レンコンテント2なら焚き火OK!前モデルとの違いやスペックは?

お気に入りに追加

焚き火OKのレンコンテント2の魅力に迫ります。設営が簡単でテント内で焚き火が出来る、レンコンテント2のスペックや魅力を徹底調査!従来モデルとの違いも詳しく解説していきますので、テントが気になる方は、ぜひチェックしてください。

レンコンテント2なら焚き火OK!前モデルとの違いやスペックは?

目次

  1. DODのレンコンテント2を紹介!
  2. レンコンテント2のスペックと魅力
  3. レンコンテント2と前モデルの違い
  4. DODのレンコンテント2を使ってみよう!

DODのレンコンテント2を紹介!

DODのレンコンテント2は独特のレンコン窓構造で、テントの中で焚き火ができると注目のテントです。

従来モデルがさらに進化して、リニューアル販売されたレンコンテント2。口コミでも話題をさらった、レンコンテント2のスペックや魅力に迫ります。また、従来モデルからの改良点も詳しく解説していきますので、参考にしてください。

レンコンテント2のスペックと魅力

レンコンテント2のスペック

サイズ

M

L

カラー

タン、カーキ

タン、カーキ

組み立てサイズ(外寸)

約W390×D390×H260cm

約W500×D500×H350cm

インナーサイズ

インナーテント無し

インナーテント無し

収納サイズ

約W67×D23×H23cm

約W75×D28×H28cm

重量(付属品含む)

約12kg

約16.9kg

収容可能人数

大人3人※就寝のみ大人5人

 大人5人※就寝のみ大人10人 

材質

ポリコットン、スチール

ポリコットン、スチール

最低耐水圧

350mm

350mm

付属品

アングルサポーター、ペグ×16本

ロープ×8本、キャリーバッグ

アングルサポーター、ペグ×16本

ロープ×8本、キャリーバッグ

価格

¥44,000(税込)

¥59,400(税込)

テントの外で焚き火をしても、体の前しか暖かくならず、寒さを感じることがあります。レンコンテント2は、そんな悩みを解決する焚き火ができるテントです。

暖かさを逃さないウォール生地に、煙を逃がすレンコン窓。4か所の大きなドア、燃えにくいポリコットン生地など、焚き火に特化した機能を備えています

耐水圧350mmなので雨に弱いという弱点もありますが、弱点を補って余りある魅力を持ったテントです。

30代/男性
30代/男性

想像以上のテント

評価:

レンコンテント2は窓全開でも、タープと風防で焚き火するより暖かいです。薪ストーブの設置も楽で、星空も眺められ、想像以上に楽しめました。二股化すればより広く使えます。

魅力①テント内で焚き火ができる

快適に焚き火が楽しめると口コミでも話題の、レンコンテント2。従来からのレンコン窓や、火の粉に強いポリコットン生地はそのままに、新機能が追加されました。足元にウィンドウが配置され、換気性能がUPしました。

さらにLサイズには、テントの中から開閉できるベンチレーターも装備され、効率的に煙を排気できます。

※テント内で焚き火をする際は、窓を全て全開にして、ドアを3か所以上開放する必要があります。他にも、テントに直接火をあてない、周りに燃えやすい物を置かないなどの注意事項があります。取扱説明書をよく確認して使用しましょう。

魅力②設営が簡単で通気性も高い

レンコンテント2はワンポールテントなので、設営が簡単です。アングルサポーターが付属され、さらに設置が簡単になりました。

アングルサポーターに沿ってペグを8本打ち、テントをペグに引っ掛けます。センターポールを立ち上げて、ロープを固定すれば完成です。

また、360度に設置されたレンコン窓や、4か所の大きなドア、足元ウィンドウなどで通気性も確保。ポリコットン生地で遮光性も高いので、夏も涼しく快適です。

レンコンテント2と前モデルの違い

違い①サイズとカラーが選べる

従来モデルは、焚き火時3人まで、寝るだけなら5人まで対応の、ワンサイズのみでした。レンコンテント2は、従来サイズ(Mサイズ)に加えて、Lサイズが追加されました。Lサイズは、焚き火時5人まで、寝るだけなら10人まで対応しています。

さらに、従来のタンカラーに加えて、カーキ色が登場!サイトに馴染む爽やかなカーキ色で、落ち着いたタンカラーと迷ってしまうこと必至です。

違い②窓とアングルサポーターが追加された

レンコンテント2では、ウィンドウが足元に4か所追加され、換気機能がさらにUPしています。さらに、アングルサポーターが付属され、最初からきれいな八角形にペグダウンできるようになりました。

違い③ベンチレーターが手動で操作できる

レンコンテント2のLサイズは、高さ3.5mの大型ワンポールテントです。このため、テント内から開閉できる、トップベンチレーターが装備されました。このテント頂点部のベンチレーターによって、上部の煙を効率的に排気できます。

DODのレンコンテント2を使ってみよう!

テント内で焚き火を楽しめる、レンコンテント2の魅力をまとめました。口コミでも大人気だった従来モデルが進化して、より焚き火を楽しめる作りになっています。

さらに、Lサイズと新色のカーキ色も加わって、バリエーションも増えています。ぜひ、レンコンテント2を活用して、星空を眺めながら焚き火や薪ストーブを楽しんでください!

翔年むかい

この記事のライター

翔年むかい

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

テント

ハイランダーのTCテント「アルネス」が人気!設営方法や口コミは?

ハイランダーのTCテント、アルネスを紹介します。人気のキャンプアイテムメーカーハイランダーのアルネスの特徴やスペックなどについて、口コミも交えて解説します。また、設営方法などについても説明しているので、テント購入を考えているならぜひ参考にしてみてください。

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード