キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

お気に入りに追加

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

目次

  1. キャンプに便利なすのこの使い方を紹介!
  2. キャンプでのすのこの使い方
  3. キャンプにおすすめのすのこ
  4. すのこはキャンプで大活躍!

キャンプに便利なすのこの使い方を紹介!

すのこと松ぼっくりの画像

すのこは、昔から日常的に使用され続けている生活用品の1つです。すのこをキャンプの際に持っていくと、さまざまま使い方ができます。テントの入口に玄関として敷くだけではなく、アイデア次第でアレンジできるのが魅力です。

キャンプでのすのこの使い方

懐かしさと木目の風合いが魅力なすのこは、キャンプやアウトドアで活躍する優秀なアイテムです。

キャンプの際はアイデアを駆使しながら、上手な使い方・リメイクなどをするとよいでしょう。では具体的に、キャンプでのすのこの上手な活用方法について解説していきましょう。

使い方①テーブルを作る

すのこのイメージは、「下に敷く」という印象です。しかしその当たり前を変えて、キャンプにてすのこでテーブル代わりに活用する方法があります。

とくにバーベキューをする際は便利です。また、すのこにはサイズがいろいろあるので、幅や長さの調節ができるメリットがあります

使い方②玄関マットにする

テントの入口にすのこを敷いておけば、玄関マット代わりになってくれます。キャンプでは、どうしてもテントに出入りすると、泥や土などの汚れが屋内に侵入してしまいがちです。

それは靴の脱ぎ履きをすることが原因です。そこで、入口にすのこを置くことで、靴の泥も入りにくくなりテント内も清潔に保てます

使い方③荷物置き用のキャリーバッグを作る

キャンプでは、テントも含めてさまざまな荷物を持っていくことになります。つい多くなってしまう荷物の整理に、時間を費やしてしまいがちです。

そこで少しでも効率よく整理するのに、すのこを利用して荷物置き場兼キャリーバッグを作ることもできます。道具をきれいに整頓できるのでおすすめです。 

使い方④車の積載やキャンプ道具の収納に使う

オートキャンプをする方におすすめな使い方として、キャンプでの備品やツールを車内で整理する方法です。すのこを仕切り代わりに活用することや、棚代わりに敷くというのもよいでしょう。

寸法などの調整をする必要があるのなら、多少のDIYをすることになるでしょう。しかし、一度完成してしまえば、自分だけのオリジナルな収納になるので便利です。

キャンプにおすすめのすのこ

一般的なすのこは日用品として、近所の雑貨屋さんなどでも販売されています。お好きなサイズのすのこを選んで、キャンプに持参するとより快適なテント暮らしが演出できます。では、おすすめなアウトドア用すのこを2点紹介しましょう。

Hilander アルミすのこ

出典: 楽天市場
Hilander
アルミすのこ
2,580円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

アウトドアに最適なアルミニウム製のすのこです。テント設営の際に靴置場や玄関マットにすると、テント内がきれいに保てます。カラーはノーマルなシルバー・ブラック・木目調などがあります。

サイズ 80×29cm
40代/男性
40代/男性

玄関マットに最適

評価:

ロゴが必要以上に目立たずナチュラルな感じがします。多少指で押すとへこむ個所もありますが、十分に使用に耐えられる範囲です。テント前の玄関マット・荷物置きなどにはベストなすのこでしょう。

CAPTAIN STAG ピクニックフリーボード

出典: 楽天市場
CAPTAIN STAG
ピクニックフリーボード
4,290円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

キャンプの設営にて、テーブルや足場などに使用できるフリーボードです。木製ラックが別売りにあって、組み合わせるとカウンターバーが作れます。また、テントの入り口に設置すれば玄関マットにもなります。車内の荷物置き作りにも最適です。

サイズ 89×41cm
30代/男性
30代/男性

アウトドアの必需品です

評価:

丈夫で木目の雰囲気がよいすのこです。テントの出入口用に使用してみましたが、工夫次第でいろいろな使い方ができそうです。キャリーやベンチに設置するとテーブルにも早変わりします。アウトドアに一枚あると助かる便利ツールです。

すのこはキャンプで大活躍!

砂利とすのこの画像

すのこはキャンプでの快適さを追求するのに便利です。あらゆる使い方ができて、しかも自分なりな創意工夫が可能なツールといえます。テーブルにしたり物置にするなど、DIYも兼ねて、新しい使い方も発見してみてください。

kuritch1

この記事のライター

kuritch1

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

グランベーシックのおすすめアイテム7選!テントからチェアまで!

キャンプ道具

グランベーシックのおすすめアイテム7選!テントからチェアまで!

グランベーシックのおすすめアイテムについて紹介します。グランベーシックの特徴や魅力を、細かく解説。また、おすすめアイテムもピックアップしました。キャンプ道具をこれから揃えたいと考えている人は、アイテム選びの参考にしてください。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード