような宿泊施設はありますか?

モラップキャンプ場は、バンガローやコテージはありません。キャンプ場にあるサイトは、常設テントサイトとフリーサイトのみです。バンガローやコテージを利用したい方は手ぶらキャンププランがおすすめです。

バンガローやコテージに宿泊できるわけではありませんが、常設テントが利用でき、器材もすべてレンタル可能です。

モラップキャンプ場にシャワー室はありますか?

モラップキャンプ場には、シャワーはありません。シャワーを利用したい場合は、休暇村支笏湖の温泉施設を利用してください。

モラップキャンプ場に行ってみよう!

モラップキャンプ場は湖と山に囲まれた、自然豊かなキャンプ場です。バンガローやコテージはありませんが、手ぶらキャンププランなども用意されているので、初心者でも安心して利用できます。

キャンプ中にカヌー体験や水遊びもできるので、子供も喜ぶこと間違いなしです。モラップキャンプ場で、キャンプを楽しみましょう。

M.U

この記事のライター

M.U

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

判官館森林公園キャンプ場はどんなところ?基本情報や特徴を紹介!

北海道・東北のキャンプ場

判官館森林公園キャンプ場はどんなところ?基本情報や特徴を紹介!

判官館森林公園キャンプ場の魅力や予約などの基本情報を徹底調査しました。判官館森林公園キャンプ場のサイトの特徴や、利用する際の注意点も詳しく解説しています。周辺にある人気スポットも併せて紹介しますので、是非参考にしてください。

道民の森には3つのキャンプ場がある!予約するならどこがおすすめ?

北海道・東北のキャンプ場

道民の森には3つのキャンプ場がある!予約するならどこがおすすめ?

道民の森にある3つのキャンプ場の魅力や設備、料金などについてまとめました。道民の森全体の魅力や情報、各キャンプ場の設備なども詳しく解説!さらに周辺にあるおすすめ施設の情報も併せて紹介しますので、道民の森でのキャンプを考えているならぜひ参考にしてみてください。

登別の穴場「つどいの館キャンプ場」でキャンプを満喫!サイトや料金は?

北海道・東北のキャンプ場

登別の穴場「つどいの館キャンプ場」でキャンプを満喫!サイトや料金は?

登別にある穴場のキャンプ場、つどいの館キャンプ場を紹介!この記事では、集いの館キャンプ場の特徴や魅力、利用にあたって注意すべきポイントを紹介していきます。なぜ、つどいの館キャンプ場が穴場のキャンプ場と言われているのか、理由もまとめました。

ニセウ・エコランドの基本情報まとめ!ホタルが見られるキャンプ場!

北海道・東北のキャンプ場

ニセウ・エコランドの基本情報まとめ!ホタルが見られるキャンプ場!

「ニセウ・エコランドオートキャンプ場」について紹介します。豊かな自然の中にあるニセウ・エコランドオートキャンプ場の基本情報、施設利用時の注意点を詳しく説明!ニセウ・エコランドオートキャンプ場周辺の魅力的な施設についてもまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

ニセコサヒナキャンプ場の魅力に迫る!予約方法や口コミもチェック

北海道・東北のキャンプ場

ニセコサヒナキャンプ場の魅力に迫る!予約方法や口コミもチェック

ニセコサヒナキャンプ場に関する情報について徹底解説!ニセコサヒナキャンプ場の魅力を始め、実際にキャンプ場を利用するときの予約方法や注意点、さらには気になる口コミも紹介します。ニセコサヒナキャンプ場に行ってみたい方必見です。

北海道・東北のキャンプ場の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード