グランベーシックのおすすめアイテム7選!テントからチェアまで!

お気に入りに追加

グランベーシックのおすすめアイテムについて紹介します。グランベーシックの特徴や魅力を、細かく解説。また、おすすめアイテムもピックアップしました。キャンプ道具をこれから揃えたいと考えている人は、アイテム選びの参考にしてください。

グランベーシックのおすすめアイテム7選!テントからチェアまで!

目次

  1. グランベーシックのおすすめアイテムを紹介!
  2. グランベーシックとは?
  3. グランベーシックのおすすめアイテム7選
  4. グランベーシックのアイテムに関するQ&A
  5. グランベーシックのおすすめアイテムまとめ

グランベーシックのおすすめアイテムを紹介!

グランベーシックは、国内人気アウトドアメーカー「ロゴス」のラインの1つです。キャンプ初心者やファミリーに人気があるロゴスのデザインとは、雰囲気が異なります。グランベーシックのアイテムには、どんな魅力や特徴があるのでしょうか。

グランベーシックのコンセプトに基づいた魅力的なアイテムや、グランベーシックの特徴などを解説します。

グランベーシックとは?

ロゴスのプレミアムラインのひとつ

 グランベーシックは、日本のアウトドアメーカー「ロゴス」の新ラインとして2017年にスタートしたラインです。ファミリーユースのロゴスに対して、グランベーシックはワンランク上の上質感やラグジュアリーさを追求した新たなラインを打ち出しています。

グランベーシックは今までのロゴスのデザインとは印象が変わり、高級感ある魅力的なアイテムが揃っていることが特徴です。ワンランク上のキャンプを楽しみたい人や、大人のキャンパーに人気となっています。

ナチュラルテイストのおしゃれなデザインが魅力

ロゴスの中でもクオリティの高さやデザイン性の良さに定評がある「グランベーシック」は、ナチュラルテイストでありながらオシャレな特徴があります。グランベーシックのテントやチェアなどどれも、他のアウトドアブランドでは少ないユニークなデザイン性が魅力です。

テントなどにあるグランベーシックのロゴも、ロゴスのロゴの横にグランベーシックの横文字というシンプルさが洗練感を出しています。グランベーシックはゆったりとした時間、特別な非日常空有感を味わえるデザインが特徴です。

新しさの中にレトロ感漂う復刻アイテムも

グランベーシックのアイテムの中には、復刻アイテムもあります。コテージ型テントのリバイバルコテージL-BJ、名作チェアがモダンチェアとなり復刻などです。人気のアイテムをレトロさを残しながら、機能性をパワーアップさせて復刻しています。

懐かしさが残るレトロなデザインと、より充実した機能性によっての復刻は評価が高いアイテムとして人気です。さまざまな機能性が追加されていることで、よりキャンプを楽しいものにしてくれます。

グランベーシックのおすすめアイテム7選

グランベーシック/リバイバルコテージL-BJ

出典: 楽天市場
グランベーシック
リバイバルコテージ L-BJ
99,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
居住性に優れたコテージ型テント

90年代に人気だったコテージ型テントが、グランベーシックから復刻したものが「リバイバルコテージL-BJ」です。壁面が立っていることによってスペースが広く、窓には大きめなメッシュが使われているため通気性がよいことが特徴

長期滞在も可能な居住性は、さまざまな機能性に優れているためまるで家にいるような感覚でキャンプができます。グランベーシックの中でも人気を誇るテントです。

総重量 約24Kg
サイズ 約幅290×奥行400×高さ208cm
インナーサイズ 約幅270×奥行210×高さ192cm
男性
男性

閉塞感がなく快適

評価:

重さは当然ありますが、それ以上に使いやすさや快適さの満足度が高い。夏のキャンプでも風通しが良かったので、快適なキャンプができました。グランベーシックは、おしゃれですね。

グランベーシック/ハイバック囲炉裏チェア

出典: 楽天市場
グランベーシック
ハイバック囲炉裏チェア
9,790円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
3段階のリクライニング機能

グランベーシックの囲炉裏を囲むようなロータイプのチェアは、3段階のリクライニング機能がついているリラックス効果が高いチェアです。そして、ハイバックの背もたれとピンと張った座面は、長時間座っていても疲れにくい構造となっています。

キャンプで囲炉裏を囲むときにぴったりのサイズなので、リラックスして料理を楽しめることが特徴です。

総重量 4kg
サイズ 約61/72/82×63×74.5/69/60cm(座高25cm)
男性
男性

焚き火にちょうどいい

評価:

グランベーシックの囲炉裏チェアはかなりのロータイプなので、焚き火をするのにちょうどいいです。リクライニングも最適で、座り心地も最高なので気に入っています。

グランベーシック/エアマジックソーラーブロックタープAI

出典: 楽天市場
グランベーシック
エアマジック ソーラーブロック タープ-AI
53,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
組み立てが簡単

ソーラーブロックコーティングによって、炎天下でも快適に過ごせるタープは組み立ても簡単なことが特徴です。遮光率100%のハイスペックさは、日向と日陰の温度差が驚異的に違うようになります。

エアチューブに空気を入れるだけで、タープが立ち上がるシステムは女性でも簡単に立ち上げられる仕組みです。グランベーシックのタープは、組み立てが簡単なので幅広く使えるメリットがあります。

総重量 約10.8kg
サイズ 約530×400×200cm
男性
男性

暑い日も快適に過ごせる

評価:

グランベーシックのタープを購入。木陰がないキャンプでもこのタープのおかげで涼しく快適に過ごせました。組み立ても簡単なので、手間が掛からなくて助かります。

グランベーシック/丸洗い4FDスリムテーブル

出典: 楽天市場
グランベーシック
丸洗い4FDスリムテーブル
24,970円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
汚れても丸洗いできる

グランベーシックのカラフルなデザインがおしゃれなスリムテーブルは、丸洗いできることが特徴です。水に強いフェノール樹脂天板を使用しているため、錆びにくいことから丸洗いができます。そして、用途に合わせて4段階に調節できることもメリットです。

高さの調節が可能なのでお子様がいても安心ですし、4~6人収容可能なので家族やグループの人数に合わせて使えます。

総重量 約6.4kg
サイズ 約120×60×69/57/35/24cm
女性
女性

デザインがおしゃれ

評価:

デザインが気に入って購入しました。実際に使った感想は、高さの調節ができるため安定性が不安でしたが、度の高さでも安定していました。丸洗いができるので、汚れが全部取れることも嬉しいです。

グランベーシック/トンネルドームXL-AG

キャンプする男性
chulmin1700

グランベーシックの人気トンネルドームXL-AGは、おしゃれなドーム型のテントです。設営が簡単で、2~3名利用ができる2部屋タイプなので、家族やカップルなどの利用に適しています。トンネルドームXL-AGは、ホワイトカラーにロゴが入ったシンプルな雰囲気です。

トンネルドームXL-AGは、日差しを避けるためにスクリーンタープをセットすることもできます。日陰スペースも確保でき、広々とした居住空間で過ごせることがトンネルドームXLーAGのメリットです。

総重量

14.7kg

サイズ

約515 x 290 x 203(cm) 

インナーサイズ

約270 x 270 x 190(cm) 

男性
男性

満足しています

評価:

トンネルドームXL-AGは理想通りの商品で、大変満足しています。まだ、実際にトンネルドームXL-AGを使用していませんが、広げてみたところ文句なしのデザイン。温かくなったら、トンネルドームXL-AGを持ってキャンプに行きます。

グランベーシック/エアマジックリビングハウスWXL-AI

出典: 楽天市場
グランベーシック
エアマジック リビングハウス WXL-AI
207,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
設営簡単な大型テント

グランベーシックの超大型テント「エアマジック リビングハウス WXL-AI 」は、空気を注入するだけで簡単に設営ができる超大型テントです。WXL-AIは、家族やグループのキャンプに向いています。

全面と後面にキャノピーが立ち上げられるので、広いリビングスペースも確保可能です。WXL-AIは、上下にベンチレーションがあるので、空気の循環がよく快適に過ごせます。

総重量 約28kg
サイズ 約630×380×215cm
インナーサイズ 約320×210×195cm
男性
男性

とにかく広い!

評価:

エアマジックリビングハウスWXL-AIは、設営が簡単なことに驚きました。隣の人にも迷惑にならず、あっという間に設営完了。とにかく広いので、余裕で歩き回れました。雨風の影響もほとんどないので、エアマジックリビングハウスWXL-AIを購入して良かったと実感しています。

グランベーシック/グランベーシックモダンチェア

出典: 楽天市場
グランベーシック
グランベーシック モダンチェア
10,680円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
通気性と耐候性に優れている

ロゴスの名作チェアを、グランベーシックで復刻したチェアです。通気性と耐候性に優れたチェアは、テスリンメッシュを使用しています。耐候性に優れているので屋外で使っても、変色しにくい仕様も特徴です。

長時間座っていても疲れにくいのは、傾斜をつけているため。さらにスリムに収納でき、収納バッグがあるので移動がラクにできます。

総重量 約4.9kg
サイズ 約幅61.5×奥行58×高さ68cm(座高40cm)
耐荷重 約150kg
男性
男性

座り心地抜群

評価:

一度座ったら立ちたくなくなるチェアです。座り心地が抜群で、座ってしまうと動かなくなって家族に怒られます。グランベーシックのデザインはシンプルなので気に入っています。

グランベーシックのアイテムに関するQ&A

テントやタープの1年保証を受けるためには?

テントやタープ購入後1年以内であれば、保証の対応を受けることができます。その場合は、無償で修理もしくは交換をすることが可能です。ただし、保証対象外に当てはまる場合は有償となります。

グランドシートの選び方は?

自分が使用するテントのサイズよりも、やや小さめのものを選ぶようにしてください。大きかった場合は、たたみ込んだり折り込んだりしてテントよりも小さくして使うのがベターです。

テントの底とシートの間に水が入り込まないようにすることが重要となります。

テントフレームの修理費用はどのくらい?

グラスファイバー製のフレームの場合の修理費用は、1つ1000円です。同じフレームで修理が必要な場合は、1本につき追加500円となります。ジュラルミン製のフレームは、1つ2000円です。

同じフレーム修理は、1本につき1000円となります。場合によっては、修理ができないものもあるので必ず事前に確認をしましょう。

乾電池を入れてもランタンが使えないときは?

まずは、乾電池のプラスマイナスが正しいかをチェックしましょう。乾電池の残量が少ない場合は、新しいアルカリ乾電池を使用してください。新しい乾電池と古い乾電池を一緒に使うことは避けるようにしましょう。

グランベーシックのおすすめアイテムまとめ

ロゴスのプレミアムライン「グランベーシック」のアイテムを紹介しました。グランベーシックはハイスペックで機能性が高く、ラグジュアリーなデザイン性を持ったアイテムは魅力的なものばかりです。

ワンランク上の贅沢なキャンプが楽しめる、グランベーシックのキャンプアイテムを揃えて、いつもと違うラグジュアリーなキャンプを楽しみましょう。

Moon Lence(ムーンレンス)のアウトドア用品を要チェック!

あわせて読みたい

Moon Lence(ムーンレンス)のアウトドア用品を要チェック!

Moon Lence(ムーンレンス)のアウトドア商品について紹介します。Moon Lenceのチェア、テーブル、コット、テント、焚き火台について、商品の紹介と共に詳しく解説しています。これからアウトドア用品の購入を考えている方は、是非参考にしてください。

FF15のキャンプ用品を紹介!コールマンとのコラボアイテムまとめ

あわせて読みたい

FF15のキャンプ用品を紹介!コールマンとのコラボアイテムまとめ

FF15のキャンプ用品を紹介します。2016年に発売され、現在も人気のFF15に登場するキャンプ用品を徹底調査しました。コールマンとのコラボアイテムについても、詳しく解説しています。ファイナルファンタジーとキャンプ好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

Mina

この記事のライター

Mina

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード